autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】トヨタ 新型 プロボックス・サクシード[2014年ビッグ・マイチェンモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2014/9/18 19:00

【試乗】トヨタ 新型 プロボックス・サクシード[2014年ビッグ・マイチェンモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/5)

【試乗】トヨタ 新型 プロボックス・サクシード[2014年ビッグ・マイチェンモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎

愛用する営業マンのため、考えに考え抜かれたインパネのデザイン

トヨタ 新型 プロボックス バン GL[FF] インテリアトヨタ 新型 プロボックス バン GL[FF] インテリア

そんなことを考えながら、新型 プロボックス「1.3DXコンフォート」の運転席に座ると、さらに納得させられた。インパネの造りが「営業まわりなどの移動手段」にピッタリな仕上がりに刷新されていたからだ。

ハンドルの左脇にはスマートフォンがスッポリと収まるマルチホルダーが装着され、その下にはアクセサリーコンセントと100V/100W電源(メーカーオプション)が並ぶ。ホルダーに収めたまま短いコードを繋げばスマホの充電が可能だ。さらにその下には、コンビニで買える安い1リットルの紙パックドリンクがすっぽり収まるセンタートレイや、ビニール袋を引っ掛けられるコンビニフックが揃う。

左上にはA4サイズのノートパソコンや弁当を置ける引き出し式のインパネテーブル、その下の隙間にはA4サイズのバインダーが入る薄型のインパネトレイが備わる。左側はグローブボックスではなく、開閉可能なラックになる。運転席と助手席の間には、ビジネスバッグを置くことも可能だ。

これはもう「走るオフィス」だ

トヨタ 新型 プロボックス バン GL[FF] インテリア

これはちょっとした走るオフィス。パソコンを使い、昼食を食べ、前席のリクライニング角度も76度と大きいから、商談の合間に休憩も取れる。その充実ぶりはハイエース以上で、荷物の積載性よりも仕事中の居住性を重視した。

ただし機能を優先させたから見栄えは良くない。エアコンのスイッチは逆L字型に配置した。クルマのデザイナーは、当たり前だが見栄えを重視するので、機能を優先させたい開発者と喧嘩にならなかったのか? そこを開発者に尋ねると『まずは私がスケッチを描き、開発側の意図を詳細に説明した』と言う。とはいえ、デザイナーを説得するには相当に苦労したと思う。

実は遠い未来を先取りしたデザインだった!?

トヨタ 新型 プロボックス バン GL[FF] インテリアトヨタ 新型 プロボックス バン GL[FF] インテリア

読者諸兄も、インパネの写真を見て「何だこれは!?」と思ったのではなかろうか。マルチホルダーの下側のセンタートレイは妙に間が抜けた感じなのに、引き出し式テーブルとエアコンスイッチのあたりは繁雑だ。いろいろな機能を無雑作に取り付けたように見える。

ところが実際に使うと、配置のされ方が機能的で、デスクに向かって座っている気分になった。ディーラーの展示車をチェックする価値は十分にあると思う。

余談だが、自動運転が遠い将来(簡単にはできない)に実現した時のインパネは、きっとプロボックス/サクシードを進化させたような造りになっているだろう。車両の運行状態を監視しながら、移動の時間を有効に活用できるからだ。

[「仕事場」のシートも良くなった! 続きは次ページへ]

トヨタ 新型 プロボックス バン GL[FF] インテリアトヨタ 新型 プロボックス バン GL[FF] インテリアトヨタ 新型 プロボックス バン GL[FF] インテリアトヨタ 新型 プロボックス バン GL[FF] インテリアトヨタ 新型 プロボックス バン GL[FF] インテリア

トヨタ プロボックスバン 関連ページ

トヨタ サクシードバン 関連ページ

トヨタ プロボックス 関連ページ

トヨタ サクシード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プロボックスバン の関連記事

トヨタ プロボックスバンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プロボックスバン の関連記事をもっと見る

トヨタ プロボックスバン の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28