スバル インプレッサ シリーズ[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/5)

スバル インプレッサ シリーズ[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎
スバル インプレッサスポーツ 2.0i アイサイト アクティブ スタイル[特別仕様車] 試乗レポート/渡辺陽一郎 スバル インプレッサ XV 2.0i-L アイサイト[2015年マイナーチェンジ] 試乗レポート/渡辺陽一郎 画像ギャラリーはこちら

少数精鋭の技術者集団がこだわり抜いて造るクルマ「SUBARU」

スバル インプレッサスポーツ 2.0i アイサイト アクティブ スタイル[特別仕様車] 試乗レポート/渡辺陽一郎

クルマは高度な技術が集約された価格の高い工業製品だから、開発や生産のスケジュールは厳密に管理されている。簡単には変更できない。

そこはスバルも同じだが、ほかのメーカーに比べると自由度が大きいようだ。「開発は納得できるまで、時間を費やして行う。その一方で優れた技術を実用化できたら、フルモデルチェンジやマイナーチェンジを待たず、なるべく早く既存の商品に反映させる」と語るスバルのエンジニアは多い。ひとことでいえば、技術指向の強いメーカーだ。

背景には、商品の数が多くないこともあるだろう。水平対向エンジンと4WDの組み合わせを持つ車種は、プラットフォームも基本部分は共通化されている。そのために密度の濃い解析が行えて、1つの車種を進化させれば、同じノウハウをほかの車種にも波及させやすい。

要は少数精鋭の考え方だ。プラットフォームやメカニズムの数を絞ることで、開発力と開発コストを集中させ、商品の価格も割安にしている。

スバルならではの魅力が割安で手に入るモデル「インプレッサ」

スバル インプレッサ G4 2.0i アイサイト[2015年マイナーチェンジ] 試乗レポート/渡辺陽一郎

アイサイトの価格も、大半のグレードが10万8000円と安い。しかも「レヴォーグ」の場合、1.6GTと1.6GTアイサイトを比べると、後者はスピーカーが2つ増えてUSB電源も加わる。それなのに価格差は10万8000円だから、実質8~9万円でアイサイトを装着した。

スバル車の中でも、特に割安に思えるのが「インプレッサ」シリーズだ。5ドアハッチバックの「インプレッサスポーツ」、セダンの「インプレッサG4」、スポーツをベースに外観をSUV風に変更した「XV」(正式名称は「インプレッサXV」)を用意する。

この3タイプが2014年11月25日にマイナーチェンジを受けた(「XVハイブリッド」は除く)。変更日にスバル インプレッサ マイナーチェンジ 新型車解説スバル XV マイナーチェンジ 新型車解説を掲載したが、改めて試乗して、その価値を判断したい。

2015年2月のマイナーチェンジで変更されたことあれこれ

スバル インプレッサ XV 2.0i-L アイサイト[2015年マイナーチェンジ] 試乗レポート/渡辺陽一郎スバル インプレッサスポーツ 2.0i アイサイト アクティブ スタイル[特別仕様車] 試乗レポート/渡辺陽一郎

まずは変更点だが、3タイプとも2リッターエンジンの燃費性能を向上させた。2WDが17.6km/L、AWD(4WD)が16.2km/Lになる(XVはAWDのみを設定)。

2リッターモデルには、エンジンやCVT(無段自動変速AT)の特性をインテリジェントモードとスポーツモードに変化させる「SIドライブ」も採用した。

ボディと足まわりの変更も重要。ボディの骨格部分を補強して、ショックアブソーバーやコイルスプリングの設定も見直した。これに伴い、ステアリングのギヤ比が少しハイギヤードにクイック化されている。インプレッサは16:1から14.5:1に、XVは15.5:1から14:1と変わった。

装備ではEyeSight(アイサイト)がバージョン3に進化。カメラ映像のカラー化によって先行車のブレーキランプを認識するなど、安全性能を向上させた。ただしXVハイブリッドは今回の変更から漏れており、今でもバージョン2だ。

[XV・スポーツ・G4、インプレッサ各シリーズの試乗レポートは・・・次ページへ続く]

1 2 3 4 5 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 別邸 仙寿庵
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

スバル インプレッサスポーツの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル インプレッサスポーツのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル インプレッサスポーツの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル インプレッサスポーツの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル インプレッサスポーツのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる