【フェラーリ】09年、それでもフェラーリは売れた!

【フェラーリ】09年、それでもフェラーリは売れた!
フェラーリ カリフォルニア フェラーリ カリフォルニア 画像ギャラリーはこちら

【フェラーリ】09年、それでもフェラーリは売れた!

フェラーリ カリフォルニアフェラーリ カリフォルニア

フェラーリは無敵のブランドだと繰り返し書いてきましたが、それは昨年の統計データにも表れています。

2009年、世界が100年に一度の大不況から立ち直り切れない状況にあって、世界の高級スポーツカー市場は約35%も縮小しましたが、フェラーリの販売台数は6,250台と前年の5%減にとどまったのです。

たとえばアストンマーティンやベントレーは、好景気時には猛烈な勢いで販売を伸ばしましたが、いったん不況になると、大きく落ち込んでしまいました。それらは「お金が余っているから買うクルマ」だからです。

もちろんフェラーリにもそういう側面はありますが、しかしフェラーリは、「フェラーリを買うために頑張って働く」というモチベーションを産むクルマです。

「お金持ちになった→じゃ買おうか」ではなく、「フェラーリに乗りたい→お金持ちになってやる」という、人生の最終目標になりうるクルマなので、落ち込みが小さかったのです。

また、国別のフェラーリの販売台数の動向を見ると、世界の景気が読み取れます。フェラーリ創設以来の最大市場である北米は、約20%減。ヨーロッパでは6%減。日本を含むアジアパシフィック地域では3%増、中東地域では29%増でした。

じゃ日本はどうだったのかというと、なんと前年比22%増の548台が登録されているんです!あんなに不況だったのに!背景には、北米などで大量にキャンセルされたクルマが、急遽日本に割り当てられたという事情があります。

フェラーリの販売は、基本的には本社が各国に何台割り当てるかで決まる「配給制」。アメリカへの配給が大不況で余ったので、それが日本に回ってきたのですね。

その分、今年の日本での販売台数は大きく落ち込むかもしれません。実際、今年1月の登録台数は、前年同月比58%減でした。ちなみに中国での販売は、昨年206台でした。フェラーリに関しては、まだまだ日本は“超大国・中国”に勝ってるんですね。

MJブロンディの「ひとりごと」

今年、日本でフェラーリの販売が落ち込むと予想できる背景には、ニューモデル「カリフォルニア」の不人気があります。日本人は伝統的にミッドシップモデルが好きで、FRモデルはパッとしません。日本ではフェラーリ=ミッドシップなのですね。

カリフォルニアが不人気なのとは対照的に、V8ミッドシップの458イタリア(5月頃から納車開始か?)は人気ですが、価格が3,000万円近くまで上昇したので、どれくらい台数が伸びるかは微妙です。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

清水 草一
筆者清水 草一

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。代表作『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高はなぜ渋滞するのか!?』などの著作で交通ジャーナリストとしても活動中。雑誌連載多数。日本文芸家協会会員。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

フェラーリの最新自動車ニュース/記事

フェラーリのカタログ情報 フェラーリの中古車検索 フェラーリの記事一覧 フェラーリのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる