MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フィアット 500X 公道試乗|やみつきになる“二面性”を持つ魅力的なコンパクトSUV 2ページ目

試乗レポート 2019/5/28 15:38

フィアット 500X 公道試乗|やみつきになる“二面性”を持つ魅力的なコンパクトSUV(2/2)

関連: フィアット 500X Text: まるも 亜希子 Photo: 茂呂 幸正
フィアット 500X
フィアット 500Xフィアット 500Xフィアット 500Xフィアット 500X画像ギャラリーはこちら

新世代ターボエンジンを積んだ500Xの実力を試す!

それではいよいよ、オールアルミ製の新世代ターボエンジン+6速デュアルクラッチトランスミッションを稼働。エンジンは燃焼室形状の最適化や、フィアットの独自技術であるマルチエアの進化によって、最高出力が従来比11psアップの151ps、最大トルクが20Nmアップの270Nmを実現している。

一度ハマったら抜け出せない!? 500Xが持つ“魔力”

アイドリングの控えめな音が響く中、アクセルにそっと力を込めていくと、ちょっと重さを感じさせながらユルリと加速をはじめる。

フィアット 500X

低速ではアクセルを踏み続けていても、シフトアップのタイミングで一拍の余白を置いてから、再び加速を続けるデュアルクラッチATらしさは相変わらず。

人もクルマも混雑してノロノロとしか進めない都心の一般道では、その良さを存分に味わうことはなかなか難しいシーンだが、ストレスを感じるほどではない。

むしろ、そんな中でも500Xと呼吸を合わせるように試みつつ、加速と減速にメリハリをつけて走らせることに、楽しささえ覚えてしまう。これが、一度この操作感にハマったら、普通のクルマには戻れない魔法である。

加速時に見せる500Xの“もう一つの顔”

フィアット 500X

そして首都高のゲートに飛び込み、合流までの坂を一気に駆け上がっていく瞬間に、500Xは別の顔を見せ始める。タコメーターが2500~2800回転に差し掛かるくらいだろうか、ふいにバビュンと加速感が5割増しくらいになって、車体が浮かぶかと思うほどの軽やかさに包まれて、これが同じクルマかと疑ってしまうほどイキイキとしている。

コーナリングだってガッシリとしてものすごい安定感だし、ここぞという時のレーンチェンジや追い越しも、一発で決めてくれる頼もしさだ。

アイポイントの高さもあって、遠くまで見晴らしがよくて運転しやすいところも、爽快なドライブを後押ししているかもしれない。走っているうちに思わずこのままロングドライブに出かけたくなってしまう、そんな気持ちよさや信頼感が生まれていく。

500Xは“乗れば分かる”魅力的なコンパクトSUVに仕上がっていた

フィアット 500X

帰り道にはリアシートにも座ってみたが、頭上や足元のゆとりも予想より充分にあるし、乗り心地はしなやかとは言えないまでも、低速でも硬すぎず包まれ感のある空間で、なかなかに快適だ。

ラゲッジ容量も通常で350L、リアシートを前倒しすれば1000Lに拡大するから、ファミリーユースにも向いている。

少し残念なのは今回の改良で4WDがなくなり、FFのみのラインアップになったことだが、その理由としてFCAでは、ユーザーから燃費を気にする声が多かったことや、4WDを選んだユーザーもどちらかと言えば500Xのデザインがお目当てだった場合が多いことを挙げている。

新しい500Xは燃費も従来比10%アップ(欧州計測値)しているし、見た目は申し分のない進化を遂げているので、よりユーザーの求める理想像に近づいたのかもしれない。

街中では退屈させることなく、高速道路では軽やかに爽快に、ロングドライブでは安心快適に。新しい500Xは以前にも増して、乗った人なら必ずわかる魅力いっぱいのコンパクトSUVになっていた。

[筆者:まるも 亜希子/撮影:茂呂 幸正]

フィアット 500X
フィアット 500X 主要スペック
500X(受注生産)500X Cross
全長4280mm
全幅1795mm
全高1610mm
ホイールベース2570mm
車両重量(車重)1410kg1440kg
エンジン種類直列4気筒マルチエア16バルブ インタークーラー付ターボ
駆動方式FF(前輪駆動)
排気量1331cc
エンジン最高出力111kW(151PS)/5500rpm
エンジン最大トルク270N・m(27.5kg・m)/1850rpm
燃料消費率WLTCモード13.5km/L
トランスミッション6速乾式デュアルクラッチAT
メーカー希望小売価格(消費税込)298万円334万円

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

フィアット 500X の関連編集記事

フィアット 500Xの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット 500X の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR