autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型3シリーズ 試乗レポート/日下部保雄 2ページ目

試乗レポート 2011/12/13 19:23

BMW 新型3シリーズ 試乗レポート/日下部保雄(2/2)

関連: BMW 3シリーズ Text: 日下部 保雄 Photo: BMW JAPAN
BMW 新型3シリーズ 試乗レポート/日下部保雄

新型3シリーズ SPORTSはサーキットにおいて本領を発揮する

さて、実際にハンドルを握ってみるとさすがBMWと思わせるところが随所に感じられる。

試乗コースはワインディングロードから高速道路、そしてサーキットと多様なルートが用意されていた。

BMW 新型3シリーズ(新型328i)SPORTSBMW 新型3シリーズ(新型328i)SPORTS

ワインディングロードでは、サイズを感じさせないドライバーとの一体感、ドライブモードをスポーツとコンフォートに切り替えた時の挙動の変化などを満喫しながら、ステアリングから伝わるインフォメーションを楽しむ。

スポーツとコンフォートでは装備されている上下減衰が異なり、ステアリングのダイレクト感も高くなる。もちろんアクセルレスポンスもシャープになるので、ワインディングでは積極的にスポーツモードに入れることで新型3シリーズを楽しむことができる。

一方、石畳のあるような街中ではコンフォートで緩やかな乗り心地に切り替えて走った方が、確かにハーシュネスは抑えられる。スポーツでも快適なのだが、コンフォートでは更に明快だ。

ECO-PROモードではアクセルの反応が鈍くなり、空調も制限される代わりに燃費が最大で20%まで改善できるとされている。ただしこの日は湿気が多かったためにウィンドウに曇りが発生したのと、BMWらしさを楽しみたかったので早々にECO-PROから切り替えてしまった。そして、アイドリングストップはどのモードでもしっかりと働く。

そして、新型3シリーズが最も本領を発揮したのは、“カタルニアサーキット”だ。

BMW 新型3シリーズ(新型328i)SPORTSBMW 新型3シリーズ(新型328i)SPORTS

ここではモードをスポーツ+にしてさらにDSCもカットした。オプションのフロント225/40R19、リア255/35R19という大きなタイヤとワイドトレッドは350Nmのトルクでもしっかりと受け止め、ほぼニュートラルに近いハンドリングを示した。

オーバースピードはアンダーステアとなるが、スピードがマッチするとまるでZ軸周りを中心にした旋回を示し爽快だ。トルクに任せてコーナーで後輪に駆動力をかけてもリアスライドはゆったりとしており、少なくともドライ路面では面白いように走れた。

もっとも他グレードの18インチタイヤではより挙動を作りやすく、マッチングは18インチの方がベターで、よりリラックスできた。

19インチタイヤはハイグリップで、まさにサーキットを走るのに適している。8速ATもサーキットだとクロス化が明確で、ありがたみを実感する。

エンジンはトルクもパワーもありパフォーマンスは申し分ないが、キレの良さは6気筒とは違う味で、これはこれで新しいBMWとして認めるべきであろう。

新型3シリーズは328iから日本に導入されるが、この後続々とエンジン、ボディともにバリエーションが増えて3シリーズファミリーを構築することになる。

BMW 新型3シリーズ(新型328i)SPORTSBMW 新型3シリーズ(新型328i)SPORTSBMW 新型3シリーズ(新型328i)SPORTSBMW 新型3シリーズ(新型328i)SPORTSBMW 新型3シリーズ(新型328i)SPORTS
BMW 新型3シリーズ(新型328i)SPORTSBMW 新型3シリーズ(新型328i)SPORTSBMW 新型3シリーズ(新型335i)BMW 新型3シリーズ(新型320d)BMW 新型3シリーズ(新型320d)

BMW 3シリーズ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 3シリーズ の関連記事

BMW 3シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 3シリーズ の関連記事をもっと見る

BMW 3シリーズ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26