autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム ライバルのスズキとダイハツをトヨタはどう扱う?改めて検証「トヨタとスズキ」提携の理由

自動車評論家コラム 2016/10/14 11:38

ライバルのスズキとダイハツをトヨタはどう扱う?改めて検証「トヨタとスズキ」提携の理由(1/2)

関連: トヨタ , スバル Text: 国沢 光宏 Photo: オートックワン編集部/トヨタ自動車
ライバルのスズキとダイハツをトヨタはどう扱う?改めて検証「トヨタとスズキ」提携の理由

スズキvsダイハツは今後どうなる?

トヨタとスズキが提携へ

トヨタ/スズキの記者会見を聞いていて一番理解出来ないのが「どんな協力関係を築けるのだろうか?」という点だった。改めて検証してみたい。

まず国内市場。スズキの主力製品は言うまでもなく軽自動車である。このジャンルのライバルと言えば、先日トヨタが100%子会社にしたダイハツ。

ダイハツとしては今後もシェアを守らなければならないため、スズキ優位になるお手伝いなど考えられないこと。部品の流用だってスズキのシェアを落とすという約束をしてからでないと無理。スズキ側からしてもダイハツに美味しい技術や部品を提供したら自社の優位性を失う。

軽自動車以外のモデルはどうか?

スズキがトヨタからハイブリッドのユニットを供給してもらっても売れると思えない。実際、マツダはトヨタのハイブリッドシステムを搭載して販売しているが、足回りの良さでプリウスに勝っているのに全く売れない。軽自動車同様、協業考えられず。

圧倒的にリードしているインド市場はスズキに

トヨタとスズキが提携へ

海外戦略ならどうか?

スズキが存在感を出しているのはインド。圧倒的なリードを保っている。今年1月「インド市場でスズキとトヨタ提携か?」という記事を日経新聞が報じたほど。

しかしトヨタはダイハツに担当させるという独自路線を打ち出した。当然ながらダイハツにとっても大きなチャレンジ。

もしダイハツの投資をトヨタがリスクだと考えるなら、インド市場はスズキに任せられる。スズキに資本入れたVWも、このあたりの損得勘定を重視したんだと思う。

トヨタブランドは、スズキの上級モデルにしていけばOKだし。トヨタ側にとって一番大きなメリットになるだろう。

インドネシアに代表される東南アジアは、トヨタ/ダイハツチームとスズキのバトルになっている。ただインドと違い、スズキに押されたらダイハツは凹む。日本国内の軽自動車市場と同じ。すでに投資を済ませているダイハツが手を引くと思えないので、協業は難しいかもしれない。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26