ホンダ N-BOX vs スズキ スペーシア│人気軽スーパーハイトワゴンはどっちが買い!? 未使用車徹底比較![PR]

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:カーショップホリデー・カミタケモータース・Honda
画像ギャラリーはこちら
軽スーパーハイトワゴンの「ホンダ N-BOX」と「スズキ スペーシア」は、共に軽自動車販売ランキングで常に上位を占めている大人気の2台だ。その人気の秘密を両車の比較で検証するとともに、人気の軽をお得に賢く買うニューノーマル、“未使用車”の選び方についても伝授する!

>>大人気のN-BOXとスペーシアを同時にチェック出来る「未使用車店に行こう!」[PR]

目次[開く][閉じる]
  1. コロナ禍の中でも好調な売れ行きを示す軽スーパーハイトワゴン
  2. 人気軽スーパーハイトワゴン「ホンダ N-BOX」と「スズキ スペーシア」を徹底比較
  3. 激戦! 軽スーパーハイトワゴンを買うなら一度にライバル車を見比べて選びたい

コロナ禍の中でも好調な売れ行きを示す軽スーパーハイトワゴン

今年2020年の上半期は、世界中のあらゆる分野で新型コロナウィルスの影響を大きく受けた。新車の販売台数についても例外ではなく、多くの車種が20%台で減少している。

そんな波乱の2020年上半期(1月~6月)、全軽自協(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会)が発表した新車車種別販売台数ランキングは以下の通りだ。

1位:「ホンダ N-BOX」10万1454台

2位:「スズキ スペーシア」6万5323台

3位:「ダイハツ タント」6万2253台

コロナ渦の中でも、上位の3車種は不動の順位を築いている。まさに神7ならぬ「神3」だ! 1位のホンダN-BOXに至っては4年連続である。

ちなみに登録車の一番人気はトヨタのコンパクトSUV「ライズ」で5万8492台だった。

今回はそんな不動の地位を築いているN-BOXと、その牙城を崩さんとN-BOXの背後を追いかけるスズキ スペーシアを徹底比較をしてみる!

王者N-BOXの原点は1967年のN360にあった!

2011年に登場したホンダの初代N-BOXは、近年、急成長を続ける日本の軽市場(当時はスズキ、ダイハツが軽市場の主役)にホンダ旋風を巻き起こすべく一石を投じた、Nシリーズ第一弾の軽スーパーハイトワゴンである。後にこのNシリーズはN-BOX+、N-ONE、N-WGN、そしてS660と矢継ぎ早に市場へ送り出されることになる。

なお現行型N-BOXは2017年にフルモデルチェンジを実施した2代目モデルである。

そんなNシリーズの原点とされるクルマが、1967年にその産声を上げた“Nコロ”ことN360である事はご存知だろうか?

当時の日本は高度経済成長期の真っ只中。世間ではミニスカートが流行り、あのリカちゃん人形が生まれた年でもある。今から53年前のことだ。

ちなみに筆者はリアル世代ではないが、父からは「あの頃は多くの人々が未来に希望を抱いていた時代だった…」と聞かされた事がある。今から見ると驚異的だが、この当時の自動車の保有台数は年200万台の増加ペースで推移していた。当時の経済成長をリアルに映し出していたと言っても過言ではない。

しかしながら、高度経済成長期の真っ只中とはいえ「マイカーでドライブを!」というのは、一般家庭では夢のまた夢とされていた。

ホンダが掲げる“人が中心のクルマづくり”

そんな時代に「人が中心」のクルマづくりを! というフレーズを掲げ、多くの人々の「あったらいいな」を形にし発売されたのがN360だ。大人4人が楽に乗れ、手の届く価格を! それが当時のN360の売りだった。

N360が発売された1960年代は、トヨタ 2000GTやマツダ コスモスポーツ、日産 スカイラインといったスポーツモデルが憧れの象徴ではあったものの、庶民でも手が届いたのはやはり軽自動車だった。中でも、室内空間や居住性を追求したN360は、1967年の発売以後3年連続で軽自動車の国内販売トップを走り、一躍ベストセラーカーとなった。

N-BOXはそんなN360の“ホンダイムズ”を確実に受け継いでいるからこそ、今日の大ヒットにつながったと言えるだろう。

人気軽スーパーハイトワゴン「ホンダ N-BOX」と「スズキ スペーシア」を徹底比較

今や軽市場で不動のトップを走る王者ホンダ N-BOXと、そのすぐ後ろを追撃中のスズキ スペーシア、新車でも未使用車でも度々比較されるこの2つの車種を比べていこう。

この2台の車種は、どちらも背を高くし広大な居住空間を確保。さらに後席左右にスライドドアを擁した軽スーパーハイトワゴンカテゴリーである。販売ランキングのベスト3を独占するほど、今日の日本国内では人気絶頂のカテゴリーだ。

未使用車においても例外では無く、展示場で大体比較されるのはこの2台である。

カタログスペックから見るライバル徹底比較

■【徹底比較その1】ボディサイズ

ホンダ N-BOX:全長3395mm×全幅1475mm×全高1790mm

スズキ スペーシア:全長3395mm×全幅1475mm×全高1785mm

どちらも規格一杯まで広げており、スペーシアの全高が5mm低いもののほぼ一緒といっていいだろう。

■【徹底比較その2】パワー(エンジン出力)

ホンダ N-BOX(ノンターボ/FF):最高出力58ps(43kW)

スズキ スペーシア(HYBRID/FF):最高出力52ps(38kW)

スペック上はホンダ N-BOXに軍配が上がる。ただし自然吸気エンジンを搭載したN-BOXに対し、スズキ スペーシアはエンジンの力に加えモーターで発進などをアシストするマイルドハイブリッドシステムを採用している。スペーシアのモーター出力は3.1psとごくわずかだが、結果として実際に乗り比べた印象はほぼ同じとなる。

■【徹底比較その3】燃費性能(※WLTCモード燃費)

ホンダ N-BOX(ノンターボ/FF):21.8Km/L

スズキ スペーシア(HYBRID/FF):22.2km/L~21.2km/L

マイルドハイブリッドによるモーターアシストを採用し、車両重量もやや軽いスズキ スペーシアの方が優勢となったが、ホンダ N-BOXも十分に低燃費だ。

■【徹底比較その4】安全装備

ホンダ N-BOX:Honda SENSING(ホンダセンシング)

スズキ スペーシア:スズキセーフティサポート

両車ともにクルマに搭載されている安全性能技術もほぼ同じ。ただし、N-BOXには全グレードにHonda SENSINGが標準装備なのに対し、スペーシアにはスズキセーフティサポートが非装着のグレードも存在する。

この辺りを見るとN-BOXの方が安全装備を売りにしている事が伺える。

■【徹底比較その5】おススメグレードの価格

ホンダ N-BOX G・L Honda SENSING(ベンチシート仕様/FF):154万3300円

スズキ スペーシア HYBRID X(FF):152万4600円

グレードは他にも多数用意されているので、装備の充実度と価格を照らし合わせ、じっくり選びたいところだ。

激戦! 軽スーパーハイトワゴンを買うなら一度にライバル車を見比べて選びたい

このように軽スーパーハイトワゴンのライバル車、N-BOXとスペーシアを数字で比べてみても、なかなか甲乙つけがたいというのがホンネだ。やはり実力は拮抗している。

あとは外観デザインの好みや、室内に乗り込んでみた時の印象などでも変わってくるだろう。実際に購入する際には是非「乗り比べ」「見比べ」をしっかり行っておきたいものだ。

とはいえ、ホンダとスズキ、2つのディーラーを行き来して見比べるのはなかなかタイヘン。しかも試乗・展示車がそこに必ずあるとも限らない…。

そんな異なるメーカーのN-BOXととスペーシア、両方を一つの場所で見比べることが出来るのが“未使用車”という選択肢なのだ!

「未使用車専門店」という新しい選択肢

未使用車を専門に取り扱っているお店(いわゆる未使用車専門店)では、一歩展示場に足を踏み入れれば、そのラインナップは数百台~数千台規模。ちょっとしたクルマのテーマパークだ(笑)! 凄まじい種類と台数のクルマが展示場狭しと並んでいて圧巻だ。

軽スーパーハイトワゴンの3大巨塔である、ホンダ N-BOX、スズキ スペーシア、ダイハツ タントは勿論のこと、その他の様々な車種やメーカーの軽未使用車が実際に見比べ、乗り比べが出来てしまう。それが未使用車専門店の何よりの魅力であり強みなのである。

多くの台数を扱う未使用車店ならではのお買い得さに加え、最短納期は3日程度と、納車待ちもないところも嬉しい限り。

色々と見比べた上で納得の一台を買いたいあなたには、未使用車専門店がオススメだ!

[レポート:MOTA編集部]

今回、ホンダ N-BOXの写真を提供頂いた届出済未使用車専門店はコチラ!

■届出済軽未使用車専門店 カーショップホリデー

所在地:郵便番号503-0017 岐阜県大垣市中川町1丁目126

営業時間:10:00~19:00

定休日:水曜日

電話番号:0584-71-8762

岐阜県西濃地区最大級の品揃え! その数なんと200台! 今回ご紹介のホンダ N-BOXから、その他オールメーカーの届出済軽未使用車が展示場に並んでいます! 只今SALE開催中! このタイミングを逃すとはっきり言って損です!

>>お店の公式ホームページはこちらから

スズキ スペーシアの写真を提供頂いた届出済未使用車専門店はコチラ!

■届出済・未使用車専門店 カミタケモータース 枚方店

所在地:郵便番号573-0005 大阪府枚方市池之宮2丁目30-6

営業時間:9:00~19:00

定休日:水曜日

電話番号:072-849-8111

■届出済・未使用車専門店 カミタケモータース 奈良店

所在地:郵便番号503-0017 奈良県奈良市法華寺町460

営業時間:9:00~19:00

定休日:水曜日

電話番号:0742-30-3660

YouTubeのカミタケチャンネルでお馴染みのカミタケモータース! 大阪、奈良エリア最大級の品揃えで在庫総数は約1000台! 現在SALE中の為、在庫情報は必見! アフターもバッチリサポートで安心です! ぜひこの機会にスペーシアの試乗に来てみてください!

>>お店の公式ホームページはこちらから

今回、写真を提供して頂いた上記3店舗は、現在SALE中! お得な未使用車が目白押し! ホンダ N-BOX、スズキ スペーシアをはじめ、ダイハツ タント、タフトやスズキ ハスラーなど、展示場に行けば様々な車種を比べて見たり乗ったりして楽しくクルマ選びが出来るのだ! まずはお店へでかけてみよう!

>>今人気の軽未使用車!未使用車のはてなワードを解決します!

▼未使用車ってなに!? 最新Kカーをもっとお得にゲット出来ちゃう方法はこちらをチェック!▼

「未使用車って何?新車と何が違うの?お得なの?」そんな疑問にぶつかってる皆様には、コチラの記事もオススメします!

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
134万円231.7万円
中古価格:
27.5万円268.3万円
スズキ/スペーシア
スズキ スペーシアカタログを見る
新車価格:
129.8万円195.9万円
中古価格:
16万円1,750万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる