autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スズキ、新型スイフトスポーツを発売!初の3ナンバーボディに2.2リッター並の1.4ターボ搭載

自動車ニュース 2017/9/13 11:30

スズキ、新型スイフトスポーツを発売!初の3ナンバーボディに2.2リッター並の1.4ターボ搭載

スズキ 新型スイフトスポーツ

スズキは、小型乗用車の新型スイフトスポーツを9月20日より発売する。価格(消費税込)は、6MTモデルが183万6000円、6ATモデルが190万6200円。

>>新型スイスポを写真でチェック!(画像120枚)

新型スイフトスポーツは、1.4リッター直噴ターボエンジンや軽量高剛性なボディ、新開発サスペンション等の採用により、圧倒的な動力性能とハンドリング性能を実現。クルマを操る楽しさをさらに高めた。

新型スイフトスポーツ(スイスポ)

スズキ 新型スイフトスポーツ

スイフトスポーツは、スイフトのスポーツモデルとして2005年に誕生し、日本をはじめ欧州を中心とした海外市場において、走行性能を徹底的に高めたコンパクトスポーツとして高く評価されている。

3代目となる新型スイフトスポーツは、軽量化技術とともに走行性能を向上させた新型スイフトをベースに、日常での使いやすさを確保しながら、より高性能なホットハッチへと進化した。

最大トルク230N・mを発揮する1.4リッター直噴ターボのK14C型ブースタージェットエンジンや、軽量高剛性な新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」採用による先代モデル比70kgの軽量化、新開発サスペンションにより高い動力性能とハンドリング性能を実現。卓越した性能を感じさせる力強いデザインに加え、スポーティなエキゾーストサウンド、専用セミバケットシートなどスポーツマインドを高揚させるスポーツ要素の演出にもこだわった。

さらに、スズキ初採用となる車線逸脱抑制機能をはじめ、単眼カメラとレーザーレーダーで前方の歩行者やクルマを検知して衝突時の被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をメーカーオプション設定(セーフティパッケージ装着車)し、安全装備も充実させた。これにより、セーフティパッケージ装着車は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーSワイド」に該当する。

>>新型スイスポを写真でチェック!(画像120枚)

圧倒的な動力性能とハンドリング性能による走行性能の追求

パワートレイン

スズキ 新型スイフトスポーツ

・低回転から高トルクを発揮する1.4リッター直噴ターボのK14C型ブースタージェットエンジンを搭載。1.4リッターの小排気量ながら、最高出力103kW/5500rpm、最大トルク230N・m/2500-3500rpmで、2.2リッター自然吸気エンジン相当の力強さを発揮する。

・点火制御とターボ過給圧制御を専用チューニング。排気ガスの流入量を調節するウエストゲートバルブの開閉を、過給がかかりやすく反応に優れたノーマルクローズ制御とした。アクセル操作に対する反応を高め、過給応答性を向上。幅広い回転域で鋭い加速を実現した。

・スポーティなエキゾーストサウンドにチューニングを施した排気系をはじめ、吸気系、冷却系、懸架系を専用設計。走行性能の向上に加えスポーツ体感できる演出にこだわった。

・高トルクなエンジンの持ち味をより引き出すために、2~5速をクロスレシオ化した先代スイフトスポーツと同じギヤ比の6速マニュアルトランスミッションを採用。トルクアップがそのまま駆動力に伝わる、走りに特化した設定とした。

・最適なギヤ比を設定し、鋭い加速が得られる6ATを採用。

・高効率なパワートレインや優れた空力性能などにより、6MT車は16.4km/L、6AT車は16.2km/Lの燃費性能を達成。(JC08モード)

ボディ

スズキ 新型スイフトスポーツ

・新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」や軽量衝撃吸収ボディ「TECT(テクト)」の採用に加え、内装部品やシートに至る細部まで最適化し先代モデル比70kgの軽量化を実現。

・新型スイフトに対してトレッドを拡幅し、直進安定性、旋回性能を向上。国内仕様スイフトスポーツとして初の3ナンバーサイズのボディとした。

・空力パーツの造り込みにより揚力低減と空気抵抗の低減を高いレベルで実現し、空気抵抗を先代スイフトスポーツ比で約10%低減。

シャシー

スズキ 新型スイフトスポーツ

・ステアリング操作に対する高い追従性能を実現するため、専用ハブベアリングや専用トーションビームを採用し、車軸支持剛性を強化。

・専用スタビライザーやコイルスプリング、ブッシュ類などの採用により、ロール剛性を最適化した。

・スポーティな走行に特化した減衰特性のモンローのフロントストラット、リアショックアブソーバーを採用。

・強度と軽量化を両立した専用の17インチアルミホイールおよび、優れたグリップ性としなやかな接地性能を実現した195/45R17サイズのタイヤを採用。

・フロントブレーキサイズを拡大し制動力を確保。ディスク大径化やディスク厚を増すことで、高速領域の制動性能を向上した。

スズキ初の車線逸脱抑制機能をはじめ、充実の先進安全技術を搭載

スズキ 新型スイフトスポーツ

以下の安全機能と装備をセットでメーカーオプション設定(セーフティパッケージ装着車)。

◆デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)

・単眼カメラとレーザーレーダーで前方の歩行者やクルマを検知する衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめ、車線逸脱抑制機能、誤発進抑制機能(6MT車を除く)、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能と、ハイビームアシスト機能を搭載。

・スズキ初採用の車線逸脱抑制機能は、車線内の自車位置と目標走行経路を計算し、車線を逸脱しそうな場合はドライバーのステアリング操作を支援する。

◆SRSカーテンエアバッグ&フロントシートSRSサイドエアバッグ

◆アダプティブクルーズコントロール(ACC)

先行車との速度差や車間距離を測定し、あらかじめ設定した速度(時速約40キロ~約100キロ)で先行車との車間距離を保ちながら自動的に加速、減速し追従走行する。

◆リアシートベルトフォースリミッター&プリテンショナー(左右2名分)

走行性能の高さを感じさせる力強いデザイン

エクステリア

スズキ 新型スイフトスポーツ

・ノーズを前方にせり出させ、躍動感を強調した専用バンパー&グリル。

・軽快さと空力性能のベストバランスを追求したルーフエンドスポイラー。

・カーボン調シボを施したフロントグリルとバンパー下部、サイドアンダースポイラー、リアディフューザー。

・切削加工とブラック塗装を施した17インチアルミホイール。

・迫力のリアビューを演出する、存在感のある専用マフラー(デュアルエキゾーストパイプ)。

・専用車体色の黄色(チャンピオンイエロー4)をはじめ、全6色を設定。

>>新型スイスポを写真でチェック!(画像120枚)

インテリア

スズキ 新型スイフトスポーツ

・スポーツ走行時などに運転姿勢をしっかり支える形状の専用フロントシート(Sportロゴ入り)を採用。

・専用ドアアームレストオーナメント、インパネオーナメント、コンソールオーナメントを採用。車両前方から後方に向けて、赤から黒にグラデーションする柄でエキサイティングな走りを表現した。

・タコメーターの盤色を赤に、スピードメーターの盤色をダークシルバーとした強いインパクトのある専用メーターを採用。

・高精彩の4.2インチ大型カラードット液晶のマルチインフォメーションディスプレイをメーター中央に採用。ブースト計と油温計を追加し、スポーツドライビングをサポートするとともにスポーティ感を演出。

・表皮にディンプル加工を施し、グリップ性を向上させた専用本革巻ステアリングホイールを採用。アクセントとして赤クロスステッチとピアノブラック加飾を施した。

・6MTシフトノブにクロームメッキ、6ATセレクトレバーにサテンメッキ加飾を採用。シフトブーツに赤ダブルステッチを採用。

・スポーティで操作性に優れたステンレス製ペダルプレートを採用。

スズキ 新型スイフトスポーツの関連記事

スズキ 新型スイフトスポーツ最新情報|価格は183万円から!9月20日の発売日に向けて詳細情報を徹底解説

【動画】3代目となるスズキ 新型スイフトスポーツの走りを早くも動画で公開!

スズキ スイフト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ スイフト の関連記事

スズキ スイフトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ スイフト の関連記事をもっと見る

スズキ スイフト の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21