え!?これだけ?組み立て作業の少なさに唖然…。“週刊 ワイルド・スピード ダッジ・チャージャー R/T”を作ろう Vol.10

画像ギャラリーはこちら
車好きがピクッと反応するデアゴスティーニの車シリーズ。ただそこで気になるのは、「本当に完成できるのか?」「いったいいくら掛かるのか?」ということ。そこで、MOTA編集部の命を受けたこのわたくしが、人柱となって「週刊 ワイルド・スピード ダッジ・チャージャー R/T」の完成を目指します!

今回は、22号と23号の内容と組み立て内容をご紹介していきましょう。

目次[開く][閉じる]
  1. リアルだけど組み立て内容は少なすぎ!?
  2. 読み物としては十分なボリューム
  3. あなたもMOTA編集部と一緒にゴールを目指してみませんか?
チャージャーの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

リアルだけど組み立て内容は少なすぎ!?

MOTA編集部チャレンジ企画「“週刊 ワイルド・スピード ダッジ・チャージャー R/T”を作ろう」も、今回で記念すべきVol.10!テンション高くお送りしたいところですが、「組み立て内容が少ない!」「物足りない!」というのが正直な感想です。(苦笑)

ということで、いつもとは違う流れでお話ししていきましょう。今回ご紹介する22号と23号の組み立て作業内容は「左インナーフェンダーを組み立てる(22号)」「右フェンダーを組み立てる(23号)」というように全く一緒です。

作業自体は、それぞれ2枚のインナーフェンダーを、3本のネジで固定するだけとシンプル。22号と23号を一気に組み立てても5分と掛からない内容です。

インナーフェンダーのパーツそのものは、細部まで再現されたリアルなディテールと、金属パーツのズシッとくる重量感は相変わらずの高クオリティ!だからこそ余計に物足りなさを感じてしまいました。

実車ではよく見えないインナーフェンダーをじっくり観察

ちなみに、このインナーフェンダーは、“インナー”という名の通り、外板パーツであるフェンダーの内側にあります。車種にもよりますが、実車の場合はエンジンルームから見ることが可能です。

中古車を購入する際に重要となる、修復歴の有無に大きく関わるパーツで、外板であるフェンダーを交換または修理しても修復歴となりませんが、このインナーフェンダーを修理または交換すると“修復歴あり”となってしまいます。

組み立てマニュアルには「キズが付かないように大切に保管しておこう」とあるので、修復歴有りとならないよう大切に保管しておこうと思います。(笑)

読み物としては十分なボリューム

ちょっと乱暴だけど男気溢れる「ヴィンス」

さて、冊子の内容にも触れておきましょう。

22号のテーマは、ドミニクトレッド(ドム)の右腕「ヴィンス」について紹介されています。あご髭が生やし、大柄でワイルドな出で立ちは多くの登場人物の中でも存在感バツグン。ボスであるドムへの忠誠心が人一倍強く、どんな危険な場面であっても先頭を切って突っ込んでいくタフガイです。ワイルド・スピードの売りである派手なアクションと、家族愛という2つの重要な要素が描かれる重要な場面には欠かせない名わき役。そんなヴィンスの一挙手一投足に注目しながら、第1作目を見返すのもいいですね。

車好きが知りたい“ウンチク”を紹介

23号の冊子のメインは、ブライアンの上司、FBIのビルキンス捜査官に付いて書かれています。太い声と大きな体、そして寡黙なキャラクターが強烈で、登場回数が多くない割には(失礼!)、記憶に残っている人も多いのではないでしょうか。

登場自分物や舞台裏を紹介しているメインコンテンツ以外にも、見逃せないポイントがあります。それは、組み立てマニュアルのあとに書かれた「ダッジストーリー」というページ。過去には創業者であるダッジ兄弟やHEMIエンジンについて解説され、ワイルド・スピード本編には直接関係ないものの、車好きにはたまらないウンチクが書かれています。

23号ではダッジがアルゼンチンに進出した歴史、またカナダ(17号)、ブラジル(21号)など、ダッジに関する少々マニアックな歴史と経緯を知ることができ、アメ車が三度の飯より好き!という方にはおすすめです。

あなたもMOTA編集部と一緒にゴールを目指してみませんか?

忖度なしに言わせてもらうと、22号と23号の組み立て内容は物足りない!しかし、記念すべき連載10回目ということで、これまで組み立ててきたパーツ達を並べてみることにしました。

110号で完成するシリーズのため、並べた様子はまるで自動車解体工場(失礼!2回目)のようですが、徐々に車っぽくなっていくのはやはり楽しいもの。そして、ここまで来ると辞められないという思いが強くなってくるのもまた事実です。はるか先の完成を夢見て、今後も連載を続けていきますので、どうぞお楽しみに!

[筆者:増田真吾]

ここまで購入した場合の金額

創刊号~10号小計:17,230円

11号~20号小計:18,590円

21号:1,859円

22号:1,859円

23号:1,859円

合計:41,397円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
増田 真吾
筆者増田 真吾

和太鼓とROCKを愛する自動車ライター。国産車ディーラー、車検工場でおよそ15年自動車整備士として勤務したのち、大手中古車販売店の本部業務を経験。その後、急転直下で独立しフリーの自動車ライターに転身。国家資格整備士と自動車検査員資格を保有し、レースから整備、車検、中古車、そしてメカニカルな分野まで幅広い知見を持つ。昔の彼女が付けた肩書は「熱血太鼓車バカ」。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわこ緑水亭
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ダッジ チャージャーの最新自動車ニュース/記事

ダッジのカタログ情報 ダッジ チャージャーのカタログ情報 ダッジの中古車検索 ダッジ チャージャーの中古車検索 ダッジの記事一覧 ダッジ チャージャーの記事一覧 ダッジのニュース一覧 ダッジ チャージャーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる