autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ベストバイカー 2009年上半期ベスト・バイ・カー【国産車】/岡本幸一郎

ベストバイカー 2009/7/8 15:01

2009年上半期ベスト・バイ・カー【国産車】/岡本幸一郎

2009年上半期ベスト・バイ・カー【国産車】/岡本幸一郎

トータルベストカー/スバル レガシィ

スバル レガシィB4 走行イメージ1
スバル レガシィB4 走行イメージ2スバル レガシィB4 インパネ

4代目以前のレガシィを気に入っている人にとっては、5代目の新型レガシィのサイズは大きすぎるかもしれないし、デザインにもなじめないかもしれない。

それでも、レガシィが5代目になるにあたり、世界へ目を向けた時の在り方、あるいはスバルの限られた車種ラインナップの中における位置付けを考えたときに、こうしたクルマになるのは必然性もあってのことでしょう。

いずれにしても、このクルマが持つコアバリューの高さは疑うべくもなし。

先代と比べて不満点を解消するとともに、ユーザーが期待する部分についてはキチンと応えていることに対して、積極的に評価したいと思います。

結果的に、価格に対するバリューの高さ、走りの仕上がりなど、今期登場した国産車でもっとも総合力に勝るのは、断然レガシィだと思っています。

ベストドライビングカー/日産 GT-R specV

日産 GT-R specV フロント
日産 GT-R specV ロゴ日産 GT-R specV フロントシート

このクルマを挙げるなんて、あまりにもベタかもしれませんが、やっぱりスペックVでしょう!

このクルマに乗ったときの興奮を思い出さずにはいられません!

スペックVが身に着けている絶対的な「速さ」は、それだけで文句なく「ドライビングプレジャー」。

もっとスパルタンな乗り味を予想していたのだけど、実際には非常に洗練された走りであることにも感心させられました。

とてつもなく速くて、しかも大きくて重たいクルマなのに、手の内で攻められる感覚で、パワーをかけても横に逃げることなく、前へ前へグイグイと進んでいく。

世の中には高性能を謳うクルマがいくつも存在しますが、スペックVには、自動車の「走り」というものに一つの頂点を見た気がします。

ベストデザインカー/レクサス IS250C

レクサス IS250C フロント
レクサス IS250C ステアリングレクサス IS250C オープン時4座シート

ベースのレクサス ISについても、セダンとしてはかなりスタイリッシュだと思っていたのですが、それを2ドアクーペ・カブリオレにしたこのIS250Cも、その良さを受け継いでいます。

リアシートの居住空間も比較的きちんと確保していながらも、ルーフを開けても閉めてもスタイリッシュなルックスを実現しているところもポイントです。

価格もそこそこ高いし、強力なライバルも多いカテゴリのクルマなので、このクルマを街で見かけることはあまりないかもしれませんが、実際に見たときにはかなり印象に残るのではないかと思います。

ホワイト&レッドのド派手なインテリアも大いに興味アリ。

スタイリッシュなクルマをお探しの方へ、是非おススメします。

スバル レガシィB4 関連ページ

日産 GT-R 関連ページ

レクサス ISコンバーチブル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィB4 の関連記事

スバル レガシィB4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィB4 の関連記事をもっと見る

スバル レガシィB4 の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21