ボルボ V40 クロスカントリー試乗│今のボルボを牽引してきた人気モデル、その完熟度やいかに!?(1/2)

画像ギャラリーはこちら
2013年の登場以来、日本のボルボの知名度を上げると共に販売台数をけん引してきたコンパクトハッチバック「V40」が2019年で生産終了と発表された。そこで今回、宇都宮~東京までのショートトリップを行なった。自身でもV40を所有する自動車研究家 山本シンヤ氏には果たして完熟のファイナルモデルはどう映ったのか!?
目次[開く][閉じる]
  1. 今のボルボを牽引してきたV40が遂に生産終了!
  2. フロントマスクは新世代モデル共通ながら、内装は流石に古さを感じる
  3. ドッシリとした安心感を持つハンドリングは「小さなGT」
  4. 当時は“過剰設計”と言われていたが、時代が追いついた
  5. ディーゼルを選ぶとAWDの選択ができないのが悩ましいところ
  6. 安全性に関しても小さい、世代が古いと言う妥協は一切ない
  7. 「V40を今選ぶ」と言うのはアリ

今のボルボを牽引してきたV40が遂に生産終了!

華々しく登場したニューモデルも時が経つとその役目は終わる。しかし、その終わりをメーカー自らアナウンスするモデルは数少ない。それもスポーツカーやメーカーを象徴するモデルならともかく、普通のモデルであれば尚更だろう。

ここ数年、日本で最も勢いのある輸入車ブランドと言えば「ボルボ」だろう。2016年のXC90を皮切りに新世代モデルを矢継ぎ早に導入。その評価は高く、中でもコンパクトクロスオーバーのXC40やステーションワゴンのV60は、現在も数多くのバックオーダーを抱えている状態だそうだ。全体の販売台数も右肩上がりで、2019年の販売台数もすでに前年比越えは確実と言われているそうだ。

■V40クロスカントリーを画像でチェック

そんな中、2013年の登場以来、日本のボルボの知名度を上げると共に販売台数をけん引してきたコンパクトハッチバック「V40」が2019年で生産終了と発表された。残念な事に現時点で後継モデルは存在しないそうだ。そんな事もあり、インポーターのボルボ・カー・ジャパンは多めの台数を確保していると言う。

そこで今回、完熟のファイナルモデルで宇都宮~東京までのショートトリップを行なった。今回のモデルはV40をベースにクロスオーバー化したV40クロスカントリー(以下V40CC)のガソリンモデルの最上級グレード「T5 AWD サマム」だ。

フロントマスクは新世代モデル共通ながら、内装は流石に古さを感じる

エクステリアはスポーティで引き締まったデザインに加え、2016年のマイナーチェンジにより、フロントマスクを新世代モデルと共通イメージに刷新されているので、今見てもあまり古さを感じさせない。

しかし、インテリアは今では懐かしいフローティングセンタースタックに配置された操作系や7インチのディスプレイなど古さを感じるのも事実。ちなみにこの操作系は事前学習なしで使おうとすると難儀だが、実は慣れると意外と使いやすい事はあまり知られていない……。

ドッシリとした安心感を持つハンドリングは「小さなGT」

宇都宮から東京までは約150km、そのまま走るとすぐ着いてしまうので、寄り道をしながら……。まずは鉄道好きのKカメラマンの提案でわたらせ渓谷鐡道わたらせ渓谷線「神戸(ごうど)駅」を目指す。

宇都宮市街を抜け、日光宇都宮道路を通り国道122号線を走る。

ワインディングではライバルのようにグイグイ曲がる性格ではないものの、コンパクトなボディと素直で軽快なハンドリングと、そしてCセグメントであることを忘れるドッシリとした安心感を持つハンドリングは、クロスオーバーながらも「小さなGT」と呼ぶにふさわしい乗り味だ。

ボルボ/V40クロスカントリー
ボルボ V40クロスカントリーカタログを見る
新車価格:
360.6万円477.7万円
中古価格:
122.8万円450万円
ボルボ/V40
ボルボ V40カタログを見る
新車価格:
304.5万円477.7万円
中古価格:
37.1万円380.9万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ボルボ V40クロスカントリーの最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボ V40クロスカントリーのカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボ V40クロスカントリーの中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボ V40クロスカントリーの記事一覧 ボルボのニュース一覧 ボルボ V40クロスカントリーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる