トヨタ、次世代“JPN TAXI”(ジャパンタクシー)を発売|2020東京オリンピックに向け、日本人の“おもてなしの心”をデザイン

  • 筆者: 小鮒 康一
  • カメラマン:小鮒 康一・トヨタ自動車

“人に優しいタクシー”発売を記念し東京・お台場で出発式を開催

日本の「おもてなしの心」を反映し、さまざまな人に優しいユニバーサルデザインを採用したトヨタの新型タクシー、”JPN TAXI”(ジャパンタクシー)が2017年10月23日に発売され、出発式が東京都江東区青海にあるMEGAWEBにて執り行われた。会場にはトヨタ自動車の豊田章男社長や、全国ハイヤー・タクシー連合会の川鍋一朗会長、国土交通大臣の石井啓一氏などが顔を揃えたほか、大手タクシー事業者に勤めるドライバーなども招待されており、次世代タクシーへの注目度の高さが伺えた。

>>[画像118枚!]トヨタの新型タクシーは今までとどう違う!? Photoギャラリーでじっくりチェック

タクシー営業所での綿密な調査を経て開発された“乗務員にも優しいタクシー”

出発式で登壇した川鍋会長は「3年ほど前に名古屋からJPNタクシーの開発陣10名ほどが弊社(※川鍋氏はタクシー大手の日本交通株式会社 代表取締役会長)の千住営業所にはるばるお越しになり、タクシーの架装装備を外し机に一つずつ並べて『これは3年後、5年後どうなるでしょうか? 大きくなりますか? 小さくなりますか? 無くなってしまいますか?』と事細かに質問し、徹底的にタクシーについて調べて行ったんです。」というエピソードを披露。

トヨタの開発陣から、あまりに具体的かつ詳細な質問が投げかけられたため、「来年くらいに発売するんですか? と聞いたら『3年後の予定です』と言われて驚いた。」と話してくれた。

その入念かつ綿密なリサーチの甲斐もあり、JPN TAXI(ジャパンタクシー)には運転席周りに日報が入るサイズのポケットやコンソールサイドに設けられた収納など、タクシー利用者だけではなく、乗務員にも優しいタクシーに仕上がっている。

■関連記事:トヨタ”次世代タクシー”導入で、2020年東京の風景が激変する[新型車解説]

トヨタとUberの関係強化に日本のタクシー業界が猛反発! 亀裂を埋めるべく豊田章男社長がとった秘策とは

また、豊田章男社長とのトークセッションでは、6年前からタクシー業界と協力してJPNタクシーの開発を進めてきたにもかかわらず、昨年5月にライドシェアサービス大手「Uber」との提携を発表し、関係に亀裂が入ったことを赤裸々に告白。これにより、当時の全国ハイヤー・タクシー連合会会長の富田昌孝氏(現名誉会長)は「トヨタのタクシーは二度と買わない」と激怒したそうで、その話を聞いた章男社長は自ら足を運んで経緯を説明して事なきを得たと話す。川鍋会長が手にしている日本交通イエローに塗られたLFAタクシー仕様のミニカーはその時に贈られたもの。当日は章男社長自らそのミニカーにモリゾーステッカーを貼る一幕も見られた。

2020年オリンピック/パラリンピックで東京に「深藍(こいあい)」カラーのタクシーが走る

タクシーと言えば事業者ごとに異なるボディカラーを採用していることでも知られるが、今回のJPNタクシーに関しては、2020年の東京オリンピック/終了まで都内を走る車両は全て「深藍(こいあい)」カラーの車両を走らせることで同意したとのこと。そのため、事業者を見分けるにはフロントドアに入れられた事業者名か行灯を凝視する必要があるだろう。

では、なぜそうなったのかというと、実は東京都は東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会の開催にあわせ、環境性能が高く、誰もが利用しやすいユニバーサルデザインのタクシー車両の普及促進を図るために行う「次世代タクシーの普及促進事業」を行なっており、1台当たり60万円の補助金を出している。そのため、タクシー業界としても東京オリンピック/パラリンピックを盛り上げようということで、ナンバープレートも記念ナンバーを採用しているというワケなのである。また、トヨタでも初めからリアドアに東京オリンピック/パラリンピックのロゴをラッピングした状態でお値段据え置きというお得な(?)「深藍限定車」というものを用意している。

すでに1300台ほどの受注を受けているJPNタクシー。東京モーターショーの開催に合わせて10月28日(土)~11月5日(日)の9日間、東京ビッグサイトおよびMEGAWEBを出発し、湾岸エリアを周遊観光するなどの乗車体験も予定しているそうなので、ぜひ次世代タクシーを体験してみてはいかがだろうか?

[レポート:小鮒康一/Photo:小鮒康一・トヨタ自動車]

>>トヨタ 新型タクシーの詳細をPhotoギャラリーでチェック[大量画像118枚!]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる