autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル レガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT 試乗レポート/大谷達也 2ページ目

試乗レポート 2012/5/26 03:00

スバル レガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT 試乗レポート/大谷達也(2/3)

関連: スバル レガシィツーリングワゴン Text: 大谷 達也 Photo: オートックワン編集部
スバル レガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT 試乗レポート/大谷達也

2.0GT DITに搭載された水平対向エンジン「FA20」は、BRZとはちょっと異なる

スバル レガシィ ツーリング ワゴン 2.0GT DITスバル レガシィ ツーリング ワゴン 2.0GT DIT

そのスバル製水平対向エンジンに新しい仲間が加わりました。

300psを絞り出す新世代の2リッター直噴ターボエンジン、その名は「FA20」。

「お、BRZと同じじゃない?」と思うかもしれませんが、それは半分正しくて半分間違っています。確かに基本はBRZ用と同じで、ボア×ストロークも86×86mmで共通。ターボが付いているのを別にすれば、“直噴”というところまで同じ。

でも、「チッチッチッチ」。BRZの直噴はトヨタ譲りのD-4Sで、少し難しいことをいうと直噴とポート噴射を組み合わせた“ハイブリッド・インジェクション”。ところが、レガシィ ツーリングワゴン 2.0GT DITの直噴はスバルが独自に開発してきた“純粋・直噴”でポート噴射はなし。そうすることで、排気量2リッターながら300psのハイパワーを実現しているのです。こんなところにもスバルの強いこだわりが感じられます。

それと、このエンジンはスバルの水平対向のなかでも新しい思想を取り込んだ新世代バージョン。水平対向がやや苦手としていた「コンパクトな燃焼室」とすることで、燃費性能や排ガス性能を改善しているんです。ちなみに、先代の2.5リッターターボに比べると、燃費はおよそ20%も改善されているとか。

しかも、最高出力だって2.5リッターの285psから300psに向上。最近のダウンサイジング・コンセプトに従って排気量は小さくなりましたが、むしろパワフルで燃費もいいという、良いことずくめのエンジンなんです。

レッドゾーンまでの伸びが本当に気持ちいい

スバル レガシィ ツーリング ワゴン 2.0GT DIT

実際に試乗してみると、もう昔みたいに「ボロボロボロ・・・」という重々しい“ボクサー・サウンド”を響かせることはありません。もっとシャープに、“シュン”とエンジンがかかり、スムーズに回っていく。これだけでも「新しくなったなあ」としみじみ思います。

レガシィ ツーリングワゴン 2.0GT DITで街中を大人しく走った印象は、2リッターで300psというパワーも気むずかしさも感じさせない、ある意味フツーのクルマです。

しかし、そこからジワッとアクセルを踏み込むと、ひと呼吸の助走区間を置いてからトルクが沸き上がってくる。一度トルクバンドに入ると、2リッターなんてことはもう完全に忘れてしまうほど“ズドーン”と一気に加速していきます。

しかもこの加速、3,000rpmくらいの中速域から5,000rpmを超す高回転域まで、どこで踏んでも変わることがない。どこから踏んでも、バランスの良さを保ったまま、エンジン回転数はヒューッと上昇していく。おかげで、タコメーターの針はレッドゾーンの始まる6,000rpmまで、あっという間に届いちゃいます。

すると、新開発のギアボックスがスパッとシフトアップするんですが、その瞬間まで回転数の伸びが本当にいいので、まるでエンジンから「あれ、もうシフトアップしちゃうの?」と残念がる声が聞こえてきそうな気がするほどです。そのくらいスムーズで本当によく回ります。

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事

スバル レガシィツーリングワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事をもっと見る

スバル レガシィツーリングワゴン の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26