autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 来年から始まる可能性大!任意保険の「自動ブレーキ割引」、割引率は性能差で決めるべき!

自動車評論家コラム 2016/1/1 20:41

来年から始まる可能性大!任意保険の「自動ブレーキ割引」、割引率は性能差で決めるべき!

来年から始まる可能性大!任意保険の「自動ブレーキ割引」、割引率は性能差で決めるべき!

来年1月から任意保険の自動ブレーキ割引が始まる模様。

その際、話題になりそうなのは「良い自動ブレーキと良くない自動ブレーキ」の割引率の差になると思う。あまり話題に上がらないものの、自動ブレーキの性能差、驚くほど大きい。

JNCAP(自動車アセスメント)で行っている簡単な比較試験でも無視出来ないデータが出ているのだった。

参照:http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/list_all.html

いくつかの試験を行っているけれど、基準になるのは「停止している車両を検知して急ブレーキで止まれる性能」である。この試験、検知/判断/制動という自動ブレーキの基本性能が出てしまう。性能が低いシステムだと高い速度域から停止することが出来ない。

JNCAP(自動車アセスメント)スバル レヴォーグ 自動ブレーキテスト結果JNCAP(自動車アセスメント)レクサスIS 自動ブレーキテスト結果

車種毎の評価データの『AEBS試験』に注目。左の数値が試験開始速度、50km/hとあれば停止している車両に50km/hノーブレーキで接近した時の状況。

もし『衝突時相対速度』が『0km/h』となっていれば、衝突せずに停止出来たということ。例に挙げたレヴォーグの場合、試験を行った車速全てで停止出来ている。

続いて『レクサスIS』の結果をみよう。これを見ると20km/h未満の試験は行っていない。行っても止まれないからだ。

ISのセンサーはミリ波レーダーなのだけれど、距離を正確測る性能が極めて低い。したがって20km/hに届かない速度域だと、衝突しようとしている車両との距離を測れない。

いや、20km/hで行った2回目の試験でもほとんど失敗しており、たった2km/hしか減速出来なかった。25km/h以上は全て正確に稼働しておらず、40km/hからの試験など36.7km/hで衝突してしまった。

「運が良ければ20km/hなら止まれるかも」という自動ブレーキを、レヴォーグの自動ブレーキと同じ割引率にすることなど、到底おかしい。

JNCAP(自動車アセスメント)ダイハツ ムーヴ 自動ブレーキテスト結果JNCAP(自動車アセスメント)トヨタ カローラ自動ブレーキテスト結果

また、同じタイプのセンサーを使っていても驚くほど性能差がある。ダイハツ・ムーヴカスタムと、トヨタ・カローラアクシオは、ライダー(赤外線レーザーの国際標準表記)+カメラを組み合わせたシステム。

なのにカローラアクシオが10~50km/hまで全て停止しているのに対し、ムーヴは10~25km/hでしか止まれず。

といった具合で自動ブレーキとひとくくりにするのが難しいくらい性能は違う。お正月休みにでもJNCAPの試験結果など御覧になって頂きたい。

アイサイト(Ver.3だけでなくVer.2でも十分だと感じるほど)の圧倒的な性能に驚くと思う。

[Text:国沢光宏]

筆者: 国沢 光宏

スバル レヴォーグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レヴォーグ の関連記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21