新型ジムニー オープンはハイブリッド!? 2013年登場のスズキ「X-LANDER(エックス・ランダー)」のデザインは今でもアリ!

画像ギャラリーはこちら
2018年にフルモデルチェンジした現行型ジムニーだが、そこからさかのぼること5年前の2013年に、次世代ジムニーを提案するコンセプトカーが登場していた。

結果として新型ジムニーとは全く異なる未来的なデザインだったが、今あらためて振り返るとこれがなかなか魅力的だった。今からでも再登場を期待したい、ジムニーオープンのコンセプトカーをご紹介する!

>>オープンのジムニー! スズキ 新型ジムニーコンセプト「X-LANDER(エックス・ランダー)」と歴代ジムニーを写真で見る[画像52枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 次期ジムニーをほのめかす未来的なコンセプトカーだが、四角いジムニーのイメージとのギャップが強すぎた
  2. スズキ X-LANDERは、ジムニーをベースにしたオープンカーの新提案だ
  3. 3年後の2016年に実用化されるスズキ独自のフルハイブリッドシステムを搭載していた

次期ジムニーをほのめかす未来的なコンセプトカーだが、四角いジムニーのイメージとのギャップが強すぎた

スズキ「ジムニー」は、小さいながらも本格的な悪路走破性を備え、日本のみならず世界中の道なき道で活躍する四輪駆動車だ。

現行型(4代目)新型ジムニーが登場したのは2018年だが、そこからさかのぼること5年、2013年に開催された第43回東京モーターショー2013会場に次期ジムニーをほのめかすコンセプトカーが登場している。

名前は「X-LANDER(エックス・ランダー)」。未来的なルックスのオープンカーである。

正直なところあまり現実味はない未来的なフォルムで、筆者も当時ちょっと戸惑ったのを記憶している。ジムニーといえば四角くくて質実剛健なデザイン、というイメージが強かったから余計にそう感じた。

しかし8年が経過した今、改めてX-LANDERを見てみるとなかなか魅力的に映るのだから、不思議なものだ。

スズキ/ジムニー
スズキ ジムニーカタログを見る
新車価格:
148.5万円187.6万円
中古価格:
19.8万円416万円

スズキ X-LANDERは、ジムニーをベースにしたオープンカーの新提案だ

2013年当時の資料を読み返してみると、スズキ X-LANDERは『オフローダーの持つ力強さと精密でメカニカルなイメージを融合させた遊び心満載のデザイン』だと書かれている。

次世代のジムニーについて、質実剛健なだけではない新たなアプローチを模索していることがうかがえる。

室内も外観同様に近未来のムード満点。防水の樹脂素材を使用し、機能性も追求されている。

結果として2018年に登場した新型ジムニーは、初代から続く四角く質実剛健なデザインを採用して好評を博した。

それはそれで成功だったが、X-LANDERのように新たなオープンカーも、ジムニーとはまた別の魅力にあふれていたことに気付かされる。

また、初代、2代目と、ジムニーには幌タイプのオープンモデルがラインナップされていたが、1998年に3代目となったタイミングで消滅してしまった。

オープンエアで楽しむオフロード走行の気分を、再びジムニーで味わってみたいと感じているファンも少なくないはずである。その意味でも、2021年版のX-LANDERの提案を改めて見てみたい気分だ。

3年後の2016年に実用化されるスズキ独自のフルハイブリッドシステムを搭載していた

近未来を想わせるオープンボディだが、中身は思いのほか現実的な仕上がりだった。

スズキ X-LANDERに搭載されていたのは、直列4気筒 1.2リッター“デュアルジェット”エンジン。

2013年7月、スズキのコンパクトカー「スイフト」(3代目)マイナーチェンジ時に搭載されたもので、デュアルインジェクションやクールドEGRなど、燃焼効率を高めロスを抑える技術が多数採用されている。

これを、新開発の自動制御マニュアルトランスミッションと、4WDシステムの中に高効率モーターを組み込んだ小型・軽量なハイブリッドシステムと組み合わせた。

ソリオやスイフトのハイブリッドシステムを先見せしていた

実はこれに近いシステムは、その後2016年11月にスズキの小型車「ソリオ」に、翌2017年7月にはスイフト向けに、新型ハイブリッドとして追加採用されている。X-LANDERとは異なり、FF横置きエンジンのレイアウトだったが、シングルクラッチ式の5速AGS(オートギアシフト)の組み合わせによるスズキ独自の小型軽量なシステム構成で、当時のJC08モード32.0km/Lの低燃費をマークしている。

今のところ新型ジムニーに電動化技術は搭載されていないが、今後このようなハイブリッドシステムが次世代のジムニーに搭載される可能性は高そうだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル]

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 西村屋本館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スズキ ジムニーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ジムニーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ジムニーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ジムニーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ジムニーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる