autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マクラーレン MP4-12C 試乗レポート/西川淳

試乗レポート 2011/3/10 16:35

マクラーレン MP4-12C 試乗レポート/西川淳(1/4)

Text: 西川 淳
マクラーレン MP4-12C 試乗レポート/西川淳

その重量、たったの「75キロ」

またひとつ、スーパーカーの歴史に伝説が生まれようとしている。

過去に、3座のスーパーカー/F1やメルセデスとのコラボモデル/SLRを世に送り出したマクラーレンが、今度は完全オリジナル設計の2シーター・ミッドシップ・スーパーカーを作り上げた。

マクラーレン MP4-12Cマクラーレン MP4-12C

このMP4-12Cを手始めに、マクラーレンは世界一有名なレーシングチームのひとつという顔のほかに、スーパーカーメーカーとしての顔も持つ事になる(第2弾、第3弾も既に計画されている!)。

12Cの“核”となるのは、彼らがモノセルと呼ぶ、一体成型のバスタブ型カーボンファイバー強化プラスチック製(CFRP)モノコックボディだ。その重量は、たったの75キロだ。

フォーミュラ1とロードカーの分野において、世界で最初にCFRPボディ構造を使ったのが、何を隠そうマクラーレンだったわけだから、その選択そのものに驚きはない。

それよりもむしろ、これまで50万ドル超級のスーパースポーツにしか採用されていないCFRPボディ(レクサスLFAを思い出して欲しい)を、フェラーリ458イタリア級の価格帯で実現したことに驚く。

カーボンファイバーの自動車における歴史が、また一歩前進したというわけだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!