autoc-one.jp 記事・レポート 日本版コンシューマレポート 日本版コンシューマレポート 特別企画/インタビュー with フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン

コンシューマレポート 2011/6/21 15:49

日本版コンシューマレポート 特別企画/インタビュー with フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン(1/3)

日本版コンシューマレポート 特別企画/インタビュー with フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン

コンシューマレポート1周年企画!ユーザー評価No.1となった車種は!?

2010年5月~2011年5月までに、計29車種が登場した「日本版コンシューマレポート」。

そのなかで見事、ユーザー評価No.1に輝いたのは「フォルクスワーゲン ゴルフ」だった!

唯一の輸入車「ゴルフ」が、他の28車種もの日本車を打ち負かしたのだ。この結果を直接知らせる為、フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン(以下、VGJ)東京オフィスを訪問した。

対応頂いたのは、同社広報部長の丸田靖生さんと、同社マーケティング本部・プロダクトマーケティング課・プロダクトマネージャーで、「ゴルフ」を担当する山崎信雄さん。

山崎さんは「ゴルフ No.1」という報告を喜ぶと同時に、その結果を以下のように分析した。

-長い間、輸入車は高級イメージが先行していた。商品ではなく、ブランドに対しての対価だった。

車体サイズではホンダ「シビック」と同等の「ゴルフ」が、排気量1.4リッターで300万円というバリュー(価値)を、日本でどう理解してもらうかがカギであった。

-そうしたなか「バリュー・フォーマネー(価値に見合った商品価格)」マーケティングを進めてきた。その結果が、こうしてユーザー評価に現れたのでは。

-ジャーナリストだけでなく、ユーザー自身が「ゴルフ」という車の価値を感じてくれたことは、非常に意義がある。

-ネット系メディアは、情報を積極的に集めるユーザーが多い。本当に良い商品かをジックリ調べる方が多い。実際に見て、乗って、確認してみようというユーザーが多い。

いわゆる「クチコミ系」でのチェックが多く、今回の結果はVGJにとって非常に有益だ。

また、デモグラ(デモグラフィックス/分布)の比較もご覧頂こう。

比較とは、日本版コンシューマレポート「ゴルフ」に参加したユーザー30名と、今回特別にVGJから提供頂いたデモグラとの比較である。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連編集記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連編集記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR