autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース VW 新型「ザ・ビートル」発売…4年ぶりにデザインなど刷新

自動車ニュース 2016/9/21 14:18

VW 新型「ザ・ビートル」発売…4年ぶりにデザインなど刷新

フォルクスワーゲン 新型「ザ・ビートル」

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、フォルクスワーゲンの原点でブランドのアイコンモデルである「The Beetle(ザ・ビートル)」を4年ぶりに刷新し、9月21日より販売開始した。

>>新型「ザ・ビートル」を写真で見る(73枚)

グレード構成は、「Base」、「Design」、「2.0 R-Line」(旧グレード名:Turbo)の3グレード。新型「ザ・ビートル」シリーズのハイライトは、デザイン、安全性、そして、コネクティビティである。今回導入する3グレードに搭載するパワートレイン(エンジン、トランスミッション)に変更はない。

ボディカラーは、2種類の新色“ストーンウォッシュドブルーメタリック”と“ボトルグリーンメタリック”に加え、限定車で好評だった“サンドストームイエローメタリック”と“ハバネロオレンジメタリック”を含む全8色を取り揃えた。

価格(消費税込)は、「Base」が2,349,000円、「Design」が2,699,000円、「2.0 R-Line」が3,459,000円。

「Design」は最大32通りのカラーコンビネーションを設定

フォルクスワーゲン 新型「ザ・ビートル」
フォルクスワーゲン 新型「ザ・ビートル」

デザイン面では、フロントとリアのバンパーデザインを刷新したことで、これまでのすっきりとした外観に比べ、スポーティさと精悍さが増した。

インテリアも新たなデザインを採用し、クールな室内空間を実現した。特に「Design」では、ダッシュパッド、ドアトリム、ステアリングトリムをエクステリアカラーと同色とし、さらに、ブラックないしはベージュの専用格子調ファブリックシートやオプション装備のレザーシート