2020年発売のホンダ 新型フィット(プロトタイプ)に速攻試乗!|注目の新型ハイブリッドでヤリスを超えるか(2/2)

画像ギャラリーはこちら

燃費はどうなる!? ホンダの新ハイブリッド「e:HEV」とは

コンパクト向け2モーターシステムを新開発

ホンダはこの新型フィットからハイブリッドシステムの名称を「e:HEV」(イー・エイチ・イー・ブイ)へと改めた。そのシステムは旧型の1モーター+7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)から最新の2モーター式へとアップデートされたが、同社のインサイトやステップワゴンに使われるシステム(i-MMD)と同じである。

とはいえフィットは小型車であるため、そのバッテリーサイズはインサイトなどに比べて小型化されている。そしてこの変更によって、後席レッグスペースとトランク容量は、クラストップの値を確保した。

また出力値とともに燃費性能も公表されていないが、これも先代を上回るのはもちろん、クラストップレベルの性能をマークしているとのことだった。

ガソリン車以上に洗練されたハイブリッドの走り

先代よりも静かな2モーター式

そんな気になる新型ハイブリッドを、平均的なグレードとなる「ホーム」で試した。

肝心の走りは、ガソリン車以上にその洗練度を増していた。当日は先代ハイブリッドとの乗り比べも行ったが、まず、静粛性が大きく高まっている。

1モーター+7速DCT時代のハイブリッドはデュアルクラッチトランスミッションの歯切れ良さこそ素晴らしいものの、モーターはアシスト役。特にアクセルを深く踏み込んだ状況ではエンジンの主張が強く、ハイブリッド感はあまり感じられなかった。

対して新世代ハイブリッドの主役は完全にモーターである。

発進時にはバッテリーに蓄えた電力で静かなスタートを切り、通常走行のほとんどをモーター駆動でこなす。アクセルを踏み込んだときもエンジンが発電をアシストして、やはりモーターで走る。エンジンが直結するのはハイブリッドが燃費的に一番苦手とする高速クルージング時くらいで、その切り替わりもほとんどわからない。

トヨタのハイブリッドや日産 e-Powerとはどう違う!?

モーターの高出力化も、こうした制御に大きく貢献している。走行用モーターはその上限回転数を10900rpmから13300rpmへと向上させ、トルク特性は54%も高まった。ちなみにこれは、1.5リッターターボエンジン以上のトルク特性だという。またモーター駆動による損失低減は、14.1%も低められた。

こうしたパワーユニットの改良は、たとえばエンジンを完全なる発電機として用いる日産 ノート eーPOWERに比べて、エンジンの存在を上手にマイルド化した。またヤリスのハイブリッドよりも、静粛性が高いと感じる。

しかしアクセル開度に応じたエンジン回転上昇感の自然さや、有段フィールを与えたモーターのステップ制御があまりに巧みなせいか、なぜだかノート e-POWERに比べてモーターで走っている実感があまり感じられないのは意外だった。

同じシステムを積むインサイトやステップワゴン ハイブリッドよりも車重が軽いこともあり、「静かなガソリン車」として上質に走ってくれるのだが、その制御の素晴らしさにほとんど気づかず走ってしまうのは、少しもったいない。

ハイブリッドはまさに「クラスを超えた上質さ」

最も完成度の高いパッケージング

つまり新型フィット ハイブリッドは、EVというよりも既存のハイブリッド車として考えると、その走りがクラスを超えて上質だと言える。

そしてここまで動力性能が高いとなると、もっと小さなエンジンでも良かったのではないか? と感じた。

それを技術者に尋ねてみると、確かにその通りだと彼らは認めていた。

しかし1.5リッターエンジン+2モーターの組み合わせは現状最も完成度が高いパッケージングであり、さらにより速度域が高く、航続距離も長い欧州でこれをスタンダードとすることから、新型フィット ハイブリッドは1.5リッターとなったのである。

こうした走りに対しては、上級グレードである「リュクス」のレザー内装がぴったりだと感じる。またモーターやバッテリーを搭載して増した重量を、そのサスペンションと16インチタイヤがしっとりと支えてくれるのも心地良い。

まとめ:動的性能アップはお見事!

ライバルはヤリス!

総じて新型フィットは、そのコンセプトを貫きながらも、見事に動的質感を向上させたと思う。

コンパクト化をしてまで走りを磨き上げたヤリスと、マルチパーパスコンパクトカーとしてまったくぶれないフィット。

果たしてどちらが世間に、いや世界に受け入れられるのかが、今から非常に楽しみだ。

[筆者:山田 弘樹]

ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円253.7万円
中古価格:
8万円1,110万円
前へ 1 2

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ フィットの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる