【比較】スバル WRX S4・STI vs 三菱 ランエボX どっちが買い!?徹底比較/渡辺陽一郎(1/2)

【比較】スバル WRX S4・STI vs 三菱 ランエボX どっちが買い!?徹底比較/渡辺陽一郎
スバル 新型WRX STI スバル 新型WRX STI スバル 新型WRX STI スバル 新型WRX STI 画像ギャラリーはこちら
スバル 新型WRX STI三菱 ランサーエボリューションX

先日フルモデルチェンジが実施され、いま話題の新型「スバル WRX」。対するライバルといえばやはり「三菱 ランサーエボリューション」。ランエボXは発売されてからやや時間が経っているものの、やっぱりこの2台は永遠のライバル!ということで、発売年の差は承知しながらも改めてこの2台を比較してみました(編)

先ごろフルモデルチェンジが施されたミドルサイズのスポーツセダン「スバル WRX」は、以前より高い人気を得ている。WRXといえば、2リッターの水平対向4気筒エンジンにターボを装着し、4WDと組み合わせていることが特徴だ。

対して、2リッター直4ターボと4WDを搭載する「三菱 ランサーエボリューションX」とも共通点が多い。今回はこの2車を比べてみよう。

WRXとランエボの過去モデルにおける旋回性能の違いを改めて振り返る

スバル 初代インプレッサWRX三菱 初代ランサーエボリューション GSR

過去を振り返ると、WRXとランエボはWRCを通じてまさに“ライバル”関係にあった。

インプレッサの初代モデルは1992年に登場。この時点で2リッターのターボに4WDを組み合わせたWRXを設定している。一方、ランサーGSR/RSエボリューションも同じ1992年に発売された。

初代モデルの走りの特徴は、インプレッサWRXが「良く曲がる」タイプ。対するランエボは後輪の接地性を優先させた「安定指向」で、少し曲がりにくく感じた。

運転を楽しむスポーツセダンであるため、インプレッサ WRXを支持する意見が多かったが、注意すべき点も少なくない。インプレッサWRXは、旋回中にアクセルペダルを戻したりブレーキングすると車両を内側へ向けやすいが、危険を回避したい時でも同じ状況に陥って後輪側が不安定になりやすかった。インプレッサWRXで峠道などを走る時は、車両挙動の特徴を把握しておく必要があった。

その点、ランエボは曲がりにくくスポーティ感覚はイマイチだが、クセも弱く扱いやすかった。

この後、インプレッサWRXは、フルモデルチェンジやマイナーチェンジの度に少しずつ安定指向を強めた。曲がりやすさを損なわずに後輪の接地性を高める現代的な改善を施している。

これに比べるとランエボは方向性が異なり、時間を経るごとに曲がる性格を強めた。安定方向に振りすぎた初代モデルの改善とも受け取られたが、良く曲がる傾向は2000年代中盤の三菱車全般に当てはまる。2代目eKワゴン、コルト、初代アウトランダーなど、大半の三菱車が操舵感を機敏な方向に変更したからだ。

三菱 ランサーセディア

中でも特に興味深かったのが「ランサーセディア」であった。

2000年に登場した時の操舵感はかなり鈍く、車両全体の動きを穏やかにすることでバランスを取っていたが、2003年のマイナーチェンジでセッティングが激変。驚くほど過敏になり、良く曲がる代わりに後輪の接地性が下がった。

この時代の三菱車の操舵感が大きく変わった理由を三菱の実験担当者に尋ねると、「当時の三菱は業績を回復させるリバイバルプランの真っ最中。この時に掲げた開発のテーマがスポーティな運転感覚だったから、いろいろな車種のハンドリングが良く曲がる方向に味付けされた。また(岡崎工場の敷地内に設けられた)テストコースの曲がりくねったレイアウトも、多少は影響していたと思う」と言う。

ちなみに同様の商品特徴は、同じ時代にリバイバルプランを進めていたマツダ車(初代アテンザ/2代目プレマシー/2代目デミオなど)にも見受けられた。良く曲がる代わりに後輪の接地性を低下させやすいハンドリングは、今の走行安定性の考え方に合致しない。

そのために今日のeKワゴン、アウトランダー、ミラージュなどは、いずれも従来型に比べると安定方向のセッティングになった。

その中で、旧世代と呼べる味付けを今でも残すのが「ランサーエボリューションX」になる。

ギャランフォルティスとRVRも旧世代だが、この2車は登場時点から運転感覚が比較的マイルドで、クセの強い乗り味ではなかった。

三菱 ランサーエボリューションX三菱 ランサーエボリューションX三菱 ランサーエボリューションX三菱 ランサーエボリューションX三菱 ランサーエボリューションX
スバル 新型WRX STIスバル 新型WRX STIスバル 新型WRX STIスバル 新型WRX STIスバル 新型WRX STI
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

スバル WRXの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル WRXのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル WRXの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル WRXの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル WRXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる