トヨタ ハリアー&ハリアーハイブリッド 試乗レポート(2014年モデル)/渡辺陽一郎(1/3)

トヨタ ハリアー&ハリアーハイブリッド 試乗レポート(2014年モデル)/渡辺陽一郎
トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン フロントエクステリア1 トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン フロントエクステリア2 トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン リアエクステリア トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン フロント トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン リア トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン サイドエクステリア トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン タイヤ・ホイール トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン フロントエクステリア寄り トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン プリクラッシュセーフティシステム トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン ヘッドランプ 画像ギャラリーはこちら

バブルの雰囲気が濃密に漂うクルマ

トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン フロントエクステリア1

「オジサン達が話をしているバブル景気の時代って、どんな感じだったのだろう」

このような疑問を抱いている若い読者諸兄は、トヨペット店に出かけてトヨタ 新型「ハリアー」を見てみると良いだろう。新型ハリアーの内外装には、1980年代の中盤~1990年頃、都会に蔓延していた雰囲気が濃密に漂っている。

外観でいえば、まずはフロントマスク。2,660mmのホイールベース(前輪と後輪の間隔)に対して全長は4,720mmもあるから、オーバーハング(ホイールからボディが前後に張り出した部分)がかなり長く、ボンネットが前方に突き出している。この寸法比率自体、20年ほど前のクルマに近い。

鋭角的なヘッドランプの間には、スモークメッキによる装飾が施されて派手に着飾ったイメージだ。バブル時代の妖しさも放たれている。

>>トヨタ ハリアー2017年モデルの試乗レポートはこちら

トヨタ 新型ハリアー 2リッターターボ 試乗レポート|ターボとハイブリッド、どっちが買い!?

トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン フロントエクステリア2トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン リアエクステリアトヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン フロントトヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン リアトヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”ボディカラー:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン サイドエクステリア

要は見た人がどう感じるか

トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”シート(本革) 内装飾(ディープボルドー) インパネ

車内に入ると、これまたゴージャスだ。インパネは緩やかな曲線を描き、ステッチが施されている。表面がツルツルしている静電式スイッチパネルも、ピッタリとマッチ。伝統あるクラウンが、新型では液晶パネルを多用して浮いた感じになっているが、ハリアーなら自然に馴染む。

マニアックなクルマ好き、イギリスの高級車などを乗り慣れている人達は、「こんなものは、本当の贅沢ではない」と言うかも知れない。だが、少なくとも日本の“小市民オヤジ”である私にとっては、新型ハリアーの内外装はバブル的であり豪華に感じる。

「本当の贅沢」とは良く聞く言葉だが、贅沢に本当も嘘もないだろう。要は見た人がどう感じるか、だ。

トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege” ハンドル周り
トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege” メータートヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”インテリア

シートも凝っていて、エレガンスや売れ筋のプレミアムには、ファブリックと合成皮革が使われている。23万3,100円を加えれば本革シートに変更できるが、新型ハリアーではベーシックな合成皮革を推奨したい。「合成」でここまで豪華に見せるところも、またバブルっぽい。

新型ハリアーの座り心地は、LサイズのSUVらしく快適。フロントシートはサイズに余裕を持たせ、体が適度に沈んだところでしっかりと支えてくれる。肩まわりのサポート性も良い。リアシートのスペースも広い。

新型ハリアーは生産を終えたヴァンガードをベースに開発され、SUVとしては空間効率に優れている。身長170cmの大人4名が乗車して、リア側に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ半。頭上にもコブシ1つ少々の余裕を持たせた。フロントシートに電動調節機能を備えながら、下側には十分な余裕があり、リアシートに座る同乗者の足が収まりやすい。

リアシートで注意したいのは、床と座面の間隔が十分に確保され、座り心地が少し硬いこと。身長170cm以上の同乗者が座るなら、座面の奥行にも余裕があって快適だが、小柄な人は大腿部を押された感覚になりやすい。ファミリーカーとして使うなら、リアシートの着座位置や座り心地を確認しておきたい。

乗降性はSUVでは優れた部類に入る。最低地上高を十分に確保しながら床は低めに抑えられ、着座位置も適度だから乗り降りがしやすい。

トヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”シート(本革) 内装飾(ディープボルドー) メインインパネトヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege” インパネ周りトヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege” シフトノブトヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”シート(本革) 内装飾(ディープボルドー)フロントシートトヨタ新型ハリアー<ハイブリッド>PREMIUM “Advanced Packege”シート(本革) 内装飾(ディープボルドー)リアシート
1 2 3 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 那須別邸 回

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる