autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー アルファード人気やレクサスミニバン投入の背景にある、中国富裕層の深層心理とは

モーターショー 2019/4/21 13:03

アルファード人気やレクサスミニバン投入の背景にある、中国富裕層の深層心理とは

関連: トヨタ アルファード , トヨタ ヴェルファイア , レクサス Text: 加藤 久美子 Photo: LEXUS・加藤 博人・オートックワン編集部
LEXUS初のミニバンLEXUS LM300h【上海ショー2019】(撮影:加藤 博人)
LEXUS初のミニバンLEXUS LM300h【上海ショー2019】(撮影:加藤 博人)LEXUS初のミニバンLEXUS LM300h【上海ショー2019】(撮影:加藤 博人)LEXUS初のミニバンLEXUS LM300h【上海ショー2019】(撮影:加藤 博人)レクサスのフラッグシップミニバン「LM」/4人乗りの贅沢な空間・運転席との間にはパーテーションが設置されている[中国・上海国際モーターショー2019/撮影:レクサスインターナショナル]画像ギャラリーはこちら

年2800万台超の新車が売れる巨大市場「中国」で日本の高級ミニバンはブームを起こせるか?

2009年にアメリカの新車販売台数を超え、世界一の自動車王国となった中国。かつてはセダン中心だった市場も2000年代初頭以降はSUVの人気が急拡大し、セダンにひっ迫する販売台数となっている。そして、近年は日本のお家芸?ともいえる「高級ミニバン」の人気がじわじわと高まっており、このたびの上海モーターショーでトヨタ自動車がアルファードに加えて、ヴェルファイアを発売。さらに、LEXUSは初のミニバンLM300hの導入を世界発表した。

>>中国富裕層のプライドをくすぐる、日本製ミニバン[画像50枚超]

中国でのミニバンとはどんな車?

トヨタ アルファード[中国仕様]

中国でのミニバンは「微型バン」(日本の軽ワンボックスサイズ)と「MPV」(微型バンより大きなミニバン)にカテゴリー分けされており、2018年の販売台数において合計シェアは約7.8%である。しかし、7.8%といっても、年間2800万台超が売れる中国では210万台を超える。

アルファードやヴェルファイア、そしてLEXUS LM300hはともにMPVにカテゴライズされるが、その中でもとくに高級・超高級なモデルとなる。実際、このような高級MPVは中国ではまだ少数派だ。MPV自体、ビジネスユースがほとんどで、高級なものはVIPの送迎車となる。日本のような「ミニバン=ファミリーカー」という使われ方はほとんどない。

また、日本では車高低め&エアロパーツで武装したミニバンが人気だが、中国を含むアジアでは光り物を多用するなどしたゴージャスな外観と、豪華装備満載の内装が人気だ。中国では最低地上高の高さがステイタス…とは言い過ぎだが、都市部を除いてはまだ舗装されていない道路や段差のある道路が多いため、ロードクリアランスをしっかり確保した車に人気が集まる。VIP送迎時に凹凸の激しい道路でお腹がつかえて走れなくなったりしたら大変な恥となる。中国でSUVが人気なのも同様の理由がある。

富裕層に大人気のアルファードに加え、新たにヴェルファイアも追加

トヨタ ヴェルファイア[中国仕様]

さて、2010年の北京モーターショーで初披露され、同年から中国での発売が開始されたアルファードは日本(三重県・トヨタ車体 いなべ工場)で生産を行い、中国に輸出されている。日本からの輸入車とあって、中国での販売価格は諸々含めて1500万円以上の超高級車となるが、富裕層に大人気の車である。

トヨタ中国広報に、中国における高級ミニバン市場の現状について話を伺った。

筆者:中国におけるアルファードはどのような存在でしょうか?

トヨタ中国広報:中国ではアル・ヴェル共にMPVというカテゴリーに入ります。ショーファーカーとしての利用が多く、会社トップやお金に余裕のあるお客様で、個人ユース(自分で運転する)は少ないですね。中国では高級ミニバンのニーズが高まっており、広汽トヨタで販売中のアルファードに加え、このたび一汽トヨタにヴェルファイアを追加しました。アルファードとヴェルファイアで、日本のようなキャラの違いはあまりないのですが、お客様ニーズにお応えるできるよう選択肢を増やしました。

筆者:今後、中国でのミニバン市場(MPV)は拡大すると予想されていますか?

トヨタ中国広報:アル・ヴェルを含むミニバン(MPV)市場は現状6%(2018年)程度ですが、今後増えると予想しています。ただし、最終的にはお客様が判断するものであり、お客様にトヨタ車を選んでいただけるように、今後も魅力ある商品を開発していきたいと思っています。

<ちなみに>

トヨタ車の中でとくにアルファードの人気が高まっているわけではなく、2018年の販売台数5車種は、1位カローラ、2位レビン、3位カムリ、4位RAV4、5位ハイランダーだそう。とくに販売台数の伸びが大きいのは、カローラ(2010年約17万台→2018年約38万台)とRAV4(同9万台→15万台)の2車だが、トヨタ車全体で2010年の約85万台から2018年は約148万台に販売台数が伸びている。

アルファードなどの高級ミニバンが富裕層に大人気となる「知られざる深層心理」とは

トヨタ 新型アルファード/新型ヴェルファイア ロイヤルラウンジ

※写真はアルファード ロイヤルラウンジ(4人乗り:日本仕様)

中国のお金持ちは日本や欧米の高級車が大好きである。トヨタも日産も、GMもメルセデスもアウディも中国の自動車メーカーと合弁会社を作り、中国市場向けに数多くの車を生産、販売してきた。

しかし、中国のさらなるお金持ち、いわゆる富裕層と言われる人々がもっと好む車がある。それは…本当の意味での外国車だ。中国では生産をしていない、日本やドイツから輸入された高級車こそ、富裕層にとっては真の高級車となる。関税を引き下げたとはいえ、諸々の経費で値段もかなり高額となるがそこもまた、富裕層のプライドをくすぐるのだろう。

ちなみに中国では、トヨタブランドの車でも現地で生産された車には、後ろに「一汽豊田」(第一汽車とトヨタ自動車の合弁会社で生産された車という意味)、や「広汽豊田」(同じく広州汽車との合弁)などの漢字のエンブレムが付けられる。

しかし、中国では生産していないLEXUS全車やアルファード、ヴェルファイアにはこれらの漢字エンブレムはつかない。ドイツや日本で生産された本当の外国車…富裕層にとってはこれこそが最高のステイタスであり、真の高級車だと考えている。

超人気のアルファードに続いて、このたびヴェルファイア、そしてLEXUS初のミニバンLEXUS LM300hまでが投入されて、今後、中国での高級ミニバン市場はますます拡大していきそうだ。

[筆者:加藤 久美子/撮影:LEXUS・加藤 博人・オートックワン編集部]

【レクサス公式動画】ntroducing the Lexus LM

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ アルファード の関連編集記事

トヨタ アルファードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アルファード の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR