autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ デミオEV(電気自動車) 試乗レポート/渡辺陽一郎 3ページ目

試乗レポート 2012/10/23 23:12

マツダ デミオEV(電気自動車) 試乗レポート/渡辺陽一郎(3/3)

関連: マツダ デミオ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
マツダ デミオEV(電気自動車) 試乗レポート/渡辺陽一郎

低重心化やバランスの良さ、剛性アップなどで気持ちの良い走りが味わえるデミオEV

マツダ デミオEV シフトマツダ デミオEV メーター

個人的な感慨はともかく、デミオEVにはほかにもいくつか特徴がある。

運転する上で興味深いのは、4つの走行モードだ。セレクターレバーの操作でD(ドライブ)とE(エコノミー)レンジがあり、さらにレバーには「チャージスイッチ」が組み合わせられる。「チャージスイッチ」とは、減速時に回生充電を積極的に行うレンジだ。エンジン搭載車でいうところの「エンジンブレーキ」が強まり、モーターが発電機の役目を果たしてバッテリーにチャージ(充電)する量を増やす。

Dレンジは75kW(102馬力)の最高出力までフルに使えるが、Eレンジを選ぶと50kW(68馬力)に抑制され、回生充電の力も強まる。

以上の組み合わせを整理すると、Dレンジでチャージスイッチ/オフなら、回生は少なくパワーを発揮させやすい。Dレンジでチャージスイッチ/オンと、Eレンジでチャージスイッチ/オフは、回生充電は同等。ただしDレンジの方がアクセルを踏んだ時に発揮される出力は大きい。

そしてEレンジでチャージスイッチ/オンは、究極のエコノミー走行モードだ。アクセルペダルを戻すと即座に強力な回生充電が行われ、減速力も強い。0.12Gの制動に相当する。Eレンジでチャージスイッチ/オンにしている時の運転感覚は、従来のガソリンエンジン車などを2速固定で走らせている時の感覚に近い。

アクセルペダルを戻せば即座に速度が下がり、常にアクセルを開いている。なので不経済な運転をしている感覚に陥るが、実際は違う。「パワーメーター」を見ていると、アクセルを戻した時、全閉ではないのに針が「チャージ」に触れるのだ。

同様の現象はリーフでECOモードを選択した時にも生じるが、デミオEVのEレンジ&チャージスイッチ/オンは、かなり減速力が強い。慣れないと車両の動きが前後にギクシャクするが、アクセル操作のみで速度調節しながら走れば、エコドライブの度合いはかなり高まる。ほとんどフットブレーキを使わず、いい換えれば減速エネルギーを熱に変換して大気に放出する量を最小限度に抑えられるからだ。

ただし唐突な減速時には追突される心配が伴うので、減速の度合いが強まった時は、ブレーキランプを点灯させると良いだろう。

マツダ デミオEV マルチインフォメーションディスプレイ(MID)

ここまで回生充電を積極的に行う背景には、ブレーキの協調制御が実現できていないこともある。フットブレーキを踏んだ時、回生充電の度合いを高める機能が設けられていないのだ。

前出の藤中充氏に理由を尋ねると、「ブレーキフィーリングを研究している最中です」とのこと。これまたマツダらしい。「フィーリング」にこだわっている。

マツダ デミオEV 下回りマツダ デミオEV エンジンルーム

走りに固執しているだけに、デミオEVは総合的に見ても運転が楽しい。居住空間を損なわないためにリチウムイオン電池は床下に搭載。これが低重心化を達成し、電池を保護するための補強がボディ下まわりの剛性も高め、走行安定性や乗り心地に良い影響を与えている。

前後輪の重量配分は、デミオ13スカイアクティブでは65:35だが、EVでは60:40とバランスも良くなった。走りにこだわるEV造り。ちょっと古風で、パソコン時代に万年筆で原稿を書いている作家みたいな感じだが、クルマ好きとしては嬉しい。

動力がエンジンからモーターに変わっても、マツダは運転の楽しさを追求し続けるのだろう。それがマツダの存在価値で、生き残る術のようにも思える。

デミオEVの生産台数は100台限定としているが、もう少し頑張って造って、多くの人達に試乗してもらうと良いだろう。ガソリン&ディーゼルのマツダ車とデミオEVの両方を運転すれば、マツダの考え方、「クルマ大好きメーカー」であることが良く分かる。

マツダ デミオEV(DBA-DE3FS改)

駆動方式

FF

乗車定員

5人

全長×全幅×全高

3,900x1,695x1,490mm

ホイールベース

2,490mm

最低地上高

140mm

車両重量

1,180kg

交流電力量消費率(JC08モード)

100Wh/km

一充電走行距離(JC08モード)

200km

駆動用バッテリー 種類

リチウムイオン電池(18650型)

総電圧

346V

総電力量

20kWh

原動機 種類

永久磁石型三相交流同期モーター

最高出力

75kW(102PS)/5,200-12,000rpm

最大トルク

150N・m(15.3kgf・m)/0-2,800rpm

最高回転数

12,000rpm

充電時間/普通充電(AC200V・15A)

約8時間(満充電)

充電時間/急速充電

約40分(80%充電)

生産台数

限定100台(法人向けリース販売)

価格

357万7千円

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23