ホンダ オデッセイハイブリッド vs トヨタ ヴェルファイアハイブリッド どっちが買い!?徹底比較(1/5)

ホンダ オデッセイハイブリッド vs トヨタ ヴェルファイアハイブリッド どっちが買い!?徹底比較
ホンダ オデッセイハイブリッド ホンダ オデッセイハイブリッド ホンダ オデッセイハイブリッド ホンダ オデッセイハイブリッド 画像ギャラリーはこちら
ホンダ オデッセイハイブリッドトヨタ ヴェルファイア

ホンダ「オデッセイ」とトヨタ「ヴェルファイア&アルファード(以下、今回はヴェルファイアで検証)」は、両車ともにLサイズの上級ミニバンだ。

従来型のオデッセイはフラットフロア構造を採用しないワゴン風のミニバンだったが、現行型は床を平らに仕上げた。従来型と違って3列目の床が燃料タンクの張り出しで持ち上がらず、3列目に座っても膝を抱える窮屈な姿勢にならない。ヴェルファイアと同じ成り立ちのミニバンになった。

そしてオデッセイは2016年2月にハイブリッドを加えて、売れ行きも堅調に推移している。以前は販売不振に悩まされたが、3月には4,757台と、ヴェルファイアの5,005台に近づく売れ行きとなっている。今後の販売動向こそ未知数だが、取り敢えずは元気を取り戻した印象だ。

そこでオデッセイヴェルファイアをハイブリッド同士で比べることにしよう。

※一部の画像について、ヴェルファイア ガソリンモデルを使用しております。予めご了承ください。

ボディスタイル/サイズ/視界/取りまわし性比較

両車の外観を比べると、ヴェルファイアハイブリッドはボディがひとまわり大きい。

全長/全幅/全高は、オデッセイハイブリッドが4830/1820/1685mm。ヴェルファイアハイブリッドは4930mm(ZRは4935mm)/1850mm/1895mmだ。後者は全長が100mm長く、さらに天井は210mm高い。全高の違いがヴェルファイアハイブリッドの存在感を際立たせた。

ただし取りまわし性が優れているのはオデッセイハイブリッドだ。

視線の位置が低いから、ボディの左側面や斜め後方の死角が小さい。ヴェルファイアハイブリッドは遠方が良く見える代わりに、全長と全幅が上まわるために車庫入れなどで気を使う。

最小回転半径もオデッセイハイブリッドが5.4m、ヴェルファイアハイブリッドは5.6mと差がある。オデッセイハイブリッドが運転のしやすいクルマとはいえないが、ヴェルファイアハイブリッドに比べれば、視界と取りまわし性が勝っている。

勝者:オデッセイハイブリッド

ホンダ オデッセイハイブリッドホンダ オデッセイハイブリッドホンダ オデッセイハイブリッドホンダ オデッセイハイブリッドホンダ オデッセイハイブリッド
トヨタ ヴェルファイアトヨタ ヴェルファイアトヨタ ヴェルファイアトヨタ ヴェルファイアトヨタ ヴェルファイア

内装のデザイン/質感/操作性/視認性比較

ホンダ オデッセイハイブリッドトヨタ ヴェルファイア

インパネ周辺を始めとする内装の質感は、ヴェルファイアハイブリッドが圧倒的に高い。メッキパーツを豊富に使って木目調パネルなどの光沢も強い。ミニバンというより車内の広いクラウンという雰囲気だ。

ミニバンはファミリーカーの代表とされるが、ヴェルファイアハイブリッドには、大人が多人数で移動するフォーマルなイメージがある。

対するオデッセイハイブリッドは、上質ではあるがミニバンらしくカジュアルだ。インパネのデザインも、ヴェルファイアハイブリッドは中央に配置された縦長のコンソールが高級感を醸し出すが、オデッセイハイブリッドは横長で開放感が伴う。

操作性や視認性は、両車ともに大差はないが、質感でヴェルファイアハイブリッドの勝ちだ。

勝者:ヴェルファイアハイブリッド

1 2 3 4 5 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ オデッセイの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ オデッセイのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ オデッセイの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ オデッセイの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ オデッセイのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる