アウディ TTクーペ 試乗レポート

アウディ TTクーペ 試乗レポート
リアスタイリング エンジン インパネ ステアリング シート ラゲッジスペース タイヤ&アルミホイール 試乗 テールランプ フロントスタイリング 画像ギャラリーはこちら

ほかに類を見ない斬新なデザインは今も健在。

テールランプエンジン

大胆なフォルムで世界に衝撃を与えたアウディTTクーペがヨーロッパでデビューをしたのは1998年の夏のこと。以来すでに丸5年の歳月が流れたが、今見てもTTのルックスは斬新そのもので決して古さを感じさせない。「ホイールの上のデザイン」と称するように4つの車輪をことさらに強調したTTクーペのエクステリア・デザインは、アーチ型のルーフラインと丸みを帯びたフロント/リアエンドの処理がさらに個性を決定付ける。ただし「丸いテールは空力性能に劣る」というのは今や世界の常識。ゆえにTTクーペでも、「当初はデザイナーがかたくなに拒否した」というリアスポイラーの装着を結局余儀なくされたというエピソードも伝わっている。

ハードウェア上のベースは現行のA3。より高い走りのパフォーマンスを有するA4用のコンポーネンツをベースに用いなかったのも、「TTならではのショートオーバハング・プロポーションを実現させるためには、エンジン縦置きのA4ではなく横置きのA3をベースにする必要があったため」と言う説明だ。

ユニークなデザインと質感の高さを両立。

インパネシート

全長わずかに4mプラスというコンパクトさながら、個性的なエクステリア・デザインによって圧倒的な存在感を放つTTクーペ。が、インテリアのデザインもそんなエクステリアに負けてはいない。それどころか「これならばインテリアのデザインだけで購入を決めても良い!」と思わず言わせてしまうほどのインパクトを味わわせてくれるのがこのクルマの室内でもあるのだ。

「アルミに見える部分には、すべて本物のアルミ」というTTクーペのインテリアだが、それも含めてその質感の高さは特筆レベル。ダッシュボード中央部の空調吹き出し口は前方へと“貫通したデザイン”を採用するなど、こちらも何とも大胆で個性的だ。

ユニークなのは視界の広がり感で、デザイナーはこのクルマに乗った際の景色の広がりを「フルフェイスのヘルメットから外界を覗き見た感じ」と表現している。実際に乗ってみるとそれも“さもありなん”の印象。なおスペース的にはやはりあくまでも前席の2人が優先。合法的に2人が後席にも乗れるが大人ではテールゲートのガラスが頭上に迫り、決してゆったり座るというわけには行かない。

AT仕様は専用設計の6速ティプトロを採用。

ステアリングリアスタイリング

これまでMT仕様のみだったアウディTTクーペだが、2002年の11月についにAT仕様車が登場。180psエンジンを搭載するFWDモデルに組み合わされたトランスミッションは、シーケンシャルモードの付いた先進の6速トルコン式AT“ティプトロニック”だ。一方、このモデルの投入と同時に従来のMT 仕様のFWDモデルはカタログから落ち、日本の最新TTクーペは「225psエンジンを搭載する4WDの『1.8Tクワトロ』と180psエンジンを搭載するFWDの『1.8T』の二本立てになった。

1.8Tの心臓で有効なターボブーストが発生するのは2500rpm以上。それ以下でも極端にトルクが細いわけではないが、昨今のターボ付きエンジンの中では比較的“段差”感がハッキリしているのがこのエンジンの特徴だ。そのために、スタート時にアクセルペダルを深めに踏み込むと、その後のブーストの立ち上がりと共に加速感が急激に盛り上がる傾向が強い。こうして滑らかなスタートが切り難いのは、このクルマの弱点の一つだ。 が、それを除けばシフト動作も滑らか。車両重量が『クワトロ』よりも100kg以上軽いため、全般的なクルマの動きがより軽快なのは美点に数えられる。

さらに過激なバージョンも……。

ラゲッジスペースタイヤ&アルミホイール

アウディTTクーペは今でも十分新鮮な香りを放つ一台。そして「そのルックスにこそ魅力を感じる」という人にとって、400万円を切った価格で提供されるAT仕様の『1.8T』の追加投入はなかなか魅力的なニュースと聞こえるはずだ。

一方、「本格的なスポーツモデルとしては4気筒エンジンであるのがちょっと…」と現在のラインナップにそんな不満を抱く人にも朗報がある。それは2003 年に「3.2リッターのV6エンジン搭載モデルを発表する」という計画が先日発表されたからだ。ちなみにこのV6モデルはそのトランスミッションに、2ペダル方式のMTを採用するというからまたこちらも楽しみ。

見た目上でもその内容でも、先進イメージを売り物にするアウディにまさにピッタリなコンパクトなスペシャルティカーがTTクーペなのである。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

河村 康彦
筆者河村 康彦

1960年東京生まれ。工学院大学機械工学科卒。モーターファン(三栄書房)の編集者を経て、1985年よりフリーランスのモータージャーナリストとして活動を開始し、現在に至る。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー選考委員 などを歴任。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

アウディ TTの最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ TTのカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ TTの中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ TTの記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ TTのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる