autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 世界500台限定、4千万円超の価格・・・マクラーレン「675LT」新型車解説

新型車解説 2015/7/2 18:59

世界500台限定、4千万円超の価格・・・マクラーレン「675LT」新型車解説(1/3)

世界500台限定、4千万円超の価格・・・マクラーレン「675LT」新型車解説

“マクラーレン”といえば、やはり思い出されるのは・・・

マクラーレンが本拠を構えるテクノロジーセンターに足を踏み入れると、「ああ、こんなところで開発しているなら、F1で連戦連勝もできるだろうなあ」と感心してしまうはずだ。

私が初めて訪れたのは、マクラーレン・オートモーティブが立ち上がってまもなくのことで、まだF1と同じエリアで「MP1−12C」が組み立てられていた。

戦前にイギリスGPが開催されたブルックランズからクルマで20分ほどの場所にあり、ガトウィックとヒースローからもそう遠くはない。英国らしいのどかな景色の中に、突じょ、未来基地さながらの光景が現れるのだ。

McLaren Technology Centre
McLaren Technology Centre

大きな湖にガラス張りの建物が映り込んでいるが、この湖がまた、風洞実験施設の冷却のために使われているというのだから、レースファンにはたまらない。

あれからわずか4年ほどで、これだけのロードゴーイング・モデルが余に送り出されるとは思ってもみなかった。

実際、マクラーレンと聞くと、F1での活躍を思い浮かべる人はまだ多いだろう。実際、乗用車を製造するマクラーレン・オートモーティブにつながるマクラーレン・カーズを立ち上げたのは1990年と新しい。

次々と新たなモデルを生み出すマクラーレン

McLaren F1
SLR McLaren

ゴードン・マーレイのデザインで大きな話題をよんだ「F1」や、後にメルセデス・ベンツAMGと手を組んだ「SLRマクラーレン」といったモデルを覚えている人も多いだろう。ながらく、BMWやメルセデスといった自動車メーカーからエンジンを供給してもらって、マクラーレンで仕立てあげるというスタイルだった。

しかしながら「MP4-12C」以降、シャシーもパワートレインもマクラーレン独自の設計によるオリジナルの新型車を世に送り出している。そのなかでも大きく、2つのシリーズにわかれており、「P1」や「P1 GTR」が属するアルティメット・シリーズ、「625C」「650S」「675LT」が属するスーパー・シリーズに2分されていた。さらにニューヨーク・ショーで第三のシリーズとなる「570S」がエントリー・クラスとして追加されている。

「単独で車両を開発できた最大の理由は、CADや3Dプリンタといったデジタル機器の発達により、新型車の開発に要する時間とコストが大幅に削減できたことにあります。私は以前にプログラム・ディレクターを担当したこともあるのですが、当時と比べると、その点が大きく変わりました」と、MSOの責任者であるPaul Mackenzie氏は語る。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マクラーレン の関連記事

マクラーレンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マクラーレン の関連記事をもっと見る

マクラーレン の関連ニュース

マクラーレン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23