autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 富士スピードウェイに320台のフェラーリが一挙集結! コーンズ・サーキット・エクスペリエンス2017 イベントレポート

イベントレポート 2017/6/2 11:16

富士スピードウェイに320台のフェラーリが一挙集結! コーンズ・サーキット・エクスペリエンス2017 イベントレポート

関連: フェラーリ Text:

年に1度のフェラーリの祭典には、最新モデルの812Superfastも登場!

フェラーリの正規ディーラー、コーンズ・モータースが1年に1度だけ開催するのフェラーリの祭典「コーンズ・サーキット・エクスペリエンス」が、5月28日(日)に静岡県、富士スピードウェイで開催された。

この日を祝うかのように快晴となった富士スピードウェイには、320台のさまざまなフェラーリとそのオーナーが参加し、イベント開始前から会場は異常な熱気に包まれていた。

フェラーリオーナーと同伴者を合わせたその日の来場数は、「コーンズ・サーキット・エクスペリエンス」史上最多となる約600名にものぼり、参加人数、参加台数から見て、過去最大の規模となったことは、誰の目から見ても明らかだった。

コーンズ・モータースがフェラーリオーナーとその家族、友人のために企画・開催する「コーンズ・サーキット・エクスペリエンス」は、初の開催から早くも今年で7回目となる。

今回は、イタリア・フェラーリ社の公認オーナーズクラブであるフェラーリ・オーナーズクラブ・ジャパン(以下FOCJ)と初の共同開催。FOCJが本イベントに参加したことも、過去最大の規模となった要因のひとつだろう。

富士スピードウェイの静寂を切り裂く、カン高いフェラーリサウンドが響き渡った

絶好のドライビング日和にも恵まれて、富士スピードウェイは鮮やかなフェラーリカラー一色に染まり、会場のムードは常に最高潮。さらに、5月23日のジャパンプレミアで展示されたばかりのフェラーリ最新モデル、812スーパーファスト(Superfast)が会場で展示され、フェラーリオーナーの注目を一斉に集めていた。

開会式では、フェラーリ・ジャパン代表取締役社長のリノ・デパオリ氏、COOの林誠吾氏らの開会挨拶に続き、フェラーリオーナーおよび同伴者との記念撮影が行われた。

サーキットプログラムでは、フェラーリオーナーが愛車のポテンシャルを引き出しスポーツ性能を楽しむ「フリースポーツ走行」や、比較的気軽にサーキット走行を体験することができる「アクティブファミリー走行」などの走行プログラムが実施され、富士スピードウェイにカン高いエキゾーストノートが響いた。

走行プログラムに続いて、フェラーリF1マシンである「ラ フェラーリ(La Ferrari)」のデモンストレーション走行や「フェラーリ・ディーノ(Ferrari Dino)」などの希少なクラシカルモデルが走行する「クラシックフェラーリパレード」など華やかなイベントも行われ、来場者やグランドスタンドから観戦するフェラーリファンの熱い歓声を受けていた。

オーナー自身だけではなく、家族揃ってイベントを楽しめる催しがズラリ

ホスピタリティエリアではフードコーナー、フェラーリ協賛企業の多彩な展示、カリスマパティシエとして有名な神田広達氏によるスイーツ教室、電動フェラーリカーが体験できるキッズ・カートコーナーなど、子供も含め家族そろって楽しめるコーナーも設置されていた。

コーンズ・モータースは、フェラーリオーナーに最高のカーライフを送ってもらうことと、さらなる顧客満足度の向上を目指し、今後もサーキットイベントを含むエキサイティングなイベントを開催していくとのことだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フェラーリ の関連記事

フェラーリの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フェラーリ の関連記事をもっと見る

フェラーリ の関連ニュース

フェラーリ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/11~2017/12/11