autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム マツダ CX-5 デザイナーインタビュー/マツダ チーフデザイナー 中山 雅

デザイナーズルーム 2012/7/11 17:45

マツダ CX-5 デザイナーインタビュー/マツダ チーフデザイナー 中山 雅(1/3)

関連: マツダ CX-5 Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
マツダ CX-5 デザイナーインタビュー/マツダ チーフデザイナー 中山 雅

日本ではあまり大きく取り沙汰されないカーデザインという分野。当然カーデザイナーも同じである。

日本は自動車先進国でありながら、現代の若者の自動車離れは加速度を増す一方だ。そこでオートックワンは、クルマの楽しみ方の一つに“デザイン”という、もう一つの分野が存在することを、多くの若者に認識してもらおうと考えた。

このクルマは誰が、どんなコンセプトのもと、どんな想いで、デザインを行ったのか。話題のクルマを監修したデザイナーに、オートックワンが一早くクローズアップ。一線で活躍するデザイナー達による、その造形に託した熱いメッセージを、インタビューで解き明かす企画、それが、DESIGNERS ROOMである。

「魂動(KODO)」のエッセンスを注入したCX-5 マツダ チーフデザイナー 中山 雅 氏にクローズアップ

Designers Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビュー

マツダにとって久々のCセグメントSUVであるCX-5は、新開発ディーゼルエンジンを含めたスカイアクティブ・テクノロジーをはじめ、メカニズムに注目が集まりがちだが、デザインもこれまでのマツダ車とはひと味違う。

それもそのはず、CX-5は同社が新しいデザイン戦略として掲げた「魂動(KODO)」を、市販車として最初に導入したモデルなのである。そこでチーフデザイナーの中山雅さんに、どんな思いでこのデザインを手掛けたのかを伺った。

デザインを進めるうえでイメージしたのは・・・

Designers Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビュー

オートックワン(以下AO):まずCX-5のデザインコンセプトについてお聞かせください。

中山(以下N):CX-7より少し小さいクラス、具体的にはトヨタRAV4やホンダCR-Vなどと同じカテゴリーに入れることは決まっていたのですが、パッケージングの段階から悩んでいました。

このクラスはアメリカとヨーロッパでサイズが異なっていて、ヨーロッパでは4.5mを超えると受け入れられないけれど、アメリカでは逆に4.5mを切るとダメな風潮があったからです。

Designers Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビュー
Designers Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビューDesigners Room マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 中山 雅 インタビュー

AO:「魂動」というデザイン戦略を受けて、どのようなデザインにしようと考えたのでしょうか。

N:当時はまだ魂動という言葉はなかったのですが、骨格を変えていこうとか、以前からマツダが持っていた動きへのこだわりは継承しようという話は出ていました。それまでのデザイン戦略である「NAGARE」の延長線上にありつつ、違う表現でやりたいと思っていたのです。魂動を含め、具体的なテーマがまだ煮詰まっていない中で、悩みながら進めていきました。

デザインを進めるうえでイメージしたのはチーターです。魂動の具現化として製作したコンセプトカー「シナリ」も、偶然にもほぼ同じ時期に、このテーマを提案しています。地上を走る動物で一番速いので、その動きの中にクルマにインスピレーションを与えるものがあると考えたのです。

マツダ CX-5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-5 の関連記事

マツダ CX-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-5 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-5 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/20~2017/7/20