これで160万円!? 軽SUV ダイハツ タフトの神グレード

画像ギャラリーはこちら
家族みんなで出かけるにはミニバンや大きなSUVがベストだけど、ちょっとそこまでの買い物や送り迎え、子どもと2人だけで出かける時などには、もうちょっと手軽にサクッと乗れる軽自動車があったらいいな、なんて思う瞬間もありますよね。
目次[開く][閉じる]
  1. リアルな選択肢! 手軽SUVの代表格となり得るダイハツ タフト
  2. 買うならせめてGを! 150万円で内外装・機能性には文句なしのクオリティ
  3. タフトの神グレードはGターボ! +25万円でストレスフリーに

リアルな選択肢! 手軽SUVの代表格となり得るダイハツ タフト

今、そんなファミリーにイチオシなのが、どこへ行くにもワクワクさせてくれそうな“遊べる軽”、ダイハツ タフト。

前席の頭上に大きなパノラマルーフ、「スカイフィールトップ」が全車標準装備となっているクロスオーバーSUVです。

手頃とはいえベースグレード購入はちょっと待って!

タフトは街乗りメインのセカンドカーとしても魅力的ですが、だからといって「一番リーズナブルなベースグレード「X」(135万3000円)でいいよね」と安易に決めるとちょっと後悔するかも。

だって、タフトは軽だけど最低地上高は本格SUVにも負けない190mmも確保してあるし、オフロードや雪道を走るときに障害物を乗り越える指標となる、アプローチアングルやデパーチャーアングルも本格的。

きっとそのうち、アウトドアレジャーなどにも出かけたくなってしまうと思うのです。

買うならせめてGを! 150万円で内外装・機能性には文句なしのクオリティ

だからここは、トップグレードにして唯一のターボエンジン搭載モデル、価格は「X」から25万3000円アップの「Gターボ」(160万6000円)を選んでおくのが正解だと思います。

ただ、タフトには自然吸気エンジンモデルの「G」(148万5000円)もあって、それなら「X」から13万2000円アップで済むんですよね。

ダイハツ タフト グレード価格
X(ベースグレード)135万3000円
G(自然吸気エンジン+内外装充実)148万5000円
Gターボ(ターボエンジン搭載+スマートパック標準装備)160万6000円

装備内容も、外観では「X」には付いていないルーフレールやオートレベリング機能付きのフルLEDヘッドランプ、LEDフォグランプが標準だし、ガラスもただのUVカットじゃなくてスーパーUV&IRカットになります。

インテリアでは、フロントセンターアームレストや運転席・助手席シートヒーター、助手席シートアンダートレーが付くのが「G」。

見た目にも、オレンジのアクセント加飾がプラスされるので、ワクワク感がぐっと高まります。

ベースグレードに+13万円かなり充実させられるのが「G」

あとは、多機能で画像もきれいなTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイや、安全装備では車庫入れの時に障害物を検知して教えてくれるコーナーセンサーが付いたり、もう13万2000円の価格差なら絶対に「G」が買い! と言えるほどテンコ盛りです。

街乗りメインならノンターボのGで充分? でも実際は…

そして、「G」から12万1000円アップの「Gターボ」との差を見てみると、「G」にもオプションで4万4000円で装着できる「スマートパック」が「Gターボ」には標準装備となるくらい。

スマートパックは、高速道路を長距離走る時に便利で安心な「全車速追従機能付ACC」と「LKC(レーンキープコントロール)」、「ステアリングスイッチ(運転支援用)」のセット。

なので、街乗りメインだからいらないよ、と思うかもしれないですね。

タフトの神グレードはGターボ! +25万円でストレスフリーに

でもこれは、あくまでカタログ上での違いです。装備表からはわからないのが、ターボエンジンの「Gターボ」と自然吸気エンジンの「G」の走りの違い。

販売店に両方の試乗車があれば、きっとすぐにその違いを体感してもらえると思うんですが、街中での発進からのスムーズさ、なめらかな加速フィール、高速道路での安定した余裕たっぷりのクルージングやパワフルな追い越し加速など、圧倒的に「Gターボ」の方が満足度が高いのです。

新型タントから採用された新技術「D-CVT」がミソ

これは出力やトルクだけではなくて、トランスミッションがターボに合わせたワイドレンジのD-CVTを採用しているという違いも。

だから、単純に「G」にオプションのスマートパックを付けて152万9000円にしても、「Gターボ」の満足度にはちょっとかなわないかなと思います(ベースグレード「X」に対してだとプラス25万3000円)。

ということで、タフトの神グレードは普段の買い物から楽しく気持ち良く走れて、きっと遠くまで行きたくなる「Gターボ」でキマリ。

コスパ良く使い勝手をアップ! タフトのおすすめ純正パーツはフレキシブルボード

オプションのアクセサリー、「フレキシブルボード 二段モード取付キット」(1万9470円)を付ければ、ラゲッジに効率よく荷物が積めたり、上段をテーブル代わりに使えたりできて、出かけるのがもっと楽しくなりそうですね。

ぜひタフトと一緒に、フットワーク軽やかな毎日を手に入れちゃいましょう!

[筆者:まるも 亜希子]

毎週水曜日はダディ×マミー!

MOTA毎週水曜日連載コーナー「ダディ×マミー」では、世のイケパパ・ママたちへ様々なカーライフネタをお届け!

当企画では、様々な車種を設定した人物象へ向けて“イチオシの神グレード”という形でご紹介!

次の更新は8月19日(水)。次回もお楽しみに!

▼前回は三菱 デリカD:5をご紹介!

▼神グレード最新TOP3

ダイハツ/タフト
ダイハツ タフトカタログを見る
新車価格:
135.3万円173.3万円
中古価格:
115万円217万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 草津温泉 つつじ亭
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ダイハツ タフトの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ タフトのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ タフトの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ タフトの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ タフトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる