MOTAトップ 記事・レポート 特集 フォトギャラリー トヨタ 新型RAV4は見た目と実用性を両立した意欲作! 画像でチェック

フォトギャラリー 2019/7/28 10:00

トヨタ 新型RAV4は見た目と実用性を両立した意欲作! 画像でチェック

トヨタ 新型RAV4 HYBRID X(E-Four/ボディカラー:ダークブルーマイカ)[雪上試乗会/トヨタ自動車士別試験場(北海道)]
トヨタ 新型RAV4トヨタ RAV4 × 引地裕美トヨタ 新型RAV4トヨタ 新型RAV4画像ギャラリーはこちら

オフロード性能に磨きをかけ復活

トヨタ 初代RAV4が登場した当時、“悪路を走れない見た目だけのクロカン”などと揶揄されることがあった(実際にはそんなことなく、軽量なボディで良く走った!)。また、代を追うごとにボディは大型化し、先代に当たる4代目は日本で販売されなくなってしまう。

しかし、世界初となる“新4WDシステム”をひっさげ、2019年5月、5代目のトヨタ 新型RAV4が再び日本市場に復活。多くのメーカーがしのぎを削る日本国内のSUV市場において、新型トヨタ RAV4はどんな魅力を持っているのか、今一度MOTA独自の取材や試乗で得た写真をもとに振り返ってみよう。

>>■日本に凱旋復活したトヨタ RAV4の画像をもっと見る【全130枚】

4駆のネガティブ要素を解消する新しい4WDシステム

トヨタ 新型RAV4

トヨタ 新型RAV4には、3つの方式が異なる4WDシステムが用意される。標準グレードとなるGやXに標準装備されるダイナミックトルクコントロール4WDと、ハイブリッドの4WDモデルのE-Four。そして、トヨタ 新型RAV4の目玉、世界初となるダイナミックトルクベクタリングAWDだ。

トヨタ 新型RAV4 4WDシステム概略図(ダイナミックトルクベクタリングAWD/ダイナミックトルクコントロール4WD/E-Four)

このダイナミックトルクベクタリングAWDは、前後のトルク配分だけでなく、左右後輪のトルクを左右独立で制御することで、旋回時の安定性を向上。ダートや雪道といった低ミュー路はもちろん、乾いた舗装路でもその効果は大きく、これまで「4WDは曲がりにくい」というデメリットを解消する。

そして、定常走行時に2WD(FWD)に切り替える「ディスコネクト機構」は、これまでの多板クラッチ式ではなく「ラチェットシフト式ドグクラッチ」採用。従来の多板式クラッチで発生していた動力損失を大幅に低減し、燃費の向上に寄与している。

デファレンシャル機構に左右独立のカップリング機構を設け、左右のトルクを制御する技術や定常走行時に2WDにする技術は、他メーカーや同社の既存車種に腕に採用されている。しかし、この両方を総合的に制御することが世界初であり、「曲がらない・燃費が悪い」という4WDのネガティブな要素を打開する技術と言えるだろう。

スムーズなガソリンとパワフルなハイブリッド

トヨタ 新型RAV4トヨタ 新型RAV4

搭載されるパワーユニットは、2.0リッターガソリンエンジンと、2.5リッターのハイブリッドの2種類。

最高出力171ps の2.0リッター直噴エンジンは、車両重量が1.6tに迫るミドルサイズSUVと考えれば絶対的なパワーはないものの、最大トルク21.1kg・mを発生。実用域では十分な動力性能を持ちつつ、滑らかな回転フィールが特徴。

一方、2.5リッターエンジンを持つハイブリッドは、排気量が大きいのはもちろん、大型化された後輪のモーターにより、余裕のある動力性能を与えられている。駆動配分も走行状況によって前後100:0から20:80まで変化。これまでの補助的なハイブリッド4駆ではなく、より本格的な4WDに近づいたと言えるだろう。

ワイルドでありながら都会にも馴染むエクステリア

トヨタ 新型RAV4
トヨタ 新型RAV4

適度なワイルド感とメカメカしさが共存するエクステリアは、ここ数年もてはやされてきたトヨタの“キーン・ルック”とは少々様子が異なる。エクステアリデザインのテーマとなったのは、八角形を90°ずらして組み合わされた「クロスオクタゴン」。そして、Dセグメントセダンのカムリと同じ、TNGAのGA-Kプラットフォームを採用することで、ワイド&ローなスタイルを手に入れると共に、1クラス上の剛性感を手に入れている。

さらに、適度なエッジや角張ったプレスラインを上手に取り入れることで、本格クロカンモデルのような力強さと、都会にも馴染むデザイン性を合わせ持つ。

質感と使い勝手を高次元で両立

トヨタ 新型RAV4
トヨタ 新型RAV4

日本ではやや忘れ去られていたとは言え、RAV4はこれまで全世界で896万台を売上げてきた大人気のグローバルモデル。それだけに、インテリアも実に考え抜かれたものとなっている。

高さを抑えたダッシュボード上面とウインドウラインは、比較的水平に保たれ見切り性能は良好。

そして、同クラストップレベルの容積を誇る580リットルのラゲッジスペースや、ラゲッジ床面の高さを2段階に調節できる2段デッキボードなど、使い勝手を優先にしたデザインになっていることも大きな特徴だろう。もちろん、室内空間も余裕たっぷりだ。

[筆者:増田 真吾]

トヨタ 新型RAV4 主要スペック

トヨタ 新型RAV4 主要スペック
XAdventureHYBRID X
メーカー希望小売価格
(消費税込)
2,835,000円3,137,400円3,450,600円
WLTCモード燃費15.2km/L20.6km/L
WLTCモード燃費
(市街地モード)
11.5km/L18.1km/L
WLTCモード燃費
(郊外モード)
15.5km/L15.3km/L22.4km/L
WLTCモード燃費
(高速道路モード)
17.4km/L17.5km/L20.7km/L
全長4,600mm4,610mm4,600mm
全幅1,855mm1,865mm1,855mm
全高1,685mm1,690mm1,685mm
ホイールベース2690mm
乗車定員5名
車両重量(車重)1,570kg1,630kg1,670kg
エンジン種類直列4気筒
駆動方式
ダイナミック
トルクコントロール
4WD

ダイナミック
トルクベクタリング
AWD
E-Four
排気量1,986cc2,487cc
エンジン最高出力126kW(171PS)/6,600rpm131kW(178PS)/5,700rpm
エンジン最大トルク207N・m(21.1kg・m)/4,800rpm221N・m(22.5kg・m)/3,600~5,200rpm
フロントモーター
最高出力
-88kW(120PS)
フロントモーター
最大トルク
-202N・m(20.6kg・m)
リアモーター
最高出力
-40kW(54PS)
リアモーター
最大トルク
-121N・m(12.3kg・m)
トランスミッションDirect Shift-CVT電気式無段変速機
燃料無鉛レギュラーガソリン
筆者: 増田 真吾

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ RAV4 の関連編集記事

トヨタ RAV4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ RAV4 の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR