キャデラック初の“コンパクト”SUV! キャデラック XT4が日本デビュー!【東京オートサロン2021】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部・GMジャパン
画像ギャラリーはこちら
大型SUVの頂点に位置する「エスカレード」をモデルチェンジしたばかりのキャデラックが、それとはまったく真逆な「コンパクトSUV」を発売する! GMジャパンは2021年1月16日(土)、キャデラック初のコンパクトSUV「XT4」を発売開始し、東京オートサロン2021(バーチャルオートサロン)に初出展した。価格は570万円から。

都内で公開された実車画像と共に新世代のキャデラック XT4の詳細をご紹介する!

初のコンパクトSUV! キャデラック XT4を写真で見る[画像60枚]

目次[開く][閉じる]
  1. XT4はRAV4クラスの扱いやすいボディサイズ
  2. 最先端の技術をふんだんに投入
  3. キャデラック 新型XT4 主要スペック

XT4はRAV4クラスの扱いやすいボディサイズ

キャデラックと聞くと巨大なボディサイズを想像しがち

アメリカの高級車「キャデラック」、中でもSUVの「エスカレード」は、全長5.4メートルの立派なボディサイズに迫力あるデザインを与え、同社のフラッグシップモデルらしい存在感で日本でもファンの多い1台だ。

2020年11月13日(金)より国内でプレオーダーを開始した新型エスカレードは、2021年1月15日から始まった東京オートサロン2021(バーチャルオートサロン2021)にも出展され、早くも話題を呼んでいる。

全長4.6メートル! 日本にもマッチした大きさのXT4

そんなキャデラックは、バーチャルオートサロン2021にもう1台のSUVモデル「XT4」を同時に出展した。1月16日に発売を開始したばかりのニューモデルだ。このキャデラック 新型XT4は、なんとキャデラックブランド初の“コンパクト”SUVとして発表された。

キャデラック 新型XT4のボディサイズは、全長4605mm×全幅1875mm×全高1625mm。日本車でいうと、トヨタ RAV4 Adventure(全長4610mm×全幅1865mm×全高1690mm)がかなり近いサイズ感だ。

全長約4メートルから4.3メートルクラスのコンパクトSUVブームが巻き起こっている日本で、RAV4をコンパクトと呼ぶ人はいないが、全長5.4メートルのエスカレードを有するキャデラックからしたら、XT4は相当にコンパクトなのは確かだ。

最先端の技術をふんだんに投入

リッターあたり100馬力を超えるハイパフォーマンスな2リッターターボ

キャデラック XT4に搭載されるのは直列4気筒 2リッターガソリン直噴ターボエンジン。最高出力230ps(169kW)/5000rpm、最大トルク350Nm/1500-4000rpmを発生。リッターあたり100馬力を超える、かなりの高性能だが、低負荷時には2気筒を止める気筒休止システムを搭載するなど、燃費とハイパフォーマンスを両立させたかしこいパワートレインだ。9速オートマチックトランスミッション、AWD(四輪駆動)と組み合わされる。

BOSEの技術で静粛性も向上

室内空間にも余裕がある。写真で見てもわかるように後席の足元スペースも十分確保されている。

日本仕様のキャデラック 新型XT4には3つのグレードが用意され、全モデルにBOSEサラウンドサウンドシステムと13スピーカー、BOSEアクティブノイズキャンセレーションが搭載。快適なオーディオサウンドとともに、静粛性を提供する。

最新のストリーミングナビをゼンリンデータコムと共同開発

またタッチスクリーンタイプの新世代キャデラックユーザーエクスペリエンスには、GMジャパンがゼンリンデータコムと共同開発した完全通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」を標準装備。常にストリーミングしながら最新の地図データを取得するほか、GPSを測位出来ないトンネル内などでも最新地図データにより自立航法が可能となっている。

エスカレードとXT4、アナタの好きなSUVはどっち!?

先進運転支援システムなども標準装備されるキャデラック 新型XT4。価格は「XT4 プレミアム」570万円、「XT4 スポーツ」640万円、「XT4 プラチナム」670万円(共に消費税込み)。

エスカレードの古き良き「大きくて立派なアメ車」とは違った価値観を持つ、最新世代のコンパクトモデルのキャデラック XT4。果たして読者の皆様はどちらのキャデラックがお好みだろうか!?

[筆者:トクダトオル(MOTA編集部)/撮影:GMジャパン・MOTA編集部]

キャデラック 新型XT4 主要スペック

ボディサイズ:全長4605mm×全幅1875mm×全高1625mm/ホイールベース:2775mm/車両重量:1780kg(プラチナム)/乗車定員:5名/駆動方式:AWD(四輪駆動)/エンジン種類:直列4気筒 DOHC ガソリン直噴ターボエンジン/総排気量:1997cc/最高出力:230ps(169kW)/5000rpm、最大トルク350Nm(35.6kg・m)/1500-4000rpm/トランスミッション:9速オートマチックトランスミッション/メーカー希望小売価格(消費税込):670万円(プラチナム)

■バーチャルオートサロン2021 イベント概要

・オープン:2021年1月15日(金)午前9時

・クローズ:2021年11月30日(火)[予定]

・アクセス方法:バーチャルオートサロン(https://2021.virtualautosalon.jp/)

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 西村屋本館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

キャデラックの最新自動車ニュース/記事

キャデラックのカタログ情報 キャデラックの中古車検索 キャデラックの記事一覧 キャデラックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる