実際、キャンピグカーの寝心地ってどうなの!? ガチで寝てみた【小沢コージ53歳、コロナ禍でキャンピングカー買っちゃいました】

画像ギャラリーはこちら
キャンピングカーに憧れた経験がある人も、普段使いはできるの? など不安要素が多く結局買えずじまいの人も多いハズ。そんな気になるコトをガチで買っちゃった小沢コージがオーナーならではの視点でキャンピングカーを斬る! 今回は寝心地を検証。果たして家並みに寝ることはできるのか!?
目次[開く][閉じる]
  1. 自宅並みに寝られるのか? これこそ1番気になるコト
  2. 案外フツーに寝られる! 快適さはリヤの据え置きベッド
  3. 結論! キャンピングカーはカップルにはピッタリだった
カムロードの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

自宅並みに寝られるのか? これこそ1番気になるコト

寝具メーカーのCMじゃありませんけど「人生の3分の1は睡眠」です。ざっくり1日8時間。いかに快眠できるかが重要で、人間50代になってくるとますますソコが気になります。ジマンじゃないですけど、グッスリ深く寝れる日が逆に少ないですから(笑)。

実際、眠りの浅い同世代は多いし、小沢の場合は圧倒的に肩凝り、腰痛問題です。逆にいうと多少うるさく明るくとも寝れるタイプなんですけど……。

いつものマットレスでも「そんなにヘンな姿勢で寝てたかなぁ?」って不思議な凝りを覚える時もありますし、スキーやスノボーで安い民宿に泊まったらもう大変。センベイ布団のお陰で、翌日は腰痛でスキーやスノボーどころじゃなくなることもあり、思い返せば20代、編集部の椅子や床で平気で寝ていた頃が懐かしや懐かしや。

ってなワケでキャンピングカー、まず気になった部分がソコでした。一体どれだけマトモに寝れんのか? クッション、スペース、明るさ、騒音。こればっかりはショップで5分寝転がったぐらいじゃ全然わからず、数泊しないと本当のところは見極められません。

テンション爆上がり必至! 気になる車内の寝床はこんな感じ

案外フツーに寝られる! 快適さはリヤの据え置きベッド

さっそく7月頭の納車当晩、我が愛車ナッツRVのクレソンボヤージュを試してみました。相棒のたっちょ君2号(10才)と一緒に。

車内はまさに動く自宅! 大人4〜5人なら余裕で泊まれちゃう

クレソンボヤージュは業界では「キャブコン」と言われるトラックベースの王道キャンピングカーでベースはトヨタのカムロード。

全長5m×全幅2m7cmと日本の駐車場ギリギリサイズの中に全高2.8m強の高さを持ち、一般的なハイエースキャンパーより効率的な間取りが取れます。とはいえ買ってみるまでその良さは実感できませんでした。

案外ふだん使いできちゃう! 驚愕の姿がコレ

ぶっちゃけクレソンは小沢に言わせると“2LDK的”スペースを完備。大人4~5人が座れるリビングを中央に持ち、前後にダブルサイズ以上のベッドスペースが2つも取れるほど。

具体的には運転席上のバンクベッドと、リヤの常設ダブルベッド。共に縦190cmと通常マットレスより10cm短いですが、横幅はリヤが140cmとダブルサイズで、バンクが170cmと完全クイーンサイズ。

こりゃ広い! 小沢コージ号の車内を隅々チェック

天井高が重要! マットレスを+すれば自宅並に快適

とはいえ論より証拠、両方寝てみたところ圧倒的に快適なのはリヤWベッド。天井高が全然違うのだ。

バンクベッドは横幅こそたっぷりありますが、高さは50cm強で正直圧迫感アリ。とくに閉所恐怖症のヒトには無理でしょう。

逆に籠もり感が好きな人には最適ですが。加えてあんなコトやこんなコトもやりにくそうですし、また床まで結構な落差があるので、寝相が悪い人にもオススメできません。

一方、リヤベッドは普通に起き上がれるうえ、前後左右に窓もあるし、リビングとの境にも壁があって落ちにくくて安心。

気になる寝心地ですが、リヤベッドは厚さ10cm強の純正マットレスを備え、床にしなやかなウッドスプリングを備えていますが、それでも小沢には足りませんでした。

初日にマットレスにシーツだけ敷いて寝てみたところ翌朝背中はガッチガチ。ちなみにたっちょ2号は「よく寝れた~(笑)」だそうです。

よって翌日愛用の3段折り畳みマットレス、マニフレックスを敷いて寝たところ問題はあっさり解消。クッションって大切ですねぇ。

光と音に関してはほぼ気にならず。初日夜こそ結構な雨が降り、ポツポツとFRPルーフを叩く雨音が聞こえましたがこれもまた自然の子守歌。明るさに関しても遮光性能そこそこの純正カーテンで十分。とはいえ真に暗い部屋を望む人は、厚手の完全遮光カーテンに替える必要はあるかもしれません。

結論! キャンピングカーはカップルにはピッタリだった

結果、小沢的には十分満足の行くレベル。ビジネスホテルとは比べものになりませんが、前後にダブルベッド以上の就寝スペースを備え、リビングスペースを常時使える。仲のいいカップルなら4人寝れますし、起きてすぐリビングでお茶やジュースも飲める環境。

よってつくづく痛感しました。昨今話題が途切れないトイレのW部さん。マジ多目的なんとかで女性と過ごすくらいなら絶対キャンピングカーがオススメ!

中で動きすぎて揺れると外にバレますが、駐車場に置くだけで十分な生活空間が広がり、ことのほか快適かつ健全。都会のダメな大人にこそキャンピングカーが必要な気がしませんか(笑)。

【筆者:小沢 コージ】

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
小沢 コージ
筆者小沢 コージ

横浜市出身。バラエティ自動車ジャーナリスト。自動車メーカー、「NAVI」編集部員を経てフリーに。現在、雑誌やネットに多数連載。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 飛騨つづり 朧
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ カムロードの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カムロードのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カムロードの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カムロードの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カムロードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる