autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エンタメ 愛車紹介 石井一也選手/今井優杏の「あなたの愛車教えて下さい!」 2ページ目

レーサー愛車紹介 2011/12/12 14:37

石井一也選手/今井優杏の「あなたの愛車教えて下さい!」(2/3)

関連: トヨタ ヴィッツ Text: 今井 優杏 Photo: 今井優杏
石井一也選手/今井優杏の「あなたの愛車教えて下さい!」

ヴィッツRSで800km程度の走行なら全然苦になりません

石井一也選手と愛車のヴィッツ RS

―エンジンルームを拝見しましたが、エアクリーナーなども変更されてるんですよね?

エキゾーストがTRD製で、マフラーも変えてますので、効率は上がってます。このVVTIというエンジンは可変バルブのシステムが入っているので、この可変バルブが効き始めたときに、変更している部品が力を発揮するんですよ。だから低回転は少し乗りにくいんですが、ある程度回転が上がって来るとかなり楽に乗れますね。

―ではこれで長距離も走るんですか?

はい。京都在住なんですが、スーパーGTが開催されたオートポリスまで800km走りました。

―800km!

全然苦じゃないですよ。むしろ低速のトルクが細いので、街中で走る方が辛いです(笑)。足回りもTRDのスポーツM専用サスペンションが入ってますしね。

―ところで、レースを始めたきっかけは何だったんですか?

父が趣味でバイクのレースをしていたんです。その影響もあってか、小さい頃からクルマが好きでした。ちょうど小学校2年生のときにグランツーリスモというゲームが出て、それをずっとやってたんです。とにかくずーっと!それを見かねた父が「そんなに好きなら本物に乗せてやる!」と小学校3年生でキッズカートに乗せてくれたのがきっかけですね。

―うわ~、もうそういう世代なんですね!始めて“ホンモノ”に乗った時はいかがでしたか?

ゲームをやっていたせいか、最初から結構ちゃんと乗れたんですよ!一番最初に出たレースもいきなり勝ってしまって。それが小学校4年生の時でした。最初はレーシングドライバーになりたい、というよりもただ好きだという気持ちの方が大きかったんですよ。だけど成績が出てくるにつれて、ステップアップしたいと思うようになりました。

―ではカートからFCJ、つまりフォーミュラに進もうと思ったのは自然な流れだったんですね。

ヤマハとトヨタがスカラシップで提携関係を築いた時に、一番最初にそこに上がって行ったのがカートでも最高クラスで2連覇をされるなどして圧倒的に強かった片岡龍也さん、そのあとに小林可夢偉君や中嶋一貴君が続いたんですけど、まずヤマハワークスでカートを極めたら次はフォーミュラに、しかもに進むというのが一つの目標にもなっていたんです。

僕はヨーロッパでカートのレースに参戦した後にFTRSのオーディションを受けました。

―ちなみに素朴な疑問なんですけど、FTRSなどのオーディションを受ける際、ヤマハのスカラシップ生だったとかいうのは、査定材料としてプラス評価に繋がったりするものなんですか?

いや、全然関係ないと思います。単にヤマハからの推薦で受けに来ましたよ、というのが書面上で明確になる程度です。

―じゃあいくらカートですごい成績を出していても、フォーミュラ界に入るときにはゼロスタートなんですね。

そうです、イチからみんな一緒にスタートです。今年もヤマハワークスのカート選手がFTRSに挑戦しましたが、落ちてしまいましたから。

―厳しい世界なんですね…

トヨタ ヴィッツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴィッツ の関連記事

トヨタ ヴィッツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴィッツ の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴィッツ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25