アメ車らしさを残しつつ、欧州車のようなフィールを持つ最新鋭キャデラックのSUV「XT4」とスポーツセダン「CT5」

画像ギャラリーはこちら
元祖SUV大国、アメリカから生まれるニューモデルの進歩が著しい。今回は、2年ぶりの開催となったJAIA輸入車試乗会2022で試乗した話題のプレミアムコンパクトSUV「XT4」と、スポーティさが売りのセダン「CT5」をお届けする!
目次[開く][閉じる]
  1. 「XT4」はキャデラック初のコンパクトSUV
  2. 「XT4」に残る「アメリカ車らしさ」
  3. 欧州製プレミアムセダンにも匹敵する「CT5」

「XT4」はキャデラック初のコンパクトSUV

キャデラックと聞いて、どんなクルマを思い浮かぶだろう。近年のキャデラックは、メッキが多い大柄な車体にV8エンジン、ゆらゆら揺れる乗り心地…のようなイメージはすでになく、しかも今やプレミアムSUVメーカーとしての側面が強いのだ。日本でも4種類のSUVを設定するほどにラインナップが充実している。

そんな同社のSUVで最もコンパクトなモデルが、2021年1月に日本での販売を開始した「XT4」だ。キャデラック初のコンパクトSUVでもある。

シャープなエクステリアは、最近のキャデラックデザインの文法に則っている。上位に位置する「XT5」との近似性も強く、縦長の細いヘッドライト、大きな逆台形グリル・太いリアピラーの造形とともに、一目見てキャデラックだとわかる個性を持つ。試乗会に来ていたのは、3グレードの中でもスポーティさを売りにする「スポーツ」というグレードだった。

左ハンドルのみ販売されるため、左側ドアを開け内装を見てみると、センター部を大きく手前に張り出させた立体造形で、過度な装飾を施さないすっきりしたイメージでまとめられたダッシュボードが目を引く。

上位ブランドだけあって素材の質感は十分に高い。フロントシートの座り心地は優れるが、首がイマイチ座らないのが欠点か。

リアシート形状は平板ながらも座った感覚は良好で、レッグスペースもしっかり確保されているが、頭上空間は少なめ。前後にシートヒーターが備わるのはありがたい。

「XT4」に残る「アメリカ車らしさ」

エンジンは2リッター直4+ターボで、230psを発生。9速ATから4輪にパワーを伝達する。1.7t超ある車重を感じさせない軽快感があるが、乗り心地自体はコンパクトSUV とは思えないほどのどっしり感を示す。

XT4スポーツでは、「ツーリング」「AWD」「スポーツ」「オフロード」という4つのドライブモードを選択できる。

スポーツモードではサスペンションがぐっと引き締まる。一方、ツーリングモードでは柔らかい設定に変わり、乗り心地は良好に。ただ揺れの収束が遅く、揺られ続ける印象も受けるが、これもまた往年のアメリカ車テイストを想わせ、好意的に解釈できる。

XT4は最新トレンドのコンパクトSUVと銘打たれるが、充実した装備を誇り、鷹揚でゆったり・どっしりとした乗り味という、アメリカ製高級車の伝統を今に受け継ぐ。同時に乗ったセダン「CT5」よりもむしろアメリカンテイストは濃厚に感じたほどだ。

ライバルは、こちらもアメリカ車の雰囲気強いレクサスの「NX」。ほどよいきらびやかさ、東海岸の街でヤング・エグゼクティブが颯爽と乗りこなすようなイメージ、そして価格帯も概ね共通する。レクサスブランドが好み・興味があるなら、現在のキャデラックやXT4の持つキャラクターはよく理解できるかもしれない。

欧州製プレミアムセダンにも匹敵する「CT5」

そしてセダンのCT5に乗り換える。グレードは、こちらも「スポーツ」だ。

キャデラックのスポーツセダンであるCT5は2019年に登場。そのルーツは、1970年代に欧州製高級車に対抗すべく生まれた小型キャデラック(実際は全長5.2mもあり、全然小さくないけれど…)「セビル」で、1980年代にはスポーティグレード「STS(セビル・ツーリング・セダン)も誕生している。

2000年代に入ると、セビルのスポーツグレード系後継モデルは、アメリカ市場以外も意識するようになり、欧州・豪州での販売も盛んに。

そして最新スポーツセダンのCT5も、欧州プレミアムセダンのBMW 5シリーズやメルセデス・ベンツE クラスをライバルとするため、走行性能や内外装の質感が高く、しかも個人的な印象で恐縮だが、デザインは圧倒的にシャープでカッコいい。おまけに価格帯もこのセグメントでは相当にリーズナブルである。

全長4.9mもある巨体に見えないのもデザインの妙だが、エンジンはもはやV型でも大排気量でもなく2リッター直4なのは時代の流れ。とはいえ240psのパワーは十分で、静かに速くCT5を走らせる。トランスミッションは10速(!)ATで、「スポーツ」ではフルタイム4WDを組み合わせている。

乗り心地はスポーティセダンのスポーツグレードということもあってか、硬さが少々目立つものの、80km/h前後での走行では突き上げも少なく心地よい。この領域で流すと、アメリカ車的なゆったり感が生まれてくるようにも感じた。

ステアリングはクイックかつ正確で、速度を出していない領域でも良好なハンドリングの片鱗をうかがわせる。

SUV大国のアメリカでは、日本と同様にセダンが急速に姿を消している。その中で、プレミアムスポーツセダンに必要な要件を揃え、欧州製セダンにも匹敵する動的性能を持ち、かつアメリカ車的なおおらかさも残るCT5は、今や貴重な存在ではないだろうか。

視覚的な押し出しも、いまや一部の日本車よりも強くない。トヨタ クラウンのスポーティ版「RS」を狙っているユーザーには、案外刺さる一台かもしれない。キャデラックのセダンにさりげなく乗る、というカーライフも面白そうだ。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:和田 清志]

キャデラック/XT4
キャデラック XT4カタログを見る
新車価格:
640万円760万円
中古価格:
422.4万円675.9万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ryugon(龍言)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

キャデラック XT4の最新自動車ニュース/記事

キャデラックのカタログ情報 キャデラック XT4のカタログ情報 キャデラックの中古車検索 キャデラック XT4の中古車検索 キャデラックの記事一覧 キャデラック XT4の記事一覧 キャデラックのニュース一覧 キャデラック XT4のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる