autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 アクアの人気は新型プリウスの登場で“失速”してしまうのか 2ページ目

新型車解説 2015/11/11 17:51

アクアの人気は新型プリウスの登場で“失速”してしまうのか(2/3)

アクアの人気は新型プリウスの登場で“失速”してしまうのか

新型プリウス vs アクア比較/走行性能

トヨタ 新型プリウストヨタ アクア

次は走行性能を考えたい。

ハイブリッドシステムは、新型プリウスが1.8リッターエンジンをベースにしたハイブリッド、アクアは1.5リッターがベースになる。エンジンとモーターの動力性能を合計したシステム最高出力は、新型プリウスが122馬力前後、アクアは100馬力だ。この関係は従来型と大差ない。

ハイブリッドの動力性能は新型プリウスの方が高いが、車両重量も前輪駆動の2WDで1,360kgに達する。アクアは1,080kgだから280kg軽く、加速性能にはあまり差が付かない。実際、アクアの走りも活発だ。

走行安定性は、新型プリウスがかなり向上しそう。プラットフォームを刷新して、リアサスペンションもトーションビームの車軸式からダブルウイッシュボーンの独立式に進化させたからだ。

従来型は後輪の接地性が高い代わりに峠道などでは少し曲がりにくく、操舵感も曖昧だったが、新型では大幅に改善されそうだ。いわゆるハンドリングの欠点は、プリウスの開発者も気にしていたので、テコ入れが図られる。

トヨタ 新型プリウストヨタ アクア

その点でアクアは、以前から操舵感がスポーティであった。

足まわりの形状はフロント側がストラットの独立式、リア側はトーションビームの車軸式とオーソドックスだが、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2,550mmで、全長が4mを下まわる割に長く設定している。

全長に占めるホイールベースの比率は、新型プリウスが59%、アクアは64%だ。加えてアクアは全高が1,455mmと低くボディは軽い。だから新型プリウスが走行安定性と操舵感を向上させても、一概にアクアが見劣りする結果にはならないと思う。

しかし乗り心地は新型プリウスが優位になりそう。

アクアは2014年12月のマイナーチェンジでスポット溶接の箇所を増やし、サスペンションのセッティングも変更。発売当初に感じた乗り心地の粗さを抑えたが、新型プリウスはプラットフォームとサスペンションを根本的に見直す。新型プリウスの注目点は乗り心地になる。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ アクア の関連編集記事

トヨタ アクアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アクア の関連編集記事をもっと見る

トヨタ アクア の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR