autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート アウディ エコドライビング体験レポート 4ページ目

イベントレポート 2009/11/17 09:00

アウディ エコドライビング体験レポート(4/5)

関連: アウディ A3スポーツバック Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
アウディ エコドライビング体験レポート

アンダーフロアに燃費向上のための工夫が

アウディ エコドライビング
アウディ エコドライビングアウディ エコドライビング

続いては、リフトアップしたA3スポーツバックを下から見て、特徴部分をチェックするというプログラム。

アウディは早くから空力性能の向上に力を入れてきており、エントリーモデルであるA3スポーツバックにいたるまで、その精神は惜しみなく注入されている。

アンダーフロアは、そのうちの広い割合の面積が樹脂パネルで覆われている。これは、空気がゴツゴツしたものに当たると抵抗になるので、できるだけ下に逃がすようにするためだ。

その中でも、たとえばミッションの前方には穴を開けて、走行風を当てて冷却するようになっている。サスペンションのアーム類は大きな抵抗になるので、下に逃がすよう設定されている。

とくにリアのロアアームは、正面から見ると壁のような大きなパネルが付いている。リアのタイヤハウス前方にはパイプの出ている箇所もあるが、これも凹凸になるので、パネルで覆っている。

アウディ エコドライビング
アウディ エコドライビングアウディ エコドライビング

タイヤの前のフラップは整流が目的。

これは、なかなかイメージしにくいかもしれないが、高速になるとタイヤの下側にも空気が入り、それによって高速安定性に悪影響を及ぼすことを避けるため。よって、空気を左右に逃がすようにしているのだ。

もうひとつは、空気をタイヤに直接当てるよりも、タイヤが回転すると、タイヤハウスの中で流れができているので、それに沿わせるようにするため。

タイヤに空気が当たらなければ、音の問題も解決できるし、空力的にも高速安定性に寄与するのである。最初にこの考え方を導入したのはアウディだとされている。

有効であるのは間違いないため、最近では多くのクルマが採用している。

アウディ A3スポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A3スポーツバック の関連記事

アウディ A3スポーツバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A3スポーツバック の関連記事をもっと見る

アウディ A3スポーツバック の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円