MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トレンディ(死語)に見えて真面目。C5 エアクロス SUVは骨太のシトロエンだった

試乗レポート 2019/6/13 13:04

トレンディ(死語)に見えて真面目。C5 エアクロス SUVは骨太のシトロエンだった(1/2)

関連: シトロエン C5エアクロスSUV Text: 南陽 一浩 Photo: 望月 浩彦
C5 エアクロス SUV
C5 エアクロス SUVC5 エアクロス SUVC5 エアクロス SUVC5 エアクロス SUV画像ギャラリーはこちら

シトロエンが放つミドルクラスSUV、C5 エアクロス SUV。2019年5月に日本での発売が開始されたが、それに先駆けフランス在住のライター南陽一浩氏が試乗。日本導入モデルは2リッターディーゼルのみだが、本国ではガソリンモデルもラインアップされている。両エンジンの違いも含めて、C5 エアクロス SUVの本国での試乗レポートをお届けする。

あの独特な乗り心地が帰ってきた?!

シトロエンらしい乗り心地といえば、柔らかく鷹揚なバウンスであらゆる衝撃を受け止めつつ、いざ攻めても意外なほどの粘り腰、そんな独特のライド感がある。それは、粘っこい液体の感触そのままの、ハイドロニューマティックという独特のサスペンション形式に拠るところが大きかった。当初はステアリングやブレーキ、トランスミッションまでもひとつの油圧回路で繋がっていたその仕組みは、欧州の型式認証ルールが変わって以来、もはや新車に使うことはできないが、シトロエンが「ハイドロ」を諦めていないというウワサはずっとあった。

C5 エアクロス SUVC5 エアクロス SUV

かくして採られた解が、PHC(プログレッシブ・ハイドローリック・クッション)と呼ばれる、ダンパー・イン・ダンパーだ。筒内のオイルに圧を加える通常のダンピング動作だけでなく、フルボトム近くでインナーダンパー筒内のオイルの流れを制限し、限界域での減衰力をさらに高める。これまでもあった技術だが、C5エアクロスの前車軸側のそれは、欧州カヤバと共同開発し、伸び・縮み双方向ともダンパーインダンパーとしたことが新しい。その目的はもちろん、ハイドロならではの粘り強いストローク感をダンパーだけで再現することだったのだ。

優しく家族を包み込むC5 エアクロス SUVを写真でチェック

足回りだけではないシトロエンのおもてなし術

C5 エアクロス SUVC5 エアクロス SUV

いわばコンフォート至上主義のSUV、それがC5 エアクロス SUVの存在理由だ。柔らかいのは足回りの感触だけでなく、「アドバンス・コンフォート」と呼ばれ、緩衝材の最適化やマッサージ機能やシートヒーターを備えた前列シートにも及ぶ。フルデジタルのメーターからレザーの張り巡らされたダッシュボードの質感もすこぶる高く、柔らかな素材に包囲される感覚はさながら「仏流のおもてなし」といったところか。

>>まさにこれが今のフランス流ファミリーカー|シトロエン C5 エアクロス SUV海外試乗[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

シトロエン C5エアクロスSUV の関連編集記事

シトロエン C5エアクロスSUVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シトロエン C5エアクロスSUV の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR