購入検討者必見!「ホンダ N-BOX」の魅力、おすすめグレードを紹介!

  • 筆者: MOTA編集部

ホンダ N-BOXとは

2011年に初代モデルがデビューしたN-BOX。

ライバルに比べ厚みを持たせたフロントフェイスと、ボンネットが傾斜していないことにより、ボクシーで上下のバランスに優れたスタイリングを実現。男性が乗っても違和感の無いデザインとしたことで、ファミリーカーとしても高い支持を集めます。

また、燃費一辺倒ではなく質感にこだわった走行性能や、使い勝手が良く広い室内空間や荷室を備えていたことも人気に拍車をかけました。

その後、2代目(現行型)になっても、そのパッケージングは継承され、安定した売れ行きを記録。そして2020年12月末に大規模なマイナーチェンジを実施しました。

見た目のカッコよさ

発売当初から売れに売れているホンダ N-BOX。今回のマイナーチェンジでは、親しみやすい印象の基本路線はそのままに、よりシンプルで機能性を強調したデザインとなっています。

エクステリアはヘッドライトとグリルの形状変更により、より落ち着いた表情で親しみやすいスタイルにするとともに、品のあるメッキバーをロアグリルに追加しワイド感を演出しています。

また、これまでもあったルーフ部を別色で塗り分ける2トーンカラーにプラスして、内外装を含めたトータルコーディネートを実施。「コーディネートスタイル」としてパッケージオプションの設定も追加しています。N-BOXではルーフカラーをブラウンに統一しているほか、メッキドアハンドルやディッシュホイールでお洒落に仕立てています。

後席、荷室の使い勝手

初代から受け継がれる軽自動車ナンバー1を謳うクラストップレベルの室内空間は健在。室内高は1400mmに達し、小学生ぐらいの子供であれば車内で立って着替えも可能です。

また、ファミリーカーとして購入されることも多いため、多彩なシートアレンジは重要なポイント。

N-BOXの後席は、前席との距離や荷室長を、左右席で別々に調節できるチップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシートなので、広さを活かした多彩なシートアレンジが可能です。後席のスライド操作は荷室側からも簡単に行えます(スライド幅19cm)。

そのほか、前席背面にはちょっとした荷物が掛けられて便利なコンビニフック付の格納式のシートバックテーブルを装備。さらに、後席ドアの開閉履歴をもとに荷物の置き忘れをメーター表示と音でお知らせしてくれる機能も備わります。

後席下に燃料タンクがない独自設計ならではの低い床と高い天井を誇るN-BOXの荷室。ヘッドレストはそのままに、背もたれを前に倒すワンアクションでシートが足元に収納(ダイブダウン)されます。車内に広々した空間が出現するので、大きな荷物もすっぽりと収まります。

運転席、インパネ周り

前席もまた、身のまわりの小物をスッキリ整理できる使えるサイズの収納系が、それぞれ手の届きやすい場所に配置してあります。

運転席の上段部分には、お財布などの小物からティッシュボックスまで、よく使う物が収納できる「運転席アッパーボックス」が備わるほか、助手席側にはスマホやタブレット端末、ちょっとした軽食も置ける大型の「インパネトレー」や500mlの紙パックも飲料も置ける「収納式ドリンクホルダー」などが備わります。

さらにEXグレードでは、スライド量57cmと大きく前後に動かせる「助手席スーパースライドシート」を搭載。スライドリアシートと組み合わせれば、車内の過ごし方や乗り降りの自由度がさらに広がります。

▼「ホンダ N-BOX」リースでの月額はいくら? 詳細は以下のボタンをクリック!
ホンダ N-BOXのカーリース
ホンダ N-BOXMOTAカーリースを見る
ボーナス併用払い11年リース月額
8,360円(税込)
11年リース月額
16,720円(税込)~ ※月毎に価格の変動があります

