贅沢の極み!?センチュリー、プレジデント、デボネア|日本が世界に誇るショーファーカー3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
ショーファーカーとは、専属の運転手のいる車のことで、オーナーは運転席ではなく後席に座る高級車のことを指します。室内は後席を基準に仕立て上げられ、一般的な乗用車にない装備が与えられているものもあります。今回は、日本を代表するショーファーカー、トヨタ センチュリー、日産 プレジデント、三菱 デボネアを見ていきましょう。
目次[開く][閉じる]
  1. 今でも販売中の最高峰ショーファーカー センチュリー
  2. 45年間にわたりフラッグシップを勤めた日産 プレジデント
  3. 三菱グループの重役専用車として活躍したデボネア

今でも販売中の最高峰ショーファーカー センチュリー

トヨタ最上級セダンであり、国産を代表するのショーファーカーであるセンチュリーのデビューは1967年。2020年現在でも販売が続いており、1世代のモデルサイクルが長いことでも知られています。

初代が1967年~1997年の約30年、2代目が1997年~2017年の約20年、3代目が2017年~発売中です。トヨタグループの創業者 豊田佐吉の生誕100周年、つまり、1世紀であることが車種名「センチュリー」の由来となっています。

見られる姿まで計算されて作られた後席まわり

トヨタ センチュリーの製造は量産車と一線を画しており、「センチュリー工房」と呼ばれる東富士工場で1台1台ほぼ手作業で仕上げられています。「几帳面」と呼ばれる寸分の狂いもない外装、居心地が良く快適な内装、唯一無二の上質な乗り心地などは熟練のクラフトマンの手によるものなのです。

そのすべてのこだわりは、ドライバーよりも後席に乗るVIPのため。後席の窓枠は、VIPが顔をのぞかせた際、まるで絵画の中にいるように見える工夫がされています。

トヨタ センチュリーの中古車相場

■中古車掲載台数:103台

■中古車相場:28万円~393万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年9月7日時点のデータ

45年間にわたりフラッグシップを勤めた日産 プレジデント

日産が誇るショーファーカーは、1965年~2010年まで4世代にわたり製造・販売されたプレジデント。国産乗用車最大のボディサイズと排気量を備えてデビューした初代、アメリカンスタイルとなった2代目、インフィニティ Q45よりも上級扱いになった3代目、シーマ(4代目)をベースとして後席の装備を充実させた4代目と、通算45年にわたり日産のフラッグシップを務めました。

後席でくつろげるリラックス機能を備えた後席

日産 プレジデントは、左側の後席の快適性をとことん追求した造りが特徴です。2代目では、世界初のリヤシート・エアサポート機構、助手席の背もたれ中央を倒し後席の足を伸ばすことができるリラックスシート、日本初のハロゲンランプを読書灯に採用。また、4代目は、バイブレーター付リラックスシート、後席テーブル、後席乗降グリップなどが装備されました。

日産 プレジデントの中古車相場

■中古車掲載台数:42台

■中古車相場:43万円~185万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年9月7日時点のデータ

三菱グループの重役専用車として活躍したデボネア

三菱 デボネアは、1964年~1999年まで製造・販売されていた三菱自動車の高級車で、三菱グループの重役の専用車として活躍。初代は1964年~1986年の約22年にわたり販売されていたことから「走るシーラカンス」と呼ばれていました。その後、2代目が1986年~1992年、3代目が1992年~1999年までと、短期間でモデルチェンジを行い、3世代35年にわたり三菱の上級高級車ポジションを守ってきたモデルです。

天然素材を使った選べるシート

3代目デボネアでは、電動助手席中折れシートと後席レッグサポート、メモリー付パワーリアシートなど、後席の快適性を重視した装備を設定。また、シートにウールベロア、ウールシルク、本革など、天然素材を使った生地も用意していました。

三菱 デボネアの中古車相場

■中古車掲載台数:14台

■中古車相場:70万円~100万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年9月7日時点のデータ

トヨタ/センチュリー
トヨタ センチュリーカタログを見る
新車価格:
1,996.3万円1,996.3万円
中古価格:
28万円393万円
日産/プレジデント
日産 プレジデントカタログを見る
新車価格:
946万円1,034万円
中古価格:
47万円215.3万円
三菱/デボネア
三菱 デボネアカタログを見る
新車価格:
329.8万円738.4万円
中古価格:
47.5万円100万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ センチュリーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ センチュリーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ センチュリーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ センチュリーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ センチュリーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる