ボルボ V40 クロスカントリー試乗│今のボルボを牽引してきた人気モデル、その完熟度やいかに!?(2/2)

画像ギャラリーはこちら

当時は“過剰設計”と言われていたが、時代が追いついた

プラットフォームは世代的には古いが、適材適所に高張力鋼/超高張力鋼/極超高張力鋼/ウルトラ高張力鋼やアルミ、プラスチックの使用はもちろん、レーザー溶接や構造用接着剤の採用など、今では当たり前の材料や工法を早いタイミングで採用。車両重量は若干重めだが、それを差し引いても安全性能はもちろん、走る/曲がる/止まると言った基本性能の部分は今でも通用する。当時は“過剰設計”と言われていたが、時代が追いついたのだ。

とは言え、大きめのギャップを超える時などの衝撃のいなし方や操舵時の前後バランスなど時代を感じる部分もあるのも事実だが、その傾向はV40よりもV40CCのほうが少な目。恐らく、ストロークが増したサスペンションとハイトのあるタイヤがカバーしていると思う。ただ、最初回転半径は意外と大きく、小回りが効かないのは少々気になる所……。

途中、ルート沿いにある足尾銅山跡で撮影を行なう。かつては日本の近代化を支えた場所だが、長年に渡る鉱毒事件の影響や産出量の減少で閉山してから40年以上経った。現在も暗い影を少し残した雰囲気でヒッソリしている。ただ、山間に突然現れる巨大な廃墟は儚さと共に、何とも言えない美しさを感じたのも事実である。

ディーゼルを選ぶとAWDの選択ができないのが悩ましいところ

パワートレインはデビュー当初とは異なり、ボルボの新世代パワートレイン「Drive-E」へと移行済み。今回のモデルは245ps/350Nmを発揮するガソリン2Lターボと8速ATの組み合わせ。1580kgと意外と重量級だが、大人3人と撮影用機材を載せても、動力性能に不満はない。

ただ、ATの制御は良く言えばスムーズで穏やか、悪く言うとメリハリがないが、これはポールスター・パフォーマンスソフトウェアをプラスすれば解消できるはず。

個人的には190ps/400Nmを発揮する2Lディーゼルターボをお勧めしたいが、ディーゼルを選ぶとAWDの選択ができない(触媒の関係でレイアウトが成り立たない)。この辺りは非常に悩ましい部分だ。

更に進むと利根川水系渡良瀬川の本川上流部に建設された「草木ダム」と「草木湖」が。せっかくなのでここでも撮影を行なった。

撮影日は青空で穏やかでダム下流にも行くことができたが、台風19号の接近の際はこの辺りも大変だったのだろう……とシミジミ。

安全性に関しても小さい、世代が古いと言う妥協は一切ない

更に走ると神戸駅に到着。時が昭和から止まってしまったような「ザ・田舎の駅」と言ったレトロな駅舎やホームを見ると、ホッとしてしまうのはオジさんになってしまったからなのか!? 駅構内には元1720系デラックスロマンスカーを利用したレストランがあるが、せっかくなのでお昼はこちらで「舞茸ごがん定食」を、ごちそうさまでした。

ここからは東京に向けて走る。北関東自動車道~東北自動車道ではACC(全車速対応)を活用。ドライバーの意図を組んだ加減速を行なうACCに加えて、直進安定性の高さも相まって安心感と疲労の少なさはクラスレス。

ちなみに前後左右をカバーする11種類以上の最新の先進安全装備は全車標準装備。歩行者・サイクリスト検知機能付衝突回避・軽減フルオートブレーキシステムはもちろん、世界初採用された歩行者用エアバックは2016年にスバル インプレッサに先駆けて全車標準装備と、安全性に関しても小さい、世代が古い……と言う妥協は一切ない。

「V40を今選ぶ」と言うのはアリ

居住空間は優先度が高いのはフロントだが、リアシートも必要十分なスペースはある。シートはスウェーデンの外科医がアドバイザーとして開発に関与、シートサイズの大きさはもちろん、長時間乗っても疲れにくいのは上級モデルと一切変わらない。正直150km程度の距離では物足りないくらい(笑)。

本当の実力は「デビューから時が経った時にどうなのか?」が重要だ。リアルワールドで実際に使われることで、商品の“本質”が評価されるクルマが生き残る。

そういう意味でも、「V40を今選ぶ」と言うのはアリだと思う。実は筆者は2016年式のV40を所有するが、今回の試乗後に「最終モデルに乗り替えようかな!?」と悩んだ(笑)。今なら新車5年保証(一般保証3年+長保証2年を無償提供)なので、国産車からの乗り換えのハードルも少ないと思う。

[筆者:山本 シンヤ/撮影:小林 岳夫]

主要スペック
車種名V40クロスカントリー
グレード名T5 AWD サマム 4WD AT
価格(消費税込み)468万円
全長×全幅×全高4370mm×1800mm×1470mm
ホイールベース2645mm
駆動方式4WD
車両重量1580kg
乗車定員5名
エンジン種類直列 4気筒 DOHC
総排気量1968cc
エンジン最高出力180kW(245PS)/5500rpm
エンジン最大トルク350Nm(35.7kg・m)/1500rpm
トランスミッションフロア 8
使用燃料ハイオク
燃料消費率(JC08モード燃費)14.8km/L
燃料消費率(WLTCモード燃費)--km/L
燃料消費率(WLTC:市街地/郊外/高速道路モード)--km/L
タイヤサイズ225/45R18
ボルボ/V40クロスカントリー
ボルボ V40クロスカントリーカタログを見る
新車価格:
360.6万円477.7万円
中古価格:
79万円450万円
ボルボ/V40
ボルボ V40カタログを見る
新車価格:
304.5万円477.7万円
中古価格:
37.4万円376.2万円
前へ 1 2
この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 時音の宿 湯主一條
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ボルボ V40クロスカントリーの最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボ V40クロスカントリーのカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボ V40クロスカントリーの中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボ V40クロスカントリーの記事一覧 ボルボのニュース一覧 ボルボ V40クロスカントリーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる