トヨタ アクアが2021年中にも待望のフルモデルチェンジ!? 小型ハイブリッドの超ロングセラーが遂に新型へ

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
トヨタ アクアは2011年12月の発売開始以来、長きに渡って人気を維持し続ける小型ハイブリッドカーである。アクアがデビュー10年を迎える2021年、いよいよフルモデルチェンジを実施する模様だ。2代目となる新型アクアはどんなモデルとなるのか。発売時期や価格など、新型アクアに関する最新情報を集めてみた。

>>ロングランヒットを続ける「トヨタ アクア」を写真でもっと見てみる![画像85枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 新型アクアはヤリスよりもさらに低燃費!?
  2. トヨタ 2代目新型アクアの発売時期、そして販売価格は!?
  3. トヨタ アクアとはこんなクルマ

新型アクアはヤリスよりもさらに低燃費!?

ヤリス ハイブリッドの登場でアクアのアドバンテージは薄れたが

トヨタ アクアは、プリウスのノウハウをもとにコンパクトカークラスに投入されたハイブリッド専用モデルだ。2011年12月26日の発売以来、常に販売台数ランキングでは上位に位置し、高い人気を維持し続けるロングセラーモデルである。

しかしデビュー時はウリだったハイブリッドシステムも、今やコンパクトカーの基幹モデルのヤリス(旧・ヴィッツ)にも搭載され、アクアの特徴は失われつつある。デビュー10年目を迎え、果たしてアクアのフルモデルチェンジはあるのだろうか。

TNGA・GA-Bプラットフォーム採用で37.0km/L超えの低燃費達成か!?

2代目となるトヨタ 新型アクアの存在はかねてより噂が上がっているものの、なかなかその姿を表さないが、開発は密かに進んでいる模様だ。新型ヤリスの最新TNGAプラットフォーム「GA-B」を採用。現行型アクア同様に低く構え空力特性に優れたスタイリングながら、ヤリスよりも広い室内空間を確保したモデルとなるようだ。燃費性能も、ヤリスの驚異的な低燃費36.0km/L(WLTCモード)をさらに上回る37.0km/L以上となることが予想される。こちらも大いに期待したい。

トヨタ 2代目新型アクアの発売時期、そして販売価格は!?

東京モーターショー2021会場で正式発表し年内に発売開始か

2021年1月現在、トヨタから2代目の新型アクアに関する正式な発売時期や、販売価格に関する情報は一切発表されていない。同じコンパクトカークラスの新型ヤリスが好調な売れ行きを示していることもあって、今すぐ登場するというのも考えにくい。

MOTAでは新型アクアの発表は、ヤリスの新車効果も薄れてくる2021年秋頃、ちょうど東京モーターショー2021が開催される時期と予想する。モーターショーで初披露したうえで、2021年中に正式発売! という流れだ。

アクアの価格に秘策アリ!?

最大の課題は価格設定だろう。トヨタ ヤリス ハイブリッドは、ベースグレード「HYBRID X」(FF)で199万8000円からとなっている。ヤリスよりも室内空間を拡大した新型アクアは、+10万円くらい、約210万円からの価格設定となるはずだ。

そこで注目したいのが、現行型アクアで2019年7月1日に追加された特別仕様車「S“Business Package”」の存在である。装備を簡素化し価格を191万7000円に抑えたモデルで、営業車やレンタカー・カーシェア需要に向けたビジネスユーザー向けのグレードとなっている。価格重視のユーザーには、アクアのフルモデルチェンジ後もS“Business Package”を旧モデルのまま存続させるという手段もありだろう。

ちなみにヤリスにも、ビジネスユーザー向けのS“Business Package”の設定があるが、なぜかガソリンモデルのみとなっており、アクアとの住み分けがきっちり図られている点は見逃せない。この関係性は新型でも継続されると予想する。

トヨタ アクアとはこんなクルマ

プリウスのノウハウを投入した低価格・低燃費な小型ハイブリッド車

トヨタ アクアは、プリウスで培ってきた独自のハイブリッド技術をさらに小型・軽量化し、コンパクトカークラスへ初導入したハイブリッド専用モデル。2011年12月26日に発売された。ボディサイズは全長3995mm×全幅1695mm×全高1445mm(デビュー時)で、国内5ナンバー規格に収まる。

1.5リッターハイブリッドシステム「THS II」を搭載し、世界トップクラスを誇る低燃費(10・15モード燃費:40.0km/L/JC08モード燃費:35.4km/L)を達成。エントリーグレードで169万円から(デビュー当時)と低価格な設定とした。バッテリーをリアシート下に配置し広い室内や荷室空間を確保しながら、低くスタイリッシュなデザインと両立させた点も特徴だった。

4年連続で販売台数1位を達成し、トヨタ史上最速で国内累計100万台を記録

アクアは瞬く間に爆発的な人気を集め、発売後約1ヶ月で約12万台の予約を受注。年度別国内新車販売台数ランキングで4年連続1位を獲得し、発売後わずか4年3ヶ月後の2016年2月末には、国内販売累計台数100万台を達成した。これはトヨタ車史上で最速の記録だという。

その後もアクアは、2015年に先進運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を標準装備化。2017年6月に大規模なマイナーチェンジを実施しデザインも改良するなど、改良を重ねながら進化を続けている。

トヨタ アクア、車名の由来とは

“AQUA(アクア)”はラテン語で「水」を指す。トヨタによると『「透明感あるクリーン」なイメージと「誰もが必要・大切にする」イメージを連想させ』『水の様に「自由な広がりを」持つことで従来のハイブリッドカーのイメージにとらわれることなく、より多くのお客様に楽しんでいただけることを願って命名』したという(2011年12月26日:トヨタ自動車プレスリリースより)。

[筆者:MOTA編集部]

トヨタ/アクア
トヨタ アクアカタログを見る
新車価格:
181.8万円261万円
中古価格:
29.7万円250万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわ湖花街道
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ アクアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アクアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アクアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アクアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アクアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる