フィアット「500X」を一部改良、新デザインと新世代エンジンを採用

フィアット 500Xを改良、新デザインと新世代エンジンで登場

FCAジャパンは、フィアット「500X(チンクエチェント・エックス)」を改良し、2019年5月18日から発売する。価格は298万円~334万円(消費税込み)。

500Xは、2015年10月に日本に導入されたフィアット初のスモールSUV。今回の改良ではデザインを刷新し、フィアット初採用となる新世代エンジンを搭載する。日本ではエントリーモデルである「500X」と、装備を充実させた「500X クロス」の2タイプが導入される。

フィアット 500Xの主な特長

新世代エンジンを搭載

今回の改良では、新世代のオールアルミ製1.3L直列4気筒“FireFly”ターボエンジンが搭載される。

燃焼室形状の最適化やフィアットの独自技術であるマルチエアの進化により、最高出力は151PS、最大トルクは270Nmを発生する。さらに燃費は従来の1.4Lターボエンジンに比べて約10%向上している。

SUVらしさを強調するデザイン

外装(エクステリア)は前後バンパーを一新し、SUVらしさを強調するクロススタイルを採用している。新デザインのヘッドライトのほかドライビングライトやリアコンビネーションランプがLED式へと変更された(500X クロスのみ)。

またデイタイムドライビングライト及びポジショニングライトは上下で分割され、シリーズシンボルである「500」のロゴをモチーフにしたデザインが採用されている。

充実した装備

レザーステアリングホイールや前席シートヒーター、クルーズコントロール、デュアルゾーン式フルオートエアコン、「Apple CarPlay」および「Android Auto」に対応した7インチタッチパネルモニター付のインフォテインメントシステム「Uconnect」、衝突被害軽減ブレーキ付の前面衝突警報、車線逸脱警報、リアパーキングカメラなどの快適・安全装備を全車標準採用している。

さらに500X クロスではLEDヘッドライトやレザーシート(前席8ウェイパワーシート付)、パドルシフト、アダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニター、フロントパーキングセンサーなど充実した機能が装備される。

各モデルのスペックと価格

500X

■エンジン:1.3Lターボエンジン

■トランスミッション:6速デュアルクラッチ

■駆動方式:FF

■価格:298万円

500X クロス

■エンジン:1.3Lターボエンジン

■トランスミッション:6速デュアルクラッチ

■駆動方式:FF

■価格:334万円

※価格はいずれも消費税込み

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

フィアット 500Xの最新自動車ニュース/記事

フィアットのカタログ情報 フィアット 500Xのカタログ情報 フィアットの中古車検索 フィアット 500Xの中古車検索 フィアットの記事一覧 フィアット 500Xの記事一覧 フィアットのニュース一覧 フィアット 500Xのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる