MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フェラーリ「488スパイダー」ダウンサイジングターボで大幅性能向上!日本上陸も異例の早さ

試乗レポート 2015/11/24 17:07

フェラーリ「488スパイダー」ダウンサイジングターボで大幅性能向上!日本上陸も異例の早さ(1/2)

関連: フェラーリ Text: 西川 淳 Photo: フェラーリ ジャパン
フェラーリ「488スパイダー」ダウンサイジングターボで大幅性能向上!日本上陸も異例の早さ

スパイダーを追加するのが、最近の恒例

フェラーリ488スパイダー

1970年代のなかばに、V8エンジンをミッドに積んだ“ピッコロ”(=小さな)フェラーリが登場して以来、現在に至るまで、それは跳ね馬の主力モデルであり続けている。もっとも、いつの間にか“ピッコロ”ではなくなったが。

最新モデルが15年3月に登場した488GTB。位置づけとしては先代となる458イタリアの、いわゆる“ビッグマイナーチェンジ”版だ。進化のポイントは、後で詳しく説明するが、ダウンサイジングターボを採用し、大幅に性能が向上したこと。

GTBという名は、初代V8ミッドスポーツカーとなる308GTBシリーズへのオマージュで、この時代にすでにイタリア国内向けの“ダウンサイジングターボ”グレード(環境ではなく税金対策だった)があったことも関係している。ちなみに、488はさらに昔の伝統に則って、一気筒当たりの排気量を表す。488×8=約3900ccで、458=4.5リッターV8から排気量を600ccも減らした。

15年夏に488のスパイダー版を発表、秋にワールドプレミアした。クーペを出して半年後にスパイダーを追加するのが、最近の恒例である。

【フェラーリ488スパイダー画像ギャラリーはコチラ】

ユーザーが期待する以上の大幅なスペックアップを狙った!

フェラーリ488スパイダー

フェラーリはV8モデルを二世代毎にフルモデルチェンジする。振り返ってみれば、308と328、348と355、360と430、そして458と488、がそれぞれセットになっているというわけだ。けれども、この二世代の間で、パワートレインを大きく変更することもまた、恒例だ。もちろん、今回でいえば、ダウンサイジングターボを採用したことである。

既に発売済みのカリフォルニアT用ターボエンジンと同系統のプロジェクトから生まれた、直噴3.9リッターのV8ツインターボ。注目すべきは、決してCO2排出量を減らせたことではない。458系4.5リッターNAに比べて+100psと+220Nmという大幅な性能向上を達成したという点にこそある。

フェラーリとしてはあくまでも、ユーザーが期待する以上の大幅なスペックアップが狙いだったというわけ。当然、この驚異のパワーアップに対応すべく、ミッションやブレーキ、各種電子制御はもちろんのこと、ボディやシャシーも強化もしくはアップグレードされた。

乾燥車両重量は、458スパイダーより10キロ軽く、クーペの488GTBよりも50キロ重い。パワーウェイトレシオは2.12というから驚異的。さらに驚くべきは0→100km/h加速数値で、なんとクーペと同じジャスト3秒と発表されている。最高速度は325km/h。

フェラーリ488スパイダーフェラーリ488スパイダーフェラーリ488スパイダーフェラーリ488スパイダーフェラーリ488スパイダー

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

フェラーリ の関連編集記事

フェラーリの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フェラーリ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR