メーカー純正カスタマイズの魅力って?

  • 筆者: 永田 トモオ

メーカー純正カスタマイズってどんな感じ?

チューニング、ドレスアップ、カスタマイズ……。クルマいじりの楽しみは、いつの時代も同じだ。愛車を自分の好みに合うように、自由にカスタマイズするのは、世界共通の文化といっていい。

ただ、今やカスタマイズの世界は、タイヤやホイールの交換からエンジンチューニングまで本当に幅広く、まだまだビギナーにはアフターマーケットのパーツを選びきれないところがある。

そんな中で、ユーザーからの支持が年々高まっているのが、自動車メーカーが純正、または純正並と認めるカスタマイズブランドだ。メーカーが公認するくらいだから、パーツの性能は折り紙つき。パーツ自体の品質も純正並で、無理なく装着できるよう作られていて、ビギナーが選ぶにももってこいだ。

>>■カッコいい純正カスタマイズはコレ![フォトギャラリー]

レース発祥が多い国産メーカー

そんな純正カスタマイズブランドを挙げると、トヨタならTOM'S(トムス)やTRD、モデリスタ、日産ならNISMO(ニスモ)、ホンダなら無限とモデューロ、スバルではSTIなどが代表的。いずれも専門ブランドで、原則的に他メーカーのパーツを作ることはない。

トムスは、もっとも古いブランドのひとつ。トヨタとの資本関係はないが、1970年代のトヨタのレース活動中止時に、それを引き継ぐ形で設立された。それだけに、サスペンションやマフラー、ボディ補強パーツなど、走りに関するパーツが得意。コンプリートカーも販売している。TRDは、トヨタ傘下のトヨタテクノクラフトのチューニングブランド。レーシングカーの開発も行っており、機能パーツはよりハードな走りを指向している。トヨタ直系だけに車種ラインアップも幅広い。

NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)は、日産のレース活動の母体として1980年代に設立。ニスモ・バージョンのコンプリートカーは人気で、クルマ全体のバランスを考えたパーツ作りがなされている、まさにメーカー純正ブランドだ。

無限も古く1970年代の設立。ホンダとの資本関係はないが、80年代からホンダのセミワークスとしてレース活動を行いっている。カスタマイズもホンダ系の老舗で、スポーツモデルをメインにパーツをラインアップする。一方、トータル指向のエアロデザインが魅力なのがモデューロ。ホンダ純正アクセサリーブランド、アクセスのドレスアップ部門だ。

チューナー色の強い海外メーカー

では海外はというと、メルセデス・ベンツのAMG、BMWのM Gmbh、アウディはアウディスポーツが代表的。いずれもドイツのメーカーで、カスタム部門というより、チューナー的色彩の強さが日本のブランドとの違いだ。

AMGは現在メルセデスの上級ブランドになっているが、元々は専門チューナー。日本では主に正規ディーラーがパーツを扱っていて、メルセデスのユーザーが憧れるブランドとなっている。

M Gmbhは、Mモデルの開発で知られるBMWの研究・開発部門。一般車向けに、Mパフォーマンスという純正カスタマイズパーツをラインアップしている。優れたデザインと品質は日本でも高い人気だ。

アウディスポーツはアウディのRSモデルを生産するスポーツカーブランド。まだ新しいブランドなので、積極的にパーツを販売しているわけではないが、正規ディーラーからパーツを取り寄せてもらうユーザーも少なくない。やはり品質の高さが魅力だ。

車検OKが最大のメリット

そして、メーカー純正カスタマイズのもうひとつの魅力は、メーカー公認ということで、ほとんどのパーツが装着したまま車検が受けられることだ。

もちろん、メーカー純正ではなくても車検を通るアフターマーケットのパーツは数多い。純正を凌ぐ品質のブランドだっていくつもある。それでも、パーツによっては車検時に証明書や強度計算書などが必要になったり、持ち込む車検場や、車検をまかせるディーラーの解釈で、面倒が増えたりもする。だから、ハードなチューニングやレース、極限的なドレスアップまで考えているのでなければ、メーカー純正のカスタマイズブランドは理想的。日常使いでのバランスのよさが、メーカー純正カスタマイズの持ち味なのだ。

[筆者:永田 トモオ]

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者永田 トモオ
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

メルセデスAMG GTの最新自動車ニュース/記事

メルセデスAMGのカタログ情報 メルセデスAMG GTのカタログ情報 メルセデスAMGの中古車検索 メルセデスAMG GTの中古車検索 メルセデスAMGの記事一覧 メルセデスAMG GTの記事一覧 メルセデスAMGのニュース一覧 メルセデスAMG GTのニュース一覧

メルセデスAMG Eクラスの最新自動車ニュース/記事

メルセデスAMGのカタログ情報 メルセデスAMG Eクラスのカタログ情報 メルセデスAMGの中古車検索 メルセデスAMG Eクラスの中古車検索 メルセデスAMGの記事一覧 メルセデスAMG Eクラスの記事一覧 メルセデスAMGのニュース一覧 メルセデスAMG Eクラスのニュース一覧

メルセデスAMG Gクラスの最新自動車ニュース/記事

メルセデスAMGのカタログ情報 メルセデスAMG Gクラスのカタログ情報 メルセデスAMGの中古車検索 メルセデスAMG Gクラスの中古車検索 メルセデスAMGの記事一覧 メルセデスAMG Gクラスの記事一覧 メルセデスAMGのニュース一覧 メルセデスAMG Gクラスのニュース一覧

自動車評論家コラムの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事