autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム ダイハツの新戦略、新型モデルは3バリエーションでスズキ・ハスラーに対抗

自動車評論家コラム 2015/7/29 12:22

ダイハツの新戦略、新型モデルは3バリエーションでスズキ・ハスラーに対抗

ダイハツの新戦略、新型モデルは3バリエーションでスズキ・ハスラーに対抗

ここ数年、破竹の伸びを記録していた軽自動車ながら、消費税率アップを境に厳しい状況になっている。今年3月は販売シェアを確保すべく多くの軽自動車メーカーが大量の自社登録(売れたことにして登録台数伸ばすこと)を行うなど、消耗戦になりつつあるようだ。

なかでも厳しいのはダイハツ。ライバルのスズキには、燃費でアルトに負け、ユニークなモデルという点でハスラーやラパンに遅れを取り、自信満々で出した新世代自動ブレーキまでスペーシアと比べれば明らかな性能不足という状況。ここまで追い込まれれば、「背に腹はかえられぬ!」ということなんだろう。ナント!ライバルをパクっちゃいました。

すでにWebや誌面でも写真が出回っているけれど、もはや「ココまでやりますか!」という感じ。ハスラーとN-ONEを足して二で割ったようなスタイルをしているのだった。

ダイハツからすれば、ネイキッドやミラ・ジーノの後継ということなんでしょうけど‥‥。ダイハツの新型車名は『キャスト(CAST)』になります。

ダイハツ・ミラジーノ

このキャストには三つのバリエーションを設定する。ダイハツ関係者によれば、売れ筋となりそうなのが『アクティバ(ACTIVA)』というSUV風のグレードで、ハスラーを強く意識したのだろう。やや車高を上げ、黒い樹脂製のフェンダーアーチも付けた。ただSUVとして考えれば、少し迫力不足か。

2つ目が『スタイル(STYLE)』とネーミングされた白いルーフでホンダのN-ONEっぽいモデル。あまり売れてないクルマなのになぜマネを?と思うだろうけれど、ダイハツからすれば、N-ONEはもっと人気になると判断したのだろう。まぁ、ミラ・ジーノもミニのパクりだったから、DNAを引き継いだ?

3つ目のバリエーションは、ローダウンしてスポーティ感を持たせた『スポーツ(SPORT)』。ドアミラーを赤く塗ったり、リップスポイラーに赤いラインを入れたりしたもんだから、アルトターボRSのようになっちゃいました。これまたパクり上等といった雰囲気。

スズキ・アルトターボRS

本来ならスズキを超える燃費技術や、自動ブレーキなど本質で勝負しなければならない時に、バリエーションの拡大で対抗しようという作戦なんだろう。ホンダのようなブランドイメージも無く、クルマ好きも顧客層じゃ無いと判断しているダイハツがどういった生き残り戦略を見せるか大いに楽しみだ。

筆者: 国沢 光宏

スズキ ハスラー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ の関連記事

ダイハツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ の関連記事をもっと見る

ダイハツ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26