※本文掲載中の価格は記事公開日現在のもので、以降変動する可能性あり。

N-BOXおすすめグレード

N-BOXのパワートレインには、660ccのNA(ノンターボ)とターボモデルの2種類が設定されます。

展開されているグレードは、以下の通り(価格は全て税込)。

■G(FF/4WD):142万8900円/156万2000円

■L(FF/4WD):155万9800円/169万2900円

■L・ターボ(FF/4WD):175万8900円/189万2000円

■EX(FF/4WD):165万8800円/179万1900円

■EX・ターボ(FF/4WD):180万9500円/194万2600円

■L コーディネートスタイル(FF/4WD):177万9800円/191万2900円

■L・ターボ コーディネートスタイル(FF/4WD):188万9800円/202万2900円

おすすめグレードはEX

広い室内と便利な装備はもちろん、コストパフォーマンスも重要、となってくるとN-BOXのイチオシグレードに挙げられるのは「EX」です。

シートは前後のウォークスルーができたり、先述の助手席スーパースライドシートも備えているので、例えば後席に子供を乗せたとしてもお世話しやすいのがこちらのグレード。そのほか、ロールサンシェードやシートバックテーブル、USBも標準装備となっています。

毎日のように高速道路を走るというならターボエンジンの方がいいですが、ウィークデーはママと子どもでご近所のチョイ乗りがメインとなるならば、自然吸気エンジンで十分です。N-BOXのエンジンはノンターボでもよく走るので、荷物をたくさん載せてもよく走ります。

もし、高速道路や山道などをよく走るからターボはマスト、というならば「N-BOX EX・ターボ」がおすすめです。

MOTAカーリースなら、N-BOXのおすすめグレードが月々9460円から乗れる!

そんなN-BOXも「頭金なし」「月々定額」で契約可能な、新しい自動車の買い方を提案している「MOTAカーリース」では、先程のおすすめグレード「EX」で月々1万8920円から(さらにボーナス併用払いだと月々9460円も可能)乗ることが可能となっています。※価格はそれぞれ消費税込

MOTAカーリースでホンダ N-BOXのグレードを見てみる

MOTAカーリースでは、リース契約期間を最大11年とする長期プランも用意しており、月々の支払額を抑えることが可能。さらに、契約終了後には契約車両がもらえるほか、返却不要の為、内外装のカスタムも可能となっている点などもMOTAカーリースの大きな特徴です。

※本文掲載中の価格は記事公開日現在のもので、以降変動する可能性あり。

N-BOX・N-BOXカスタム 値引きキャンペーン! 今なら月額最大1,980円OFF!

MOTAカーリースでは、2021年2月から3月末まで、人気のホンダN-BOXホンダN-BOXカスタム、そしてスズキ ハスラーの3車種の全グレード対象で、21年3月末までの期間限定の値下げをします!

条件も変わらず走行距離制限なし!頭金0円!カスタムOK!そして、最後はもらえる!

(表示の金額は税込価格になります)

ホンダ N-BOXのカーリース
ホンダ N-BOXMOTAカーリースを見る
ボーナス併用払い11年リース月額
8,360円(税込)
11年リース月額
16,720円(税込)~ ※月毎に価格の変動があります

※本文掲載中の価格は記事公開日現在のもので、以降変動する可能性あり。

「MOTAカーリース」5つの特徴

自動車は購入時の本体価格が高額なことに加えて、さらに税金や保険、整備、駐車場、ガソリンといったさまざまなランニングコストが必要となります。コスト自体の高さはもちろん、複雑さ、さらには故障などの突発的なものに対して不安に思うユーザーも多いことでしょう。

MOTAではこういった自動車所有の課題に対して、車体・税金・保証・メンテナンスなどを月々定額化。MOTAカーリースの特徴は以下の通り。

1. 頭金なし + 月々の支払額を幅広く設定可能。

2. 契約終了後の車の返却が必要無し。だから距離制限や原状復帰返却が無い。契約内でのカスタムもし放題。

3. 購入後も安心。最大7年の延長保証とメンテナンスプランを利用可能。

4. インターネットだけで契約可能! 車種選びから審査申込みまでオンライン完結。

5. MOTAカーリースの車は、全ての国産車が対象。もちろん、すべて新車。

MOTAカーリースのご相談デスク

カーリースに関するご相談・お問合せも受け付けております。MOTAカーリースでは、お電話でも受け付けておりますので、分からないことなどありましたら、お気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-914-388

営業時間:10:00~19:00(平日・土・日・祝日も営業中)

スマートフォン/パソコンでのお問合せはこちら

MOTAカーリース 問い合わせWebフォーム

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
142.9万円223.3万円
中古価格:
29万円1,398万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 今宵天空に遊ぶ しょうげつ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる