autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ザ・ビートル 試乗レポート/石川真禧照

試乗レポート 2011/11/16 19:20

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 試乗レポート/石川真禧照(1/2)

関連: フォルクスワーゲン Text: 石川 真禧照 Photo: フォルクスワーゲン グループ ジャパン
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 試乗レポート/石川真禧照

3代目ビートルは、初代の設計思想へ原点回帰!その名は「ザ・ビートル」

 ビートルといえばフォルクスワーゲンが1938年に発表したクルマ。設計したのは、のちに世界的スポーツカーになったポルシェを立ち上げたF・ポルシェ博士。合理的な設計で、50年以上にわたり、2150万台が生産された。

曲面を強調したボンネット、ルーフからテールにかけてのラインは独特のデザインで、多くのビートルマニアを生みだした。

その後、1998年に初代のデザインをモチーフにした2代目ニュービートルは、実用性よりもファッション性を優先したモデルとして登場。このクルマも100万台を売るヒットになった。

そして、2011年に3代目ビートルがデビューした。3代目の呼び名はザ・ビートル。スタイリングは2代目からの進化型だが、その中味や設計思想は初代ビートルに戻り、実用性を重視し、スポーティなテイストも上回っている。

スペックも2代目より、上級志向になり、ボディも大きくなった。全長は4278mm(+148mm)、全幅1808mm(+73mm)、全高1486(-14mm)、ホイールベース2573mm(+22mm)に拡大。

エクステリアはルーフを低く、長くし、やや前傾姿勢を強調したデザインを採用。フォルクス・ワーゲンでは唯一になった丸型のヘッドライトも特徴だ。

ただし中味は最新のバイキセノン+LEDのスモールランプがオプションで選べるなど、最新の装備が投入されている。

もうひとつ、他のモデルとの違いはグレード名だ。ベーシックグレードは「ビートル」、中間が「デザイン」,最上級が「スポーツ」になる。この名称もビートルだけのものだ。

エンジンは4つのガソリン仕様と2つのディーゼルが用意されている。最強は4気筒2.0リッター直噴ターボ、200馬力。他は5気筒2.5リッター/170馬力、4気筒1.4リッターツインチャージャー/160馬力、1.2リッターターボ/105馬力がガソリン。ディーゼルは2.0リッターと1.6リッターのターボだ。

日本仕様のエンジンは1.2リッターターボ、7速DSGと組み合わされる。燃費も16.9km/L(欧州モード)を達成しているエコエンジン。しかし、0~100km/h加速は10秒台、最高速も180km/hと高性能な仕上がりだ。

サスペンションはフロントがストラット、リアはトーションビーム式と2代目を踏襲している。

ただし、ESP(エレクトロニック・スタビリゼーション・プログラム)は標準装備された。

2.0リッターモデルはさらに、リアサスが新開発のマルチリンク式になり、エレクトロニック・ディファレンシャル・ロック(XDS)が装備された。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン の関連記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円