ヤリスクロスデビュー1周年! 納車待ち勢も納車済み勢も「ヤリスクロス愛」が強かった! 茶色内装には賛否両論も【みんなの声を聞いてみた】

画像ギャラリーはこちら
トヨタのコンパクトSUV「ヤリスクロス」が2021年8月31日に発売開始してから、早いもので1年が経過する。以前よりは落ち着いたとはいえ、相変わらず5ヶ月近い納期待ちも発生している人気ぶりだ。いっぽうでユーザーへ続々と納車される新型ヤリスクロス、SNSでのクチコミの声はどうだろうか。デビュー1年後のみんなの声を探ってみた。
目次[開く][閉じる]
  1. 待望の納車を喜ぶ声多数! SNSはいま「ヤリスクロス愛」炸裂中!?
  2. 納車後もヤリスクロス愛が炸裂! ユーザーは愛車のメンテナンスに夢中だ
  3. 欧州車テイストの茶色内装に賛否両論! 「昭和っぽい趣味」との声も

待望の納車を喜ぶ声多数! SNSはいま「ヤリスクロス愛」炸裂中!?

トヨタのコンパクトSUV「ヤリスクロス」が人気だ。ヤリスシリーズ全体では、自販連(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会)調べの販売ランキングで断トツの第1位。2021年上半期(2021年1月~6月)で11万9112台を販売。月平均で2万台弱となる。

しかしこれはコンパクトカー「ヤリス」、4WDスポーツカー「GRヤリス」、そしてコンパクトSUV「ヤリスクロス」の合算。そこでトヨタに問い合わせると、ヤリスクロスはそのうち約5万2590台を占めているとのこと。月平均でおよそ8800台だ。

4位のカローラが2021年上半期で5万3864台だったから、いずれにせよベスト5以内にはランクインする圧倒的な台数であることに変わりはない。

納車勢も納車待ち勢も、その熱量がハンパなかった!

そんな訳で、SNSでヤリスクロスの名を検索すると圧倒されるのが

『納車されました』

『ついに買った(届いた)』

『キターーー』

といった納車を喜ぶの声の多さだ。少し前までは半年以上の納車待ちと言われており、ここ最近はもう少し落ち着いたようだが、まだまだ短納期という訳にはいかないようだ。

例えば同様に売れているカローラで検索しても、そこまで続々と「納車されました」の声は出てきたりはしない(そちらはいま、発売間近なカローラクロスの話題ばかりだ…)。

一時期ほどではないにせよ、納車待ち勢はまだまだ多い様子

また同様に多いのが

『納車待ち』

『(半導体問題で)納車がさらに遅れるらしい』

『工場出た!』

といった納車を待つ声。

いずれにしても、新型ヤリスクロスを手に入れた喜び、あるいは納車を待つ期待に対する熱量がハンパないことでは共通だ。ヤリスクロスがここまでユーザーに愛されているということが改めて良くわかる。

納車後もヤリスクロス愛が炸裂! ユーザーは愛車のメンテナンスに夢中だ

ユーザーに愛されているヤリスクロス、納車後のユーザーは愛車のメンテナンスにも熱心な様子が伝わってくる。

車体のカスタマイズのみならず、車体のコーティングや窓ガラスの撥水加工の効果を伝えるものは特に多く見られる。

もはやピカピカを超えて「テカテカ」と表現したくなるほど艶感のスゴイ愛車写真と共にアップされており

『あらためてほれぼれする』

『カッコいい』

とここでもヤリスクロス愛が炸裂する。

またヤリスクロスの場合、樹脂部分の素材色(フェンダーアーチなどの黒部分)も、念入りに手入れされているケースが多いのも特徴である。確かに樹脂パーツ部は、ちょっと古い中古車になると白っぽくなってしまうイメージがある。こうした将来の経年劣化を嫌ってのことだろう。

欧州車テイストの茶色内装に賛否両論! 「昭和っぽい趣味」との声も

愛車のメンテナンス、コーティング系の話題以外にも、意外なところでは、起毛処理されるドア内張りのスレを100円ショップのブラシで擦ったら綺麗になった、という話題まで、ありとあらゆる情報が飛び交っている。

そして内装の話題では、社外品のシートカバーに関する声がチラホラ見られる。なぜ純正シートをカバーしようとするのか。

どうやら、ヤリスクロスの茶色内装の評判が芳しくないようなのだ。

『おじさん趣味』

『昭和っぽい』

『安っぽさが目立つ』

などさんざん。確かにちょっと他にはない珍しい色合いで、ちょっと古い欧州車のようなレトロな風合いも感じられる。

むしろここが気に入っている、という人もいるはずだが、ヤリスクロス愛の強いSNSのみんなの声の中からは「茶色内装愛」の叫び声は、探し出すことが出来なかった。皆さんはどう感じただろうか。

ちなみに黒内装の仕様も用意されているので念のため。

価格も比較的安く、若いユーザーも含め広く支持されるヤリスクロス。SNSでの多様な声が多さから見ても、まだまだその人気ぶりは続きそうだ。

[筆者:MOTA(モータ編集部)トクダ トオル/撮影:TOYOTA]

トヨタ/ヤリスクロス
トヨタ ヤリスクロスカタログを見る
新車価格:
179.8万円281.5万円
中古価格:
179.6万円448.6万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブやキャンプを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから15年余りが経過。乗り換えに悩むユーザーの目線に立った平易なコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渚亭たろう庵

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる