高級ミニバンの“ゴージャス度”を比較 煌びやかなアルファード、上品なオデッセイ、風格のエルグランドと三者三様の独自性が火花を散らす

画像ギャラリーはこちら
ミニバンジャンルの中でもひときわ豪華なのがLクラスミニバンだ。トヨタ アルファードを代表格に、ホンダ オデッセイ、日産 エルグランドなど各社を代表するモデルがラインアップされている。その豪華さを表現するスタイリングを徹底比較。中でも“ゴージャス度”を評価軸に、Lクラスミニバンのライバル車3台を写真と共に見比べてみた。
目次[開く][閉じる]
  1. 独自の世界観が広く評価され、圧倒的な販売実績をもたらした「トヨタ アルファード」
  2. ゴージャス過ぎず、程よい押し出し感が高評価の「ホンダ オデッセイ」
  3. デビュー11年、2度のリニューアルで風格を増した「日産 エルグランド」

独自の世界観が広く評価され、圧倒的な販売実績をもたらした「トヨタ アルファード」

堂々たる風格のトヨタ アルファードは、2021年上半期(2021年1月~6月度)新車販売ランキングで、ヤリス、ルーミーに次ぐ堂々の3位にランクインした。6ヶ月で5万6778台、月平均9463台。新車価格500万円前後の高級車を、200万円前後のコンパクトカーとほぼ同等に販売したというのだから凄い。

そんなトヨタ アルファードのフロントマスクに対し、時に「ドヤ顔」などと評するひとがいる。しかし実車の大きなフロントグリルを細部までよくよく観察してみれば、それが的外れな評価であることがわかるはずだ。

精緻な立体造形によるフロントデザインの流れは、そのまま車体全体のフォルムとも良く調和。豪華な内装などと共に、アルファード特有のゴージャスな世界観を生み出した。

圧倒的な販売実績は、こうしたアルファードの内外装デザインに対する高評価の現れと言って良いだろう。

ゴージャス過ぎず、程よい押し出し感が高評価の「ホンダ オデッセイ」

2020年11月の大幅改良により前後デザインを大きくリニューアルし、イメージを一新させたのが、ホンダ オデッセイだ。スポーティさを感じさせていたマイナーチェンジ前とは異なり、ボンネットの高さを上げ厚みを持たせた造形へと変更。高級Lクラスミニバンに相応しい重厚感を手に入れた。

確かに、煌びやかさを押し出すライバル車と並べてみると、新型オデッセイのフロントグリルは、随分と控えめな表現に留めている。今回の比較テーマ“ゴージャス”度対決となると、アルファードや日産 エルグランドの強さには負けてしまうかもしれない。

しかし、むしろこのシンプルな佇まいの中にもしっかり感じさせる上質さこそ、新型オデッセイの個性と考えるべきだ。

実際、SNSでのオデッセイ評も『程よい押し出し感』『過剰でないのが良い』といったように、新型オデッセイ特有の品の良さを高評価しているホンダファンが少なくないことがわかる。

デビュー11年、2度のリニューアルで風格を増した「日産 エルグランド」

最後に紹介するのは日産のエルグランド。もともとLクラスの高級ミニバン市場を開拓したのは、1997年に登場した初代エルグランドからだった。

現行型の3代目(E52型)は2010年8月に登場しており、今年2021年でデビュー11年を迎えたベテラン選手である。2014年と2020年に2度の大きなマイナーチェンジを実施し、その度にフロントマスクのデザインをさらにゴージャスな雰囲気へとリニューアル。今なおフレッシュさを保っているのだ。

最新のエルグランドのフロントデザインを仔細に見てみると、こちらもアルファードに負けず劣らずの凝った造形であることがわかる。

なかでも、2020年のマイナーチェンジ時に追加されたカスタムモデル「AUTECH(オーテック)」は、ダーククロム仕立てのフロントグリルと各部のメッキ加飾を融合。十分な風格を持たせた。

3車3様の個性が競演するLクラス高級ミニバン、アナタのお好みはどれ!?

一括りにLクラス高級ミニバンと言っても、トヨタ アルファード、ホンダ オデッセイ、日産 エルグランドと見比べてみると、それぞれ3車3様に強烈な個性を持っていることがわかる。

果たして皆さんが最も気になるモデルは、一体どのミニバンだろうか。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダトオル/撮影:木村 弘道・和田 清志・TOYOTA・Honda・NISSAN・MOTA編集部]

日産/エルグランド
日産 エルグランドカタログを見る
新車価格:
369.5万円789万円
中古価格:
27.7万円519.5万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 名泉鍵湯 奥津荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ アルファードの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アルファードのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アルファードの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アルファードの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アルファードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる