新型アクア、狙い目グレードは2つある! 実用性重視なら「X」を、上質さを求めるなら「Z」がオススメだ

画像ギャラリーはこちら
2021年7月19日に発売されたトヨタ 新型アクアの2021年8月の販売台数が9442台を記録した(自販連:一般社団法人 日本自動車販売協会連合会調べ)。トヨタが公表した月販目標9800台には満たなかったとはいえ、軽を除く乗用車で3位にランクインと、まずまず順調な滑り出しと言って良いだろう。

さて新型アクアは4つのグレードが用意されているが、どれを選ぶべきか悩ましいところだ。結論から言うと、新型アクアに何を求めるかによってオススメグレードは異なる。実用性重視なら「X」(209万円)+コンフォートパッケージ(7万1500円)を、上質さを求めるなら最上級の「Z」(240万円)+合皮パッケージ(6万1600円)が狙い目だ。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型アクアの購入を検討する際にはあらかじめ「ヤリス ハイブリッド」との比較をしておきたい
  2. 搭載電池の変更により、ヤリス ハイブリッドに比べ上質な走りを得た新型アクア
  3. 新型アクア、狙い目はベーシックな「X」か最上級「Z」の2択! セットオプションとの組み合わせもオススメだ

新型アクアの購入を検討する際にはあらかじめ「ヤリス ハイブリッド」との比較をしておきたい

トヨタのコンパクトハイブリッドカー、新型アクアは、法人向けに装備を簡素化したビジネスグレード「B」198万円を筆頭に、「X」209万円、「G」223万円、「Z」240万円という構成(FFモデル・価格はすべて消費税込、以下同)。

また、初代アクアにはなかったE-Four(4WD)も、新型アクアでは全グレードに設定された(19万8000円高)。

ヤリス ハイブリッドと新型アクアの価格は10万円~7万6000円差

2011年に登場した初代の頃には、コンパクトカークラス唯一のハイブリッドカーだったアクアだが、現在はさらにベーシックな「ヤリス」にもハイブリッドの設定がある。こちらの価格設定は、「X」199万8000円、「G」213万円、「Z」232万4000円だ。

ヤリス ハイブリッドと新型アクアと比べると、価格はプラス10万円、最上級のZのみプラス7万6000円と、わずかな差額だ。新型アクアを検討する際には、ヤリス ハイブリッドも併せて比較することも必須となる。

トヨタ 新型アクア グレード&価格一覧

<2WD(FF)/4WD(E-Four)[価格はすべて消費税込]>

・B:198万円/217万8000円

(法人ユーザー向けビジネスグレード)

・X:209万円/228万8000円

・G:223万円/242万8000円

・Z:240万円/259万8000円

搭載電池の変更により、ヤリス ハイブリッドに比べ上質な走りを得た新型アクア

新型アクアとヤリス ハイブリッドの違いを考えてみよう。端的に言ってヤリスは「ベーシックなコンパクトカー」、新型アクアは「上質さをプラスしたコンパクトカー」という位置付けだ。

新型アクアはヤリスに対しホイールベース(前後車軸間の距離)を50mm拡大したことで、後席の空間も拡大している。わずか5cmかと思うが、ミニマムな空間しかないヤリスに比べるとこの差は大きい。後席の使用頻度が高いならアクア一択だろう。室内の質感も新型アクアはかなり高い。

内外装の加飾だけじゃない! アクアの上質は「バッテリー」の違いで決まる

と言っても、新型アクアの「上質」は、決して内外装の広さや加飾の話だけには留まらない。

新型アクアのハイブリッドシステムに搭載されるバッテリーは、新開発されたバイポーラ型ニッケル水素電池に変更された(Bグレードを除く)。従来の電池に比べてコンパクトかつ高出力なため、よりスムーズな加速を得られるもので、街中でのEV(電気自動車)走行可能な領域も拡大している。

これらの効能で低速走行時のエンジン作動領域が減り、騒音も低減。スムーズさと静かさがグンと増しているのだ。新型アクアとヤリス ハイブリッドを販売店の試乗車で乗り比べてみると、街中での走行だけでその差が実感出来るはずだ。

コンパクトカーにも上質さを求めるユーザーにはアクアが向いている

こうした背景を踏まえると、ヤリス ハイブリッドは、多人数乗車せず日常の足として気軽に使いたいユーザー向き。

いっぽうで、これまでもう少し大きなモデル、高級なモデルに乗っていたユーザーで、サイズは小さくなってもクルマには上質な乗り味を求めたい…そう考えるユーザーには、新型アクアのほうがしっくりくるはずだ。

新型アクア、狙い目はベーシックな「X」か最上級「Z」の2択! セットオプションとの組み合わせもオススメだ

アクアをシンプルに楽しみたいなら「X」グレードに「コンフォートパッケージ」を組み合わせるのが良い

前置きが長くなったが、アクアのオススメグレードを紹介しよう。前出の通り「B」は営業車やレンタカーなど商業利用を主としたグレードなので、ここでは「X」「G」「Z」を比較する。

X(209万円)でも一通りの装備は整っている。AC100V・1500Wのアクセサリーコンセントと、家庭への給電を可能とする「非常時給電システム」はヤリスハイブリッドでは4万4000円のオプションだが、新型アクアには全車標準装備される。

スマートフォンと連動可能な7インチのディスプレイオーディオにはワイドFM対応のAM/FMラジオチューナー、USB入力・給電機能、Bluetooth機能などが備わる。こちらも全車標準装備だ。

このほか2灯式LEDヘッドランプやUVカット機能付ウィンドウシールドグリーンガラス(後席プライバシーガラス)、デジタルメーター+4.2インチマルチインフォメーションディスプレイ、先進運転支援機能「TOYOTA Safety Sence(トヨタセーフティセンス))」など必要な装備はひと通り標準で揃う。

これに「コンフォートパッケージ」(Xに7万1500円のセットオプション)を追加するのが筆者のイチ押しだ。

シート地が上質になり、Gグレード同等のヘッドレストセパレートタイプにアップグレードする。またナノイーや運転席・助手席シートヒーター、スーパーUVカット・IRカットガラス(紫外線に加え暑さのもととなる赤外線もカット)、後席センターアームレストなどが加わるお得なセットだ。

アクアの上質感を満喫したいなら最上級のZグレードが良い! 「合成皮革パッケージ」もお得だ

ちなみにXグレードとGグレードの差額は14万円。違いは主に内外装の加飾だ。

フロントグリルを囲むモールが黒の樹脂色からペールゴールドの塗装になり、ステアリングホイールが本革巻きになるほか内装の加飾が増える。装備面では、シート地が上質になり、ナノイーやスーパーUVカット・IRカットガラス、後席センターアームレストが加わる。さきほどのXのコンフォートパッケージに含まれるものが多いことに気付くはずだ。

ならば最上級のZグレードを見てみよう。Gグレードからさらに17万円と高くなる。Xグレードと較べれば31万円も違う。

ただしディスプレイオーディオは大画面の10.5インチ化される。これはGでも3万8500円でアップグレード可能だ。

内外装の加飾もさらにグレードアップ。ホイールは15インチアルミホイールとなり、さらにLEDヘッドランプもZグレードだけのBi-BEAM LEDヘッドランプとなる。G・Xでは11万円の高価なオプションだ。

とどめはレクサス並みの高級ダンパー“スウィングバルブ”(FFモデルのみ)の採用だ。クルマが動き出す微妙な低速域から効き、路面のわずかな凸凹も滑らかに吸収してくれる。こちらのみ他モデルではオプションでも選ぶことはできない。

実際のところ、アクアオーナー以外は気にならないほどの差異かもしれないが、その違いこそが気になる…上位車種から乗り換える場合、そう感じる方にはZグレードが良い。

その場合、こちらもセットオプション「合成皮革パッケージ」(6万1600円高)を加えることをオススメしたい。シート表皮のグレードアップに加え、運転席パワーシート、運転席・助手席シートヒーター、ステアリングヒーターがセットされ6万円というお得なセットだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダトオル/撮影:小林 岳夫・和田 清志・TOYOTA]

トヨタ/ヤリス
トヨタ ヤリスカタログを見る
新車価格:
139.5万円252.2万円
中古価格:
116.7万円536.3万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 別邸 仙寿庵

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ アクアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アクアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アクアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アクアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アクアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる