autoc-one.jp 記事・レポート 日本版コンシューマレポート 日本版コンシューマレポート-スズキ ワゴンR ユーザー試乗レビュー-

コンシューマレポート 2010/9/24 17:03

日本版コンシューマレポート-スズキ ワゴンR ユーザー試乗レビュー-(1/6)

日本版コンシューマレポート-スズキ ワゴンR ユーザー試乗レビュー-

「軽なのに、こんな立派に作りおって!」。鈴木修会長兼社長は現行「ワゴンR」の誕生時、同車開発陣に向かってそう言った。この言葉には、表と裏がある。

表とは、「ワゴンR=スズキの生命線」「ワゴンR=スズキの象徴」として、「ワゴンRのさらなる進化を賞賛」したこと。

裏とは、「ユーザーの声を大いに反映するのは良いが、コンパクトカー並みのコストがかかるような、軽自動車の上質化について、再度の社内議論が必要だ」ということだ。

「ワゴンR」は、言わずと知れた軽自動車のベストセラーだ。

93年に初代ワゴンRが登場。そして2008年9月、現行の第四世代が登場した。第三世代~第四世代への転換期である2008年4月~2009年3月、軽自動車・日本国内販売台数第一位は、20万8,494台で「ワゴンR」。

第四世代のみの2009年4月~2010年3月、同販売台数の第一位は、19万3,430台でやはり「ワゴンR」だ。その後の2010年4月、5月の単月でも「ワゴンR」が同第一位。

だが、2010年6月~8月は僅差で「タント」に次いで2位。また同年7月、新車で100万円を割る価格の「マーチ」が登場するなど、軽の王者「ワゴンR」周辺には強力な包囲網が張られている。

はてさて、今後も「ワゴンR」の天下は続くのか?どうなる「ワゴンR」!?

全国各地からの「ワゴンR」への「生の声」、ジックリご覧頂こう。

・車両価格

(FX)1,071,000円/(FX アイドリングストップ車)1,197,000円/(FX リミテッド)1,181,250円

(スティングレー X)1,233,750円/(スティングレー T)1,417,500円

 ・発売日

2008年9 月25日(第四世代)

 ・メーカー月間販売台数

(8月)13,455台/(7月)15,987台/(6月)15,485台

・ユーザー試乗募集時期

2010年6月1日~2010年7月12日

スズキ ワゴンR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